2011年04月27日

麓井(ふもとい)|麓井酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
163件目の訪問蔵は、
山形県の余目市麓井(ふもとい)という日本酒を醸す麓井造株式会社です。

麓井(ふもとい)|麓井酒造株式会社

所在地:山形県酒田市麓字横道32
代表銘柄:麓井,輝ら星の如く
創業:1893年(明治27年)4代目
杜氏:社員杜氏
仕込み水:軟水
訪問日:2011/4/27

代表銘柄
麓井 生もと純米本辛 圓(まどか)
麓井 輝ら星の如く 生もと
麓井 純米吟醸 圓(まどか)

麓井酒造株式会社は、この地の地主に生まれた佐藤長介氏によって1893年(明治27年)に、創業した酒蔵です。
創業当初の屋号は長介、酒名は現在と同じ「麓井(ふもとい)」という酒を造られていました。 麓井 ふもとい 麓井酒造株式会社|仕込み部屋

当時、蔵の周辺は農村地域であり、現在に至っても同様の農村地域です。
ただ地域は農村と言っても米が豊富に収穫できた土地で、例えば93年の大冷害の年でも、作況指数で93%くらい収穫でき、その年は大供給地となりました。

米が豊富な事に加え水も豊富でした。
この地域は最上川の下流に位置し、最上川が水量の安定している川であること。
更に鳥海山という降水量が多い山がある事で、鳥海山系の地下水が豊富にあります。

遊佐町の辺りには、海の中に地下水が湧き出している汽水域があり、そこで取れる岩牡蠣がとても美味しいとの事。

米が豊富で水も豊富であれば、酒造業も発生する訳です。

かつて一つの村に1件は酒屋があったそうなので、その地の酒屋のような役割を持つ酒蔵だったのではないでしょうか。


写真の方が4代目蔵元、佐藤 市郎さん。 麓井 ふもとい 麓井酒造株式会社|蔵元 レンガ作りの麹室です。

庄内地方の蔵は、写真のようなレンガ作りの室をよく見ます。

麓井 ふもとい 麓井酒造株式会社|麹室

麓井酒造の主力商品が「生もと 純米本辛 圓(まどか)」。

本辛 圓(まどか)の誕生の経緯ですが、当初は美山錦の吟醸酒を造る計画でしたが、蔵人が米を洗う量を間違って日本酒度が+10の大辛口になりました。 しかし、搾った後に、これはこれで面白いのでは?という事で辛口の商品を製品化します。
その酒がヒットし、今では麓井の特定名称酒の稼ぎ頭の商品になりました。


写真は仕込み部屋です。 麓井 ふもとい 麓井酒造株式会社|仕込み部屋

麓井酒造では造る酒の大半が生もと造りです。速醸は年に1本のみ。

麓井酒造が生もと造りに特化した経緯ですが、生もとで造った出品酒が全国新酒鑑評会で金賞を受賞した事がきっかけとなります。

昭和40年代〜50年代の先代の時代に、生もと造りで吟醸酒を造った際、とても良い香りの酒が出来上がったそうです。
それ以来吟醸酒は生もとで造ろう、という事になりました。

同時に、低温耐性が強い事、あとアルコール耐性も強かった事。
酒に個性を求める為、生もと造りを選んだ、という理由ではなく、酒造りの手段として生もとの方が良い酒を造れた、という理由で生もと造りに特化していく事になります。


麓井 ふもとい 麓井酒造株式会社|槽場


写真は貯蔵庫です。 麓井 ふもとい 麓井酒造株式会社|貯蔵庫


麓井 ふもとい 麓井酒造株式会社|記念撮影


私が訪問した4月の下旬。

この時期だと酒蔵の多くは今季の造りを終えて、圧搾機で使われる酒袋が洗濯されて干されている光景を目にします。

沢山の酒袋が干されている様子に驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は麓井(ふもとい)|麓井造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0234-64-2002 麓井(ふもとい)醸造元 麓井酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t889

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。