2010年10月29日

虎竹苑|(株)山岸竹材店

虎竹苑|(株)山岸竹材店

所在地:〒785-0024 高知県須崎市安和913-1
TEL:0889-42-3201
http://www.taketora.co.jp/
訪問日:2010/10/25 & 2010/10/29


佐野 吾郎です。大げさに驚いています。
taketora1.jpg新進気鋭 酒蔵探しの旅の途中で立ち寄りました、高知県の観桜スポットをご紹介させていただきます。

西岡酒造店から車で約10分ぐらいの場所に、山岸竹材店というお店があります。

国道56号線(中村街道)と国道320号線の交差点。
この看板が目印です。
taketora0.jpg交通の要所なので、地元の方はご存知の方が多いのではないでしょうか?
私も今回の高知ツアーでこのお店の前を4回も通りました。

taketora2.jpg虎竹苑は何を扱っているお店かというと「竹」です。

しかし、ただの竹じゃないんです。
虎斑竹(とらふだけ)という、表面に虎の皮状の模様が入った竹を用い、竹細工を製造・販売ささているお店です。
taketora3.jpg虎斑竹(とらふだけ)という竹は、不思議な事に、日本全国で高知県須崎市安和の虎竹の里にしか生育しません。
同じ竹を別の地域に移植しても同じ模様は出ないとの事。

この地でも、山間部のごく限られた地域の竹だけに、模様が現れるそうです。

虎斑竹(とらふだけ)で作られた名刺入れ 価格は31500円!
そこらの竹とは異なり高級竹です。
taketora4.jpg山岸竹材店の4代目、山岸義浩さんと、佐野吾郎はオンラインショップ仲間で、今回の高知ツアーも山岸さんのお誘いがあって来ました。

ネットショップでは「竹虎」というサイトで、やはり虎斑竹(とらふだけ)で作った竹細工を販売されています。

竹虎4代目プロフィール
http://www.taketora.co.jp/yondaime/yo0001.html

↑正にこんな感じの方。

冒頭の「驚く吾郎」の写真ですが、山岸社長の演技指導によるものです。

「もっと、もっと派手に驚かないと」と10枚くらいと撮った写真の一つです。


こう見えても、イギリスBBCからも取材がこられたそうです。

ブログ 竹虎4代目がゆく!
http://www.taketora.co.jp/diary/


普段はこのように作務衣を来ておられます。
というか、作務衣以外の服装をされているのを見た事がありません。
虎竹苑 山岸竹材店
山岸さん一同、笑顔で歓迎していただきました。
皆様、有り難うございました。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t455

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。