2011年04月12日

小左衛門(こざえもん) 始祿|中島醸造酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
144 件目の訪問蔵は、
岐阜県の瑞浪市で小左衛門(こざえもん),始禄という酒を醸す中島醸造酒造株式会社です。

小左衛門(こざえもん),始禄|中島醸造酒造株式会社

所在地:岐阜県瑞浪市土岐町7181−1
銘柄:始祿小左衛門
創業:1702年(元禄15年)
杜氏:蔵元杜氏
仕込み水:中軟水 屏風山の伏流水
訪問日:2011/4/12

代表銘柄
小左衛門 特別純米 美山錦
小左衛門 三年熟成無添加仕込
始禄 爽 本醸造


岐阜県瑞浪市の土岐川のほとり。瑞浪のシンボルといえる木造五階建ての高く立派な建物が小左衛門という日本酒を造る中島醸造小左衛門 中島醸造蔵の歴史は長く、創業は元禄年間の1702年。
この地の庄屋をつとめていた中島小左衛門用心氏が酒造業を開始。
酒造業を開始以降、現在で14代目です。

中島一族の歴史は長く、元々は岩村藩に住んでいたそうです。現在の蔵のある場所に住むようになり、酒造業を開始されたそうです。

蔵の敷地は大変広く、カタカナの「コ」の字に蔵が建てられています。
街のシンボルというべき、黒く高い建物は、現在の建築法では建てることが出来ない木造五階建て。
私は「精米場」と思っていましたが、蔵の方に聞いたところ、過去に焼酎を造っていた時代の蒸留器があった蔵とのことです。
かつては様々なお酒を造られていたそうですが、現在は日本酒の製造が中心です。あと梅酒も造られています。

小左衛門 中島醸造|門 創業当初の酒名は始禄(しろく)始禄は現在、地元向けのお酒。

そしてもうひとつの銘柄が、創業者を冠した小左衛門(こざえもん)

小左衛門 中島醸造|商品 小左衛門は特約店制度の県外向けのこだわり銘柄、日本酒ファンの間で話題の酒です。

純米酒、純米吟醸以上のスペックが中心で小仕込み少量生産の酒。
蔵の位置する瑞浪市は、夏は大変暑くなるため小左衛門(こざえもん)はビン貯蔵され大型冷蔵庫にて貯蔵されています。

優しい甘味を持つのが特徴で、今主流のサラッと辛いお酒ではなく、味があるタイプの酒。
甘味といっても米本来の味で甘さ表現しているため自然な甘さです。
日本酒ファンの裾野を広げるタイプの酒ではないでしょうか。

小左衛門 中島醸造|記念撮影 最後に訪問の証の記念撮影。小左衛門を手にして驚く吾郎でした。


商品の購入・質問は中島醸造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0572-68-3151 小左衛門,始禄醸造元 中島醸造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t619

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。