2011年03月03日

世界一統・南方|株式会社世界一統

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
135件目の訪問蔵は、
和歌山県で世界一統・南方という酒を醸す株式会社世界一統です。

世界一統・南方|株式会社世界一統

所在地:和歌山県和歌山市湊紺屋町1丁目10
銘柄:世界一統,南方
創業:明治17年 6代
杜氏:社員杜氏 無所属
仕込み水:弱硬水
訪問日:2011/3/3

代表銘柄
世界一統 特撰
大吟醸 熊楠
限定醸造 純米吟醸 南方
超特撰特醸大吟醸 イチ



和歌山城の城下町。
かつて紀州藩の藩校があった場所に建つ酒蔵が世界一統せかいっとう)です。
株式会社世界一統

和歌山の城下で商いをしていた南方弥右衛門氏が、明治17年に紀州侯の籾倉を譲りうけ、南方酒造の名で酒造業を創業。

写真の通り、直ぐ近くに和歌山城を望む場所に蔵があります。ご城下のよい場所で代々商売が出来た訳ですから、クラスが高い商人だったことが想像できます。

その創業者の次男が南方熊楠であり、熊楠は学者の道に進んだため、その弟の常楠氏が2代目を継ぐことになります。

2代目を継いだ南方常楠氏は早稲田大学の出身で、当時早稲田の学長であり、後に内閣総理大臣になられる大隈重信候にお願いし、命名いただいた名前が「世界一統」です。

蔵のすぐとなりは、和歌山城の外堀となる川が流れています。
世界一統_外観.jpg世界一統が造る酒の半分以上が和歌山県内に出荷。

地元以外では大阪と首都圏に出荷されていますが、大阪の立ち飲み系の居酒屋探訪記などの取材で、度々世界一統の酒が紹介されるなど、昔から大衆酒として愛されてきた酒です。

世界一統は、昨年(2010年)まで、但馬杜氏が酒造りを行っていました。
しかし今年の造りから、京都の齊藤酒造(英勲)で酒造技師をされていた武田博文氏が杜氏をしたい、という事で新生世界入社。

昨年は平均年齢が65歳でしたが、今年は35歳と一気に若返りました。

これから将来を見据えて良い酒を造れる環境が出来ました。

写真の方が2011年から世界一統の杜氏を務める武田博文さん(40歳)です。
世界一統_杜氏.jpg
他県と比べて温暖な和歌山ですが、県内の酒蔵の多くは「やや味がある旨口傾向」の酒が多いのですが、世界一統が造る酒は、和歌山の中ではキレがある辛口の酒を造られてきました。

そのような背景の中、新しい杜氏の武田さんは「過去に世界一統が造ってきた辛口の伝統を守りつつも、味にふくらみを加えた酒を造っていきたい」と語っていただきました。




写真は浸漬タンクと釜場です。左の浸漬タンクから米を落下させ、コンベアで甑に運びます。
世界一統_釜場.jpg


このタンクの中、世界一統が発酵しています。
世界一統_仕込み部屋.jpg

写真の商品、世界一統のこだわりブランドの南方(みなかた)。今年で3年目になります。
世界一統_商品.jpg南方は、全て無濾過の原酒(生・火入れ)です。
大量生産をせず、きっちりとした品質管理が行える地酒専門店に出荷される限定流通品です。




和歌山産の果物で造ったリキュール、商品名は生産地をいれています。
世界一統_リキュール.jpg

訪問の証の記念撮影ですが、蔵の屋上に上がらせていただき、大看板の下で撮影。
この看板ですが真下で見るとかなり迫力がありました。
世界一統_記念撮影.jpg今、和歌山は「世代交代」の時代に入っていて、世界一統、平和酒造、中野BC、田端酒造など、次の世代の20代〜30代の方が酒造りを開始されています。
栃木に似た若いパワーの台頭を感じました。

商品の購入・質問は株式会社世界一統へお問い合せ下さい。
TEL:073-433-1441 世界一統・南方醸造元 株式会社 世界一統
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。


タグ :6代弱硬水

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t488

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。