2011年04月28日

一滴千両(いってきせんりょう)|秋田県醗酵工業株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
166件目の訪問蔵は、
秋田県の湯沢市で一滴千両(いってきせんりょう)という日本酒を醸す秋田県醗酵工業株式会社です。

一滴千両(いってきせんりょう)|秋田県醗酵工業株式会社

所在地:秋田県湯沢市深堀字中川原120−8
代表銘柄:一滴千両(いってきせんりょう)
創業:1953年(昭和28年)
杜氏:社員杜氏
仕込み水:中硬水
訪問日:2011/4/28

代表銘柄
一滴千両 パック
一滴千両 上撰
ブラックストーン
そふと新光

一般的な地方蔵とは異なり近代的な企業形態の蔵元、秋田県醗酵工業株式会社。 一滴千両 秋田発酵工業株式会社|外観 一滴千両(いってきせんりょう)という日本酒を造る秋田県醗酵工業株式会社は、一般的な地方蔵とは異なり、近代的な起業の形態を持つ日本酒メーカーです。

創業の経緯も通常の酒蔵とは異なります。

湯沢市には爛漫に代表される普通酒を沢山造る酒蔵がいくつもあります。
レギュラー酒を生産する際に原料の一部分となる醸造アルコールは関西の大手の酒蔵から仕入れていました。

その醸造アルコールを、競争相手である関西の酒蔵から購入するのではなく、自分たちで造ってしまおう。
そう考えた秋田県の複数の酒蔵や財界人が出資、昭和28年に爛漫の敷地内に起業します。

起業当初は、醸造アルコールの製造を行っていましたが、後に湯沢銘醸という酒蔵を吸収。
湯沢銘醸が所有していた「一滴千両」という商標で日本酒造りを開始。
蔵の敷地も爛漫から離れ、今の場所に落ち着きます。

ただし醸造アルコールを地元の秋田の酒蔵に販売していた手前、秋田県醗酵工業株式会社にとって主要取引先は秋田の酒蔵。
取引先の機嫌を損ねないよう、一滴千両という日本酒は秋田県下では販売せずに、首都圏など県外で販売される事になります。

やがて爛漫から焼酎の免許を取得。
日本酒とはバッティングしないという事から秋田県内で販売。現在は、その焼酎「ブラックストーン」「そふと新光」が主力商品となっているとの事。

そして現在は、当初の目的であった醸造アルコールの生産も行っていません。そういう意味では秋田県内でも日本酒の販売も可能なわけですが、現在は売れている焼酎やワインなどの製造に力を入れているそうです。

一滴千両 秋田発酵工業株式会社|記念撮影 訪問の証の記念撮影です。一般的な酒蔵と異なり、完全な企業という雰囲気に驚く吾郎でした。


商品の購入・質問は一滴千両(いってきせんりょう)|秋田県醗酵工業株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0183-73-3106 一滴千両(いってきせんりょう)醸造元 秋田県醗酵工業株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t927

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。