2010年12月17日

流輝(るか) 當選 平井城 |松屋酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅。
112件目の訪問蔵は、
群馬県藤岡市の流輝(るか) ,當選(とうせん) 醸造元、松屋酒造株式会社です。

流輝(るか) ,當選(とうせん)|松屋酒造株式会社

所在地:群馬県藤岡市藤岡乙180
銘柄:流輝(るか) ,當選(とうせん),芳樹,都初雪,平井城
創業:明治26年 6代目
杜氏:蔵元杜氏 無所属
仕込み水:
訪問日:2010/12/18

代表銘柄
當選
ねむり酒 長期熟成酒
平井城 超辛純米
流輝(るか)純米吟醸 舟搾り



群馬県、注目の若手蔵。


松屋酒造1.jpg松屋酒造は年間200石という大変小規模な酒蔵です。

平成7年より、南部杜氏に頼っていた酒造りをやめ、蔵元自らが杜氏として酒造りを開始。
現在、蔵元の長男の松原広幸さんが杜氏見習いとして酒造りに参加。家族で酒造りを行っています。

松屋酒造2.jpg
今回は、蔵元の長男の松原広幸さんに蔵をご案内していただきました。


松屋酒造4.jpg


写真は仕込み蔵です。足場はなくタンクにはしごをかけています。
松屋酒造5.jpg


こちらは現在仕込んでいる最中の「赤色酵母」による酒です。
赤い色の日本酒を仕込む際に用いる手法です。
松屋酒造7.jpg赤色酵母は弱いため他の酵母が混ざると負けてしまい、色が消えてしまいます。

その為、開放タンクで仕込んでいるのですが、上部は他の酵母が入りにくいようビニールで保護しています。


この蔵の伝統的な代表銘柄「當選(とうせん)」の名入りタンクです。
最近の新しい銘柄では名入りタンクは見かけません。
松屋酒造6.jpg


松屋酒造でも、全量むかしながらの槽(ふね)で酒を搾っているそうです。
松屋酒造8.jpg
松屋酒造では、家族経営の小さな蔵の強みを活かし、消費者の声を組み入れた、オーダーメイドではありませんが、それに近い顧客ニーズに応えた商品造りを行っています。

ご覧のようにプライベートブランに近いような商品が目立ちました。

松屋酒造9.jpg最近では、首都圏の地酒専門店向けに「流輝(るか)」というお酒を展開。

流輝(るか)という酒名は、広幸さんが自分の子どもに付けようと考えた名前だそうですが、奥様に反対され、酒名につけられました。(群馬はかかあ天下の土地柄だそうです)

自分の子どもを育てるのと同様に、手間と努力をかけて造っていくお酒との事です。

現在、広幸さんは30代。

30代の自分にしか出来な酒造りをしたい、と熱く語っていただきました。



訪問の記念撮影ですが、蔵の玄関でお酒を試飲させていただきました。
可能性に満ちた、輝きを持った酒でした。
松屋酒造10.jpg
商品の購入・質問は松屋酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0274-22-0022 流輝(るか) ,當選(とうせん)醸造元 松屋酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。


この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t465

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。