2011年03月12日

同期ノ桜|江田島銘醸株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
138件目の訪問蔵は、
広島県で同期ノ桜,江田島という酒を醸す江田島銘醸株式会社です。

同期ノ桜|江田島銘醸株式会社

所在地:広島県江田島市江田島町中央二丁目27-1
銘柄:同期ノ桜,江田島
創業:明治40年(1907年) 4代
杜氏:蔵元杜氏 無所属
仕込み水:中軟水
訪問日:2011/3/12

代表銘柄
同期ノ桜 純米酒
保万齢 広島の酒 
江田島 本醸造酒



呉港から高速フェリーに乗って、軍艦の姿を横見に見ながら約10分で江田島に到着。


江田島銘醸は明治40年、住岡八百蔵氏によって創業した、現在江田島に残る唯一の酒蔵です。

創業者の八百蔵氏は江田島で宮大工をされていました。
しかし明治20年に江田島に海軍の兵学校が江田島に移転してきます。
静かだった島が、兵学校の建設で開発され住む人が増えてきます。

島が発展し人口が増える様子を見て、酒を造って地元の人達に飲んでもらえば商売になると考えて創業します。

現在、江田島には江田島銘醸1社のみ残っていますが、当時同じ町の中だけでも3〜4つの蔵があったそうです。


江田島銘醸_外観.jpg
写真の方が4代目蔵元住岡 光男さんです。
江田島銘醸_麹室.jpg
現在の年間製造石数は200石。麹も手つくりです。

灘の酒と比べ味が濃く芳醇と言われている広島酒ですが、江田島銘醸が目指す酒は、やはりボディーがある芳醇な酒。

「鑑定の先生が、利き酒をされた際、酒は良いのだけど、味が濃いので点数を悪くする先生がいますが、私はむしろ、そういう酒を造りたい。」と語る蔵元。

蔵元自信、ボディーがある重厚な酒がお好きだそうで、瀬戸内のあっさりした魚には少し濃い目の酒が合うとの事。




江田島銘醸_仕込部屋.jpg

同時に後切れの良さも追求されており、昔の杜氏さんが言われていた「尻の丸い酒」。
味のボディーがあり、同時に膨らみがあるものの、後切れが良く、尻が丸く感じられる酒。

そういう酒を目指して、蔵元自らが杜氏となり酒造りをされているそうです。


写真の奥に見えるのが、釜場です。ステンレスの容器が釜です。
全体に小規模な設備になっています。
江田島銘醸_釜場.jpg

最後に蔵元と一緒に、訪問の証の撮影です。
江田島銘醸の代表銘柄「同期の桜」に感心する吾郎でした。
江田島銘醸_記念撮影.jpg
商品の購入・質問は江田島銘醸株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0823-42-0001 同期ノ桜,江田島醸造元 江田島銘醸株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t491

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。