2010年10月29日

桃太郎|文本酒造株式会社

新進気鋭酒蔵探しの旅。
103件目の訪問蔵は、高岡郡四万十町の桃太郎 文本酒造株式会社です。

桃太郎|文本酒造株式会社

所在地:高知県高岡郡四万十町本町4-23
銘柄:桃太郎
創業:明治36年
杜氏:社員杜氏(無所属)
仕込み水:軟水
訪問日:2010/10/29

代表銘柄
桃太郎
フレッシュ桃太郎 にごり酒
フレッシュ入駒
大吟醸 干城の酒


佐野 吾郎です。美味しいお酒を飲まれていますか?
gorou1.jpg
無手無冠の訪問レポートの冒頭顔出しが好評だったので、今回も冒頭に顔出しをする事にしてみました。

さて10月25日から5日間連続で高知の酒蔵18社の訪問をしましたが、いよいよ最後の蔵元です。


高知県は高岡郡四万十町にて桃太郎という銘柄の日本酒を造る、文本酒造株式会社です。
桃太郎|文本酒造株式会社

蔵の外観はご覧の通り、裕福な商家を感じさせる、古き良き造り酒屋の姿。
自動販売機なども置かれていません。

年間の生産石数は約200石。
その大半が地元で消費されている地酒です。


こちらが蔵の主力銘柄の「桃太郎」。
桃太郎の酒名は先代が昭和41年頃に命名されたそうです。偶然にも昭和41年は私が生まれ年です。
momotaro2.jpg桃太郎はどういうお酒なのでしょうか。

4代目蔵元の文本 憲助さんによると「高知県の淡麗辛口に逆らっている酒です。」
という面白い返事が返ってきました。

土佐酒の中では甘口の部類に入る酒で、日本酒度的にはプラス3くらい。
辛い物でもプラス5まで、との事。

日本酒度がプラス3〜5という数字は、一般的にはあまり甘いとは言えない酒度ですが、高知県ではこれくらいでも甘口の部類に入ってしまうんですね。


写真の笑顔の方が4代目蔵元の文本 憲助さんです。
momotaro3.jpg蔵が位置する高岡郡四万十町は山間寄りですが、食文化は高知市内とは特に変わらないとの事。

女性がお酒を飲む事が恥ずかしいという気質が無く、お酒の席では男女を問わず皆で大酒を飲む、土佐の飲酒文化圏の属します。

私が訪問した時には既に作りが始まっていました。
蔵人の中には女性の姿もあります。
momotaro4.jpg蔵元は、小さな酒蔵の魅力は、大手には出来ないような酒造りではないか、と考えておられます。
その結果、時代の流れに逆行するかのような作業をあえて行なう事で、手造り感のする酒を目指されています。


この槽は、旧式の槽をわざわざ修復してまで現役で使用しているとの事。
その話を聞いて、驚く吾郎。
momotaro5.jpgこのような昔ながらの槽では、積み替え作業を含めて2日間押し続けないと、酒を搾り終える事ができないそうです。

小規模な蔵の特徴を生かし、地元に根差した酒を造り続けておられる蔵元です。
同時に純米吟醸など特定名称酒にも力を入れておられ、高知県のダークホース的な存在の酒蔵かもしれません。
日本酒ファンの皆様、土佐の桃太郎さんは要チェックですよ。

商品の購入・質問は文本酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0880-22-0039 桃太郎醸造元 文本酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t454

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。