2010年10月28日

桂月 けいげつ|土佐酒造株式会社

新進気鋭酒蔵探しの旅。
99件目の訪問蔵は、根強いファンを持つ土佐の銘酒、桂月(けいげつ)です。

桂月 けいげつ|土佐酒造株式会社

所在地:高知県土佐郡土佐町田井418
銘柄:桂月けいげつ
創業:明治10年 4代目
杜氏:社員杜氏 土佐杜氏所属
仕込み水:軟水
訪問日:2010/10/27


男がいる。酒を考え続けて50余年。
空に高い土佐嶺北の岩清水を得て。
しとど人生の鄙びを酌む、銘酒 桂月
桂月 けいげつ|土佐酒造株式会社

高知の酒蔵巡りをしている最中、日本酒関係者だけではなく、様々な方から桂月 土佐酒造の話を聞かされていました。

その内容から、強い自己主張を持たれている自信家である方。個性が強く、そういった人間性が好きという方から熱狂的に支持されている蔵元。

果たしてどのような蔵元なのだろうか・・・。

桂月のホームページのトップの上記の方の写真が掲載されています。
私はてっきり上記の写真の方が現在の蔵元だと思い、蔵に向ったのですが・・・。




写真に笑顔で映っておられる男性が現在の桂月の蔵元、澤田 輝夫さんです。
蔵に行って、この方が出て来られたとき、ホッとしました。
桂月 土佐酒造9.jpgヒゲを蓄えられた写真の方は、先代の蔵元です。今の桂月の基礎を作った方です。
冒頭の文章「男がいる。酒を考え続けて50余年・・・・」は、かつてテレビCMをしていた時のコピーだそうです。
高知市内を走る路面電車の中に「桂月」の看板が貼られている電車を見かけました。



清酒 桂月を造る土佐酒造株式会社は、高知県の山間部、四国の水瓶と呼ばれる、さめうら湖の近くに存在します。

土佐は南国といわれますが、蔵のある場所は標高が高く、冬はマイナス3〜4度の日が続きます。
その為、高知県の酒蔵の中では酒が造りやすい環境に位置していると言えます。
桂月 土佐酒造1.jpg土佐鶴が巨人ファンと例えるなら桂月は阪神ファン。

地元に熱狂的なファンを持つ銘柄で「桂月だけが土佐の酒」と語られるくらい。


灘の大手はもちろん、土佐鶴でさえ入って来れない。
それだけ強い地元基盤を持つ地酒です。
桂月 土佐酒造2.jpg桂月が造る酒の大半は普通酒。
「吟醸酒は昨年1本仕込んだだけ」と語る蔵元。

桂月の酒造理念は地元の消費者の視線に立った酒造り。
その結果、造る酒は普通酒が大半を占めるようになったとの事。

全国新酒鑑評会には一切出品しないどころか、出品酒のような酒は造られていません。

その理由は、「桂月を飲むお客様が望んでいないお酒は造りたいと思いません。消費者の要望とは関係ない世界のコンクールで賞をいただく事より、桂月の飲むお客様から変わらずに美味しいと言っていただける方が自分にとって最高の勲章です。」と熱く語られました。

高知県には「桂月が良い」と語る熱心なファンが多い訳です。


桂月 土佐酒造3.jpg

写真は桂月の井戸水。
奥で蔵元が飲まれていますね。
桂月 土佐酒造4.jpg仕込み水は軟水で、試飲させていただきましたがとても綺麗な水でした。

「水と空気は東京には無い贅沢。」 蔵元はそう語ってくれました。



桂月という酒名は、高知県出身の詩人・文人「大町桂月」からいただいた物です。
蔵元は大町桂月を敬愛されており、桂月の作品、掛け軸等を多数コレクションされていて「桂月館」という展示館まで作られました。
桂月 土佐酒造5.jpgカップ酒が入館料代わりとなっています。


写真の赤ラベルが桂月の1級。
桂月 土佐酒造8.jpg
「青」ラベルは桂月の2級。
桂月 土佐酒造7.jpg蔵元は、「日本酒を縦で分類するのは止めて横に分類しましょうよ。」という話をされました。

縦の分類とは、日本酒は普通酒が一番下で、その上に本醸造があって、次に純米があって、その上に吟醸があって、という分類です。

純米酒が好き方は純米吟醸が高くて飲めないから仕方なく純米酒を飲んでいるのですか?
違うでしょう、今日はこの純米酒が飲みたい、と思うから飲むのですよね。
だったら並びは縦ではなく横が正しいのではないでしょうか?

普通酒も純米酒も純米大吟醸酒も、横並びであり、それぞれが自分が気に入った酒を選んで買われています。その種類に上下はいらないんじゃないですか。

という主張を蔵元はされていました。




最後に桂月館の中で記念撮影。
何と書かれているのか解りませんが桂月直筆の書の前で記念撮影です。
桂月 土佐酒造10.jpg商品の購入・質問は土佐酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0887-82-0504 桂月醸造元 土佐酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t447

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。