2010年10月26日

豊の梅 とよのうめ 高木酒造株式会社

豊の梅(とよのうめ) 高木酒造株式会社

所在地:高知県香南市赤岡町443
銘柄:豊の梅(とよのうめ), 土佐金蔵
創業:明治17年 5代
杜氏:蔵元杜氏(土佐杜氏)
仕込み水:中軟水(物部川の伏流水)
訪問日:2010年10月26日

代表銘柄
豊の梅 大吟醸しずく酒 吟の夢
豊の梅 土佐宇宙酒 純米大吟醸
豊の梅 辛口純米酒
豊の梅 おり酒
土佐金蔵 純米酒

土佐の人たちは男女共に豪快に酒を飲まれます。

それを代表するのが「どろめ祭り」。
日本酒を一気呑みをして、そのタイムと飲みっぷりの良さを競うイベントです。
飲む量は、男は1升、女性はその半分の900ml。


お酒の一気飲みを町をあげて行なわれているのは、高知県の赤岡町のみ。


その土佐の大酒のみのメッカ、赤岡町に5代続く蔵元が豊の梅を造る高木酒造
もちろん、どろめ祭りで一気のみに使われている日本酒は、高木酒造豊の梅です。

豊の梅 とよのうめ 高木酒造株式会社




高木酒造3.jpg豊の梅が目指す日本酒は高知の県民気質にあった酒。
高知の県民気質とは「いごっそう」と言わる、豪快、頑固、熱しやすい人々。
そういった方に理屈抜きで飲んでもらう普段の生活にとけ込んだ酒。


高木酒造2.jpg現在は、5代目の高木直之さんが力を入れているのが、高知県の酒造好適米「吟の夢」を用いた酒。

吟の夢という米は、台風が頻繁に通る高知県において、山田錦に勝る県オリジナルの酒米が作れないかと、10年の歳月を費やし開発された酒米です。

台風に強く、芯白の発生率が山田錦よりも高く、高知県期待の酒米です。

その吟の夢で造った酒で、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したのは、高木酒造のみです。
高木酒造の代表酒にすべく、頑張っておられます。

写真の方が高木直之さんです。
手に持たれているお酒は、「まるはりヌーヴォ」。新高梨と日本酒で造ったお酒です。
高木酒造5.jpgそしてもう一つの代表酒が「おり酒」。
こちらは4代目の直之さんが考案された酒で、風鳴子(かぜなるこ)という早稲品種で造った酒です。
8月には米の収穫が可能で、9月には新米によって造られる新酒の発売が可能。

東京ビックサイトで開催された美酒鑑評会にて個性派部門で2位(好きでは1位)に輝いた実績が有る酒です。地元で大人気との事。


写真の真ん中の酒が直之さんが力を入れている 「豊の梅 純米吟醸 吟の夢仕込み」。
高木酒造4.jpg

蔵は高知市内から近く、国道55号線沿いのアクセスの良い場所に位置しています。
一般の方の蔵見学も受け付けていて、蔵の売店で豊の梅、おり酒などが購入可能。

国道55号を車で走っていると突然姿を現します。ふらっと訪問されてはいかがでしょうか。
高木酒造6.jpg
商品の購入・質問は高木酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0887-55-1800 豊の梅(とよのうめ)醸造元 高木酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t437

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。