2011年04月28日

爛漫(らんまん)|秋田銘醸株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
164件目の訪問蔵は、
秋田県の湯沢市で爛漫(らんまん)という日本酒を醸す秋田銘醸株式会社です。

爛漫(らんまん)|秋田銘醸株式会社

所在地:秋田県湯沢市大工町4番23号
代表銘柄:爛漫(らんまん)
創業:1922年(大正11年)7代目
杜氏:社員杜氏(山内杜氏)
仕込み水:軟水
訪問日:2011/4/28

代表銘柄
爛漫 美酒パック
爛漫 別撰
爛漫 純米酒 まなぐ凧

かつて東北で生産量を1位を争った酒蔵。
湯沢で最も大きな酒蔵が、爛漫(らんまん)を造る秋田銘醸株式会社です。
爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|御嶽蔵の外観
かつて秋田県の湯沢は、院内銀山という日本一の大銀山の商業都市として栄えました。
銀山で働く人々が日が暮れた頃に、城下町の湯沢までお酒を飲みに雄物川から船に乗ってやって来たそうです。
その為、この地には多くの酒蔵があり「東北の灘」とまで言われました。
現在でも4件の酒蔵が湯沢で酒造りを続けています。

その中で群を抜いて大きな酒蔵が爛漫です。

爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|御嶽蔵の看板 現在、爛漫の敷地内には普通酒を量産する「御嶽蔵(みたけぐら)」と、その向かいには特定名称酒や吟醸酒を造る「雄勝蔵」の二つの蔵があります。写真は御嶽蔵の入口にある会社です。

秋田銘醸株式会社の誕生の経緯は、一般の酒蔵とは異なります。
秋田銘醸株式会社は大正11年、秋田県の酒蔵と地元の経済人達が出資をし設立した酒蔵です。

今のような多品種少量生産では無かった当時。
日本酒王国、秋田の酒を全国に売り込むに当たり、小さな蔵が個々に頑張ることには限界があると考えられていました。

東京市場に売り込めるだけの競争力・ブランド力を持つ巨大蔵を設立しようと、秋田の蔵元をはじめ地元の財界人ら30社以上から出資を募り、設立した会社が秋田銘醸株式会社でした。

美酒爛漫という酒名は公募でついた名前だそうです。

何故、酒蔵が競売仇となりうる酒蔵を、出資を募ってまで造ろうとしたのでしょうか?しかも競争力が強い大きな酒蔵です。そんな会社を造ったら自社にとって脅威となるように思います。

一つは、当時秋田の各蔵は地元だけではなく東京市場などで売れ始め、需要が伸びていたのですが、それぞれの蔵が需要の増加に応じて増産することが困難だったこと。

だったら各社が出資し新しい蔵を造ってしまおう、という考え方。

また昭和の高度成長の時代に入ると、「桶売り、桶買い」という制度が盛んになり、地方蔵の中にはブランド力を持った大きな蔵へ桶売りすることで、生産量の安定を図る蔵が現れてきます。

つまり東京市場に酒をガンガン売り込める強い会社を造り、出資した酒蔵へ桶売りをする事によっても、出荷量を伸ばしていこう。このような考えもあったようです。


写真は御嶽蔵(みたけぐら)の釜場です。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|釜場 雄勝蔵(おかちぐら)では手造りによる特定名称酒。
御嶽蔵(みたけぐら)ではレギュラー酒とよばれる大衆酒が造られています。

爛漫が製造している酒の8割がレギュラー酒とよばれる大衆酒です。
低価格のお酒を沢山作る必要があるため、御嶽蔵ではご覧のとおり設備は近代化しております。

御嶽蔵は昭和57年代に建てられた蔵で、鉄筋5階建で最上階で原料米の処理を行い、4階、3階と下に降りるに従って酒が出来上がっていく、作業がしやすい蔵になっています。


麹室は3つあります。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|麹室

一つは酒母用の麹を造る室、
もう一つはモロミに投入する麹を造る室、
そしてもう一つは吟醸酒に用いる麹を造る室。


写真はKOS製麹機です。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|KOS製麹機


写真の方が杜氏さんです。
流派は山内杜氏(さんないとうじ)、杜氏歴は4年目との事。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|杜氏 爛漫はとても大きな蔵ですが、どういう部分が難しいですか?の質問に

大きい蔵も、小さな蔵も酒つくりの基本は同じです。
酒造りはもちろんの事ですが、造りを行う前の掃除がとても重要。それを蔵人に徹底的に叩き込むことがかなり重要との事。

確かに蔵が大きいぶん、人も多いわけです。 全ての蔵人に高いレベルの衛生意識を植えこむのは確かに大変かもしれません。


写真は御嶽蔵の仕込み部屋を下から撮影したところです。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|仕込み部屋 写真は槽場です。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|槽場 薮田式の圧搾機が3台写真に映っていますが、実は奥にもう1台あります。
合計4台で酒を搾ります。

以上が御嶽蔵です


写真はハンドメイドで吟醸酒を造る「雄勝蔵(おかちぐら)」の釜場です。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|雄勝蔵の釜場雄勝蔵は、対照的にクラシックな製法で酒を造っています。

雄勝蔵の仕込み部屋です。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|雄勝蔵 仕込み部屋


爛漫では一般の方の酒蔵見学も可能。 爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|イベントルーム このようなイベントルームがあり、試飲販売も可能です。
近くには両関酒造、木村酒造がありいずれも蔵見学は可能です。
湯沢に寄られた際は、是非これらの酒蔵巡りをされてみてはいかがでしょうか。

爛漫(らんまん) 秋田銘醸株式会社|記念撮影最後に訪問の証の記念撮影。
見学中に、販促用であろう爛漫の大型ボトル型看板を発見し思わず、驚く吾郎でした。


商品の購入・質問は爛漫(らんまん)|秋田銘醸株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0183-73-3161 爛漫(らんまん)醸造元 秋田銘醸株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t923

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。