2010年10月28日

文佳人|株式会社アリサワ

文佳人 ぶんかじん|株式会社アリサワ

所在地:高知県香美市土佐山田町西本町1丁目4−1
銘柄:文佳人ぶんかじん),鳴子舞,鏡野
創業:明治10年 5代目
杜氏:蔵元杜氏 土佐杜氏
仕込み水:軟水 物部川の伏流水
訪問日:2010/10/28

代表銘柄
文佳人 純米酒
文佳人 純米吟醸 吟の夢
文佳人 特別純米 リズール
男の辛口 酔さ来い たいら 純米酒


土佐山田駅から徒歩5分。
駅前の大通りに姿を現す、まだ真新しい白壁の建物が、文佳人ぶんかじん)という日本酒を造る株式会社アリサワです。
文佳人|株式会社アリサワ

創業は明治10年、現在は5代目の有澤 浩輔さんが蔵の代表取締役であり同時に酒造りの責任者の杜氏をされています。


写真の方が蔵元・杜氏の有澤 浩輔さんです。
文佳人 アリサワ5.jpg写真は釜場付近です。
文佳人では、「吟醸こしき」と呼ばれる、蒸気の吹き出し口にプレートヒーターが備えられ、100度〜105度の高温蒸気で米を蒸します。


仕込み中のタンクの醪(もろみ)を見せていただきました。
文佳人 アリサワ2.jpg文佳人とは、この蔵の2代目が命名した酒名です。
「文の佳人」、教養にあふれた人でという意味だそうです。

文佳人は地元向けのレギュラー商品に加えて、県外向けの特定名称酒の2種類あります。

特定名称酒については原酒での出荷が多く、他の高知の地酒と比べ、味が濃く飲み応えのある酒との事。しかし原酒と言われないと、気付かないほど飲みやすお酒だそうです。

一番売れている酒が、文佳人 純米酒
蔵元が一番、期待している酒が文佳人 純米吟醸 吟の夢

純米酒以上は全てビン貯蔵されているとの事です。


こちらが見せていただいた醪(もろみ)です。
文佳人 アリサワ4.jpg
文佳人では、お酒を搾る機械は昔ながらの槽(ふね)のみ。
文佳人 アリサワ3.jpg1機は積み直し作業を必要としない槽(ふね)。
この槽だと1日で搾りを終える事が出来ます。普通酒はこの積み直しをしない槽で酒を搾るそうです。


槽による搾りは3日くらいかかると聞いていました。
しかしこの槽だ、と1日で搾り終えると説明を聞き、感心する吾郎。
文佳人 アリサワ7.jpg
右の方が蔵元の奥様です。夫婦の二人三脚で蔵を経営されています。
今回、ご訪問させていただいた際に、仲が良さそうな感じがしましたので並んで記念撮影に入っていただきました。
文佳人 アリサワ6.jpgお忙しい中、ご訪問させていただきありがとう御座いました。

商品の購入・質問は株式会社アリサワへお問い合せ下さい。
TEL:0887-52-3177 「文佳人醸造元 株式会社アリサワ
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t446

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。