2010年10月27日

南 みなみ|玉の井 たまのい|有限会社 南酒造場

南 みなみ|玉の井 たまのい|有限会社 南酒造場

所在地:高知県安芸郡安田町大字安田1875
銘柄:南 みなみ,玉ノ井 たまのい
創業:明治2年 (酒造業では5代、歴代では15代)
杜氏:但馬杜氏
仕込み水:軟水(剣山の伏流水)
訪問日:2010/10/27

代表銘柄
南 純米中取り
南 純米吟醸 無濾過 生酒
玉の井 金紋上撰

大量生産はしたくない。
自分の目が届く範囲しか酒を造らない。
地酒専門店の中で、高知県の地酒でもっとも取引困難といわれている銘酒がです。
南 玉の井|有限会社南酒造場

年間製造量は約500石。
9割以上が純米酒。
同じく製造の9割が県外出荷。

高知県内の酒屋でも、南を扱えるのはほんのわずかな小売店だけ。

蔵は土佐しっくいと言われる、とても壁が分厚く耐熱性、耐久性に優れた素材。
南酒造場4.jpg壁から突き出した小さな屋根は「水切瓦」と言われ、段数が多く瓦の枚数が多い事が豊かとされているそうです。

南酒蔵場が造る酒「」は、「酒を主役」と考える、居酒屋の酒。
酒を飲む事を目的に行く居酒屋。つまみは酒を飲む為のあて。

2杯〜3杯と次々にお代わりしたくなる酒。その為には、綺麗で香りも良くてしっかりと味もある酒。

南酒造場3.jpg


写真は釜場の天井です。
クレーンで持ち上げた釜を移動させるレールがあります。
光の量も多く清潔な釜場でした。
南酒造場2.jpg
杉ばりの麹室です。
魚梁瀬(やなせ)杉といわれる、地元の名産の杉。
酒樽用としても珍重され、高知だけにとどまらず、全国から珍重された高級銘木です。
南酒造場5.jpg


写真の方が南酒造場の5代目当主。
南酒造場6.jpg普段は、取引のある酒販店しか蔵には入れてもらえないそうです。
他の蔵元から「よく南酒蔵さんを訪問させてもらえましたね」と言われました。

今回私が「高知県の全ての酒蔵を訪問したい」という意思がご理解頂き、ご訪問させていただきました。



NSKエンジニアリング社製の圧搾機です。高知の酒蔵はNSKが多いような感じがします。
南酒造場7.jpg


こちらは地元向けの「玉の井」。
いかにも土佐流の淡麗辛口を想像させる外観。こちらもカツオのタタキ等で飲んでみたいですね。
南酒造場8.jpg


こちらが日本酒ファン垂涎の的、です。
南酒造場9.jpg
最後に訪問の証として蔵の前で記念撮影。
南酒造場11.jpg南酒造場は蔵見学は行なっておりません。
ただ四国88カ所酒蔵巡りの「第二十三番酒蔵札所」として登録されていますので、スタンプラリーとして訪問は出来るようです。
第二十三番酒蔵札所 南酒造場
http://www.a-kiss.net/sake88/index.cgi?Sshop=21

商品の購入・質問は有限会社南酒造場へお問い合せ下さい。
TEL:0887-38-6811 南,玉ノ井醸造元 有限会社南酒造場
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t441

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。