2010年10月27日

安芸虎 赤野|有光酒造場

安芸虎 赤野|有光酒造場

所在地:高知県安芸市赤野甲38−1
銘柄:安芸虎, 赤野, 玉川
創業:明治36年
杜氏:社員杜氏(土佐杜氏)
仕込み水:軟水 (赤野川の伏流水)
訪問日:2010/10/27

代表銘柄
安芸虎(あきとら) 純米吟醸 阪神タイガースラベル
安芸虎(あきとら) 純米酒
安芸虎(あきとら) 純米吟醸 たれくち無濾過生酒
安芸虎(あきとら) 純米吟醸酒 素 うすにごり生酒

高知県の安芸市というと阪神タイガースが度々キャンプとして訪れる地。
その地で、「安芸虎」という日本酒を造っている酒蔵が有光(ありみつ)酒造です。
安芸虎 赤野|有光酒造場

阪神タイガースからライセンスを得てこのような地酒を造っておられます。
左のお酒は主力商品の安芸虎 純米吟醸。虎のシッポがはみ出ているラベルが可愛いです。
有光酒造場3.jpg後ろに立たれている口ひげを蓄えた方が4代目の蔵元、有光尚(しょう)さんです。
とても穏やかで優しい方です。



写真の方は有光酒造で杜氏を勤めている尾木芳之さんです。
有光酒造場4.jpg尾木杜氏も笑顔が素敵な方です。二人ともとても感じの良い方で、とても心地の良い蔵見学をさせていただきました。


有光酒造は、現在年間製造数が200石という、とても小規模生産の酒蔵です。
しかし小さくても存在感が有ります。
有光酒造場5.jpg造る酒の9割が特定名称酒。

土佐流の淡麗辛口だと特徴が出しにくい、という事から高知の他の酒と比べて格段に味が濃い酒。
しっかり味のある酒を造っているとの事。

杜氏さんが活性炭素濾過を嫌うため、造る酒の大半は無濾過。その為、酒には色があります。


写真は麹室です。大吟醸から普通酒まで全て「箱麹法」を用いているとの事。
有光酒造場6.jpg

ご覧の通り、仕込みのタンクも小規模です。
天井に吹き付けがあるように、空調によって冷却された部屋で酒造りが行なわれています。
有光酒造場7.jpg

お酒を搾るのは写真の「槽(ふね)」のみ。
圧力が弱く搾り終えるのに約2日かかることから、2代体制で酒を搾ります。
有光酒造場8.jpg
最後に訪問の証として記念撮影です。
有光酒造場9.jpg有光酒造は一般の方の蔵見学は行なわれていませんが、四国88カ所酒蔵巡りに加盟されている蔵元です。蔵に売店や試飲コーナがございます。
国道55号線から見える、交通の便の良い場所に蔵があるので、是非ともご訪問下さい。

商品の購入・質問は有光酒造場へお問い合せ下さい。
TEL:0887-33-2117 安芸虎醸造元 有光酒造場
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t439

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。