2011年03月12日

雨後の月|相原酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
140件目の訪問蔵は、
広島県で雨後の月という酒を醸す相原酒造株式会社です。

雨後の月|相原酒造株式会社

所在地:広島県呉市仁方本町一丁目25-15
銘柄:雨後の月,金泉
創業:明治8年 4代目
杜氏:社員杜氏
仕込み水:軟水 瀬戸内海国立公園内の野呂山の伏流水
訪問日:2011/3/12

代表銘柄
雨後の月 特別純米酒
雨後の月 超特選 真粋大吟醸
雨後の月 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町
金泉 純米吟醸あらしぼり 白い稲妻


広島県の若手蔵の相談役のような酒蔵 雨後の月 相原酒造株式会社
雨後の月 相原酒造

相原酒造は明治8年、相原格(いたる)氏によって創業した、広島県呉市仁川で4代続く酒蔵です。

江戸時代、広島県の西條にて旅籠を営んでいた相原家が呉の仁川に移住。

相原家の次男であった格氏は、酒造業の免許が緩和された明治8年、当時はまだ16歳でしたが本家より分家して酒造業をはじめます。同時に本家も酒造業を行います。

創業当時の酒名は、白雪、去年の雪(こぞのゆき)、若竹。

現在の「雨後の月」という酒名は明治33年に誕生。
酒名の由来は、徳冨蘆花氏(とくとみろか)が呉に住んでいた時「雨後の月」という短編小説を書いており、そこから酒名を取ったのだと言われています。



写真は酒母室です。酒母を冷やす作業をしている最中です。
右端の方が4代目蔵元相原準一郎さんです。
雨後の月_酒母室.jpgかつて仁方町だけで9件の酒蔵と10の醤油蔵が稼動していました。
広島県下でも仁方は有数の酒処で、広島県のベスト10のうち5社が仁方町の酒蔵だったそうです。

というのは海軍の軍港であった呉港は商船の出入りが禁止はもちろん、港の沖を横切ることも出来ませんでした。
その為、呉港の両サイド、川原石と仁方に商用の港が置かれ、大阪商船三井や辰馬汽船の船舶によって四国・九州はもちろん、台湾や満州まで様々な物資と共に日本酒が運ばれていたそうです。


酒蔵に残る、明治28年の日本酒番付によると、相原酒造は広島県下で3位の製造量に成長しています。あの賀茂鶴よりも生産規模が大きな酒蔵だったのです。



雨後の月_仕込み部屋.jpg

そうやって栄えた仁方の酒蔵ですが昭和16年に大きな転機が訪れます。

第2次世界大戦の戦況が進む中、主食である米を用いて酒つくりが困難になる事から、国家総動員法によって呉に27件あった酒蔵のうち2社を残し、相原酒造を含めたその他の蔵は酒造りを辞めさせられる事になりました。


相原酒造の酒つくりが復活したのは昭和29年です。
ようやく政府から酒つくりの再開の許可を得て、相原酒造は本家と共に酒造りを開始します。

しかし13年間のブランクは大きく、ブランド力は衰退しゼロに近い状況からの再スタートだったそうです。


写真は槽場です。
空調で整えられた冷蔵倉庫の中に、ヤブタ式の圧搾機(緑色の装置)が置かれています。
雨後の月_薮田.jpg
相原酒造は現在4代目蔵元の相原準一郎さんによって、こだわりの特定名称酒を中心とした酒つくりが行われています。


広島酒の特徴を簡単な言葉で説明すると、米の旨味を引き出した芳醇な酒。

要するに味が少し濃いお酒なのですが、現在の相原酒造が造っている酒は広島酒とは対照的な存在。

軽やかで、上品で、いい香りがする酒を目指して酒造りをされています。

その理由は4代目の蔵元である相原準一郎さんの嗜好によるもの。

重いお酒が好きではありませんでした、と語る準一郎さん。
その昔は日本酒はタンクで常温保存が行われてきたのですが、味が濃い上に熟成でひねた酒は「飲みにくい」と思われていました。

従って、軽やかで上品で、いい香りがするほうが飲み易いを考え、それを目指した酒造りをされてきました。

昨今は、香りが華やかなタイプだと長持ちしないので、香りはやや控えめにして上品でスイスイ飲めるようなお酒にしたいと思いっています。

雨後の月_麹室.jpg蔵の設備ですが、早くから吟醸酒造りを中心にしていただけあって、新進気鋭の若手蔵と比べて、設備等は充実しています。

仕込みタンクの多くは温度調整できるサーマルタンクが中心。
槽場は空調で整えられた冷蔵倉庫の中にあります。


写真の装置はお酒の火入れ・急冷を行う熱交換器です。
雨後の月_急冷装置.jpgタンク貯蔵を行う場合の問題は、どうやって急冷するかです。タンクの外から水で冷やしても時間がかかり急冷は行えません。

そこで上記の装置「熱交換器」を用います。

マイナス5度で貯蔵されているお酒を、お湯と熱交換を行い65度にさせます。
お酒を65度で30秒ホールドした後、マイナス5度の日本酒と熱交換を行い10度に冷ましてからタンクの貯蔵していきます。

素早く火入れをした後に急冷を行い、お酒に与えるダメージを極力低く抑え、火入れを行います。


ビン貯蔵するお酒は、ビンのまま熱を加えて、ご覧のようなプールで急冷を行います。
雨後の月_瓶燗.jpg

最後に訪問の証の記念撮影は相原酒造の撮影スポット、酒名「雨後の月」と書かれた白壁の蔵を背景に撮影しました。蔵の美しさに驚く吾郎でした。
雨後の月_記念撮影.jpg雨後の月のお求めは、相原酒造と直取引を行なっている
地酒.com 佐野屋 をご利用ください。 (フリーダイヤル:0120-464-135)
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t493

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。