2011年02月10日

三輪福(みわふく) だんじり|井坂酒造場

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
123件目の訪問蔵は、
大阪府岸和田市で三輪福(みわふく),だんじりという酒を醸す井坂酒造場です。

三輪福 だんじり|井坂酒造場

所在地:大阪府岸和田市稲葉町117
銘柄:三輪福,だんじり
創業:1818年 5代
杜氏:蔵元杜氏 無所属
仕込み水:中水
訪問日:2011/2/10

代表銘柄
三輪福 純米酒
三輪福 新酒しぼりたて
上撰 だんじり

だんじりで有名な岸和田市に残る唯一の酒蔵、井坂酒造場
三輪福 だんじり 井坂酒造場

蔵の敷地はとても広く、写真には切れていますが、奥にまだまだ壁が続いています。
手前の更地も蔵の駐車場です。

あまりにも広いので、着いて早々にビックリしたくらいです。


写真の方が井坂酒造場の5代目蔵元の井坂 佳嗣さんです。
三輪福_蔵元.jpg井坂酒造場は今から5年前の2007年に杜氏制を廃止。
現在30歳になる蔵の長男が酒造りをされています。

年間製造数は約300石。全体の65%が純米酒です。
出荷先は100%地元。

ご覧のとおり蔵には売店があり、地元の方が蔵に直接日本酒を買いに来られています。
昔ながらの地酒の姿がここにあります。


蔵元の後ろにある「おみくじ」のようなカードは、お客様の会員証です。
蔵にお酒を買いに来たお客様に発行しているスタンプカードで、お客様の多くは蔵に預けてあります。


岸和田というと「だんじり」が有名ですが、「だんじり」という名前のお酒がありますね。
三輪福_商品.jpg岸和田のだんじりも、様々あるようで、テレビ等で有名なだんじりは9月に行われますが、蔵の周辺のだんじりは10月に行われるとの事。

だんじりのお祭りの時には、さぞ多くの観光客が蔵に来られるのでは?
蔵元に質問してみたところ、


  道に車が走ってたら、だんじり出来ませんやろ。
  祭りの時は祭り優先で、道路を通行止めですわ。
  だから逆に外から人が、蔵まで来ることが出来ませんわ。
  だんじりの日は蔵は休んで祭りに参加しています。

という返事をいただきました。

私の想像以上に「通行止めの範囲」が大きいようです。
だんじりの日はヤマト運輸でさえも時間通りに荷物が届かないでしょうね。


写真は麹室です。プレハブ冷蔵庫のようなパネル組立式ですね。
三輪福_麹室.jpg蔵元に、三輪福とはどのようなお酒なのか聞いてみました。


泉州は海あり山ありの土地なので、海のものに合う酒、山のものにもあう酒が必要です。

泉州で捕れる魚というのはお造りではなく、「煮炊きもの」の魚が中心です。
なので、あまりサラッとした酒だと負けてしまいます。

独特のコクのある味。
一口に旨味といっても様々ありますが、サラッとした味では無いですね。

との事。



写真は仕込み部屋です。開放タンクを使われています。
三輪福_仕込み部屋.jpgハシゴがかかっていますが、壁際にはタンクの覗き込める高さの通路がつくられています。

壁の木材が新しく、清潔に感じられます。良い酒が造れそうな仕込蔵ですね。
三輪福_仕込蔵2.jpg
写真は井坂酒造場で、現役使用されている「木の甑(こしき)」です。
木の桶で酒を仕込んだり、木の槽(ふね)で酒を搾っている蔵はたまに見かけますが、木の甑(こしき)となると、今では酒造博物館のようなところにいかないとみないですね。

現役で木の甑が使われているのを見て驚く吾郎でした。
三輪福_記念撮影.jpg
商品の購入・質問は井坂酒造場へお問い合せ下さい。
TEL:072-479-0074 三輪福醸造元 井坂酒造場
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t476

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。