2011年02月10日

天野酒 あまのざけ|西條合資会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
122件目の訪問蔵は、
金剛山の麓、大阪府河内長野市で天野酒 あまのざけという酒を醸す西條合資会社です。

天野酒|西條合資会社

所在地:大阪府河内長野市長野町12-18
銘柄:天野酒
創業:1718年 10代
杜氏:南部杜氏
仕込み水:中軟水
訪問日:2011/2/10

代表銘柄
天野酒 吟醸 原酒
天野酒 大吟醸 阿
天野酒 大吟醸 うん



天野酒 西條合資会社

かつて酒造りは、朝廷に造酒司(みきのつかさ)という被官があり、そこで行われていました。
やがて平安時代の後期頃から寺院で行われるようになり、寺院で造られていた酒のことを僧坊酒(そうぼうしゅ)といいます。

大阪府河内長野市にある、金剛寺で造られた僧坊酒、「天野酒(あまのざけ)」は美酒として知られ、豊臣秀吉が醍醐の花見の時に持ち込んだ酒と言われおり、金剛寺宝物館には豊臣秀吉から贈られた朱印状が展示保存されています。

しかし江戸時代に入ると、現在に続く民間の造り酒屋が次々に誕生し、僧坊酒はその役割を終えて時代から消えて行くことになります。


金剛山の麓に位置する、西條合資会社は江戸時代中期の1718年に創業した10代続く造り酒屋です。



とても美しい蔵の景観は、文化庁の登録有形文化財にもしていされています。
天野酒_登録有形文化財.jpg
かつて河内長野には4件の酒蔵があったそうですが、全ての酒蔵が濃醇な甘口の酒を造っていたそうです。

僧坊酒、天野酒はとても濃醇な甘口酒であった事から、蔵元は僧坊酒の醸造技術が地元の酒蔵に何らかの形で伝授されたのではないかと推測されています。

金剛寺の僧坊酒であった天野酒が消滅した後、河内長野に唯一残った酒蔵として、自分達の酒つくりのルーツと考えられる天野酒を今に引き継ぎ酒造りをしています。



写真の方が、西條合資会社10代目蔵元、西條陽三さんです。
天野酒_琺瑯タンク.jpg10代目蔵元に、大阪の地酒とは何か尋ねてみました。


大阪の料理は、あまり塩っ辛いものはありませんよね。
味醂を使ったりして味が甘口じゃないですか。

おふくろの料理も、きちっと出汁をとり、隠し味に様々なものを使います。その為全ての料理に旨味が多いですよ。

それに合わせていく酒は、旨味・甘みが多く無いと負けてしまいますよね。

新鮮な食材が手に入ることによって料理が美味しい、という地は全国に沢山あります。
食材を活かした料理の場合、お酒は食材の味を邪魔をしない淡麗辛口になると思います。

しかし大阪は、こと味付けに関しては手間をかけ、きっちり味を整えた料理が多いと思いす。
そんな料理には淡麗辛口だと酒が負けてしまうため、日本酒もしっかりと旨味を出した、身が濃い酒が多いのではないでしょうか。



天野酒は開放タンクによって、泡あり酵母で酒を醸しています。

天野酒_仕込み部屋2.jpg最近は泡あり酵母を使う蔵は少ないのですが、泡ありを使うほうが天野酒の目指す甘味を持つ酒になるとの事。


天野酒は濃厚甘口が基本です。

かつて僧坊酒として造られていた天野酒の味が、この蔵のルーツだと考えられています。
金剛山で造られていた天野酒ですが、現在の調査によると日本酒度が−90くらいの超甘口だったとそうです。

かない甘い酒が当時は造られていたのですが、その酒が朝廷を含めてその次代の位の高い人々に飲まれていました。
豊臣秀吉も大阪城で飲まれていて、醍醐のお花見でも持ち込まれていたそうです。

その天野酒というブランドを引き継いで造っている以上、甘味・旨味を持つ大阪の地酒にこだわった酒を造っておられます。



自社で精米をされています。
天野酒_精米機.jpg
また地元でたった1件残る蔵元なので地元を大切にされています。

現在の製造石数は約900石ですが、地元できっちり商売をしていたらこれくらいの量は普通に 売れててしまうそうです。

良い意味で「外に出て行かない、地元にこもる」。
大阪の地酒といえば天野酒と言ってもらえるようなブランド造りをしていきた、と語ってくれました。


中央の「天野酒 吟醸 原酒」がこの蔵の主力の一角。
天野酒_商品.jpg少し苦味を伴い、上品かつ「禁断の甘み」。

戦国武将に取って、なんとも言えない摩訶不思議な甘味に感じられたでしょう。


最後に訪問の証の記念撮影です。
国の登録文化財に指定されています蔵の建物に驚く吾郎でした。
天野酒_記念写真.jpg
商品の購入・質問は西條合資会社へお問い合せ下さい。
TEL:0721-55-1101 天野酒醸造元 西條合資会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t475

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。