2011年04月15日

荘の郷 都娘|有限会社北庄司酒造店

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
152 件目の訪問蔵は、
大阪府の泉佐野市で荘の郷,都娘という酒を醸す有限会社北庄司酒造店です。

荘の郷 都娘 泉州路|有限会社北庄司酒造店

所在地:大阪府泉佐野市日根野 3173
銘柄:荘の郷 都娘 泉州路
創業:大正10年
杜氏:社員杜氏
仕込み水:中水
訪問日:2011/4/15

代表銘柄
荘の郷 純米酒
荘の郷 純米山田錦
都娘 羽衣


創業は大正10年。酒造業開始から3代続く酒蔵、有限会社北庄司酒造店荘の郷 都娘 泉州路|有限会社北庄司酒造店 蔵が位置する泉佐野市にある日根野(ひねの)の歴史は古く、奈良時代の後期には荘園として整理され、その後摂関家である九条家の所領になります。

蔵元の北庄司家は大正時代まで小作人が上納する米だけで生活が成り立っていた、という広大な農地を所有していた庄屋でした。

大正時代に入り、和歌山から除虫菊を手に入れて蚊取り線香の製造・販売をはじめます。しかし商売などしたことがない家ということもあり、販売が思うようにいきません。

そこで親戚の造り酒屋に商売の相談したところ「日本酒の商売ならアドバイスが出来ますよ」という話になり、明治〜大正の規制緩和によって大正10年に酒造業に参入します。

かつては大阪府は酒蔵は多く、3代目の蔵元が学生の頃には泉佐野の酒造組合だけで8件の酒蔵があり、大阪府下全体では55〜56社もあったそうです。

蚊取線香の製造は1年で辞められたそうですが、3代目の蔵元が子供の頃まで、蚊取り線香の在庫が沢山残っていたとの事。

写真は仕込み部屋です。右側の方が3代目蔵元 北庄司貞久さんです。
|仕込み部屋 創業当初の酒名は「日根鶴」。
その後、都娘という酒名が誕生し長い間この蔵の主力銘柄になりますが平成7年に酒蔵を改造。

1級、2級といった普通酒を大量に製造する設備から、特定名称酒を中心とした「少量多品種」が製造できる蔵に改造されます。

その結果、現在の書力銘柄「荘の郷」が誕生します。

蔵の最盛期には年間で4500石も造られており、泉州で最も規模が大きい酒蔵でした。

|釜場 写真は釜場です。
平成7年に蔵を改築したという事で、蔵は大変整っています。
ご覧のように釜のサイズも小さいものが使われています。

北庄司酒造は昭和37年まで兵庫県の但馬から杜氏が来て酒つくりが行われていました。
その後ご縁があって丹波から実力のある杜氏がやって来られます。

しかし丹波杜氏の高齢化と後継者不足によって、若い蔵人の補充が聞かず、平成に入ってから南部杜氏に変わります。

そして現在は、社員が酒を造る社員杜氏となり、今季で11造りを終えたとの事です。

|槽場 写真は槽場です。槽場ですが元々は釜場の場所にあったそうですが、水の便が関係でその場所を釜場に譲り、作業の動線上この場所へ配置されたそうです。


|麹室 麹室は、外は木製ですが中はステンレス製とのこと。


|酒母室 酒母室はプレハブによって個別の部屋が造られています。山廃、生もとは造られておらず速醸のみ。


|イベントホール 蔵の2階はこのようにイベントが出来る会場になっています。結構広く、グランドピアノが置かれていました。


|商品 現在の主力商品は、荘の郷。この酒は酒造好適米を用いた特定名称酒になります。
地元需要が残っているために昔ながらの普通酒も健在。こちらには都娘の銘柄になります。


|記念撮影 最後に訪問の証の記念撮影。

2009年、北庄司酒造にて全日本愛瓢会という瓢箪の会の総会が行われました。 何と、全日本愛瓢会の名誉総裁に秋篠宮殿下が務められていて、殿下も蔵にご訪問されたとの事。

大きな瓢箪と、殿下がご訪問された事を知り驚く吾郎でした。


商品の購入・質問は荘の郷 |有限会社北庄司酒造店へお問い合せ下さい。
TEL:072-468-0850 荘の郷 都娘 泉州路醸造元 有限会社北庄司酒造店
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t777

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。