2010年10月18日

原田|株式会社はつもみぢ

原田|株式会社はつもみぢ

所在地:山口県周南市飯島町1-40
銘柄:原田
創業:文政2年 12代
杜氏:蔵元杜氏(大津杜氏)
仕込み水:中硬水(鹿野伏流水)
訪問日:2010/10/19

新進気鋭の酒蔵発見!

山口県周南市の市街地に位置する酒蔵「はつもみぢ」。

蔵の周囲はビジネス街のようなマンションやビルが並ぶ都会です。
こんな街中に酒蔵があるのでしょうか?

そんな場所に姿を現したのが「原田」という地酒を造るはつもみぢです。

原田|株式会社はつもみぢ

人は見た目で判断してはいけません。
酒蔵も同様に見た目で判断してはいけません。

蔵は上記の建物以外に、隣に5階建てのビルのような建物があります。
ビールの空ビン等が山積みされています。問屋業もされているようです。
なんと1階には居酒屋がテナントとして入っています。

正気、見た目では酒造業に力を入れているように見えない蔵なのですが、実はとても魅力ある素晴らしい蔵なのです。



はつもみぢは文政2年(1819年)創業で12代も続く酒蔵です。
しかし、この蔵は20年ほど酒造りを休んでいました。

5年前の2005年。長男の原田 康宏さんによって酒造りを復活されました。



写真の方が酒造りを復活させた康宏さんです。
ところで左にあるドラム缶のような物は何をする道具か解りますか?
原田 はつもみぢ3.jpg

原料米を蒸す釜です。私が今迄見て来た蔵の中で最も小さな釜です。
何か五右衛門風呂みたい。(笑)
原田 はつもみぢ2.jpg

何故、酒造業を復活されたのでしょうか?

そのきっかけは「全国きき酒選手権大会」でした。
康宏さんは、きき酒が得意で山口県では優勝は常連。中国地区でも2回優勝された事があります。

そして全国大会で2位という成績をとった時に、新聞に載ってしまいました。

その記事を見た消費者が、きき酒能力がとても高い蔵元なので、酒も美味しいだろう。
そう思って「はつもみぢ」を口にされたのですが、残念な事に期待はずれのお酒・・。

蔵元が利き酒大会で準優勝をして新聞にまで載った。しかしその程度の酒しか造っていないのか。

消費者からそのような評価を受けた事がきっかけで、自分の蔵で酒造りができれば・・・。そして納得のいく良い酒を世に出して「素晴らしい酒だね」と評価されたい。そのような気持ちが芽生え始めたそうです。


しかし、蔵は20年も酒造りをしていません。
酒造りの道具なんて蔵に残っていません。

その上、蔵の1階部分は居酒屋に貸しています。

機材も土地もありません。

小さな蔵が酒造りを再開するにあたり選んだ手段は「四季醸造」でした。



ご覧下さい。左に並んでいるのが仕込みタンクです。
1仕込みは300キロ。
原田 はつもみぢ4.jpg
四季醸造のメリットはご覧のように小規模な仕込みが行なえる事。
一般的な寒造りだと「冬期に1年分のお酒を生産」しなくてはいけません。
10月〜翌年の3月の間に一気に酒造りを行ないます。酒造業ではそれが常識かもしれませんがパワープレーなんです。

もし1年かけて酒造りを行なう事が出来ればゆっくりとしたペースで酒を造る事が出来ます。

はつもみぢでは四季醸造の設備を入れる事によって、造りの規模を300キロという小仕込みを実現。この規模だと広いスペースが必要有りません。

造りの期間が冬期のみでしたら、300キロだと本当に少量しか造る事が出来ません。
しかし1年中製造ができれば300キロの仕込みでもそれなりの数量を生産する事が出来ます。
パワープレーを必要としないので、雇う人の数も少なくて済みます。


蔵の後継者が酒造りの技術を習得するにあたっても、1仕込みのペースを広げて、修正を加えつつ1本つづ仕上げて行く事で酒質を高める事ができます。高品質少量生産を行なおうとする、小さな酒蔵にとって四季醸造はメリットがあったのです。

原田 はつもみぢ5.jpg
年間製造数はわずか100石。

昨年で普通酒の製造を廃止され、造られている酒は全て下記の特定名称酒。

原田 本醸造
原田 純米酒
原田 純米吟醸
原田 純米大吟醸

しかも純米比率が75%
いずれ全量純米酒になる日も近いのではないでしょうか。

柔らかく甘口の優しい味わいが特徴の酒だそうです。

現在は蔵元の売店と地元の山口県の一部の酒販店でしか販売されていません。

生産量が100石程度だと、あの酒屋とあの酒屋が仕入れたら直ぐに無くなりますよ。

同様に山口県には四季醸造の設備を入れる事で少量高品質生産を行なう蔵が他にもあります。

酒蔵は見た目で中身を決めては行けません。山口の小さな酒蔵は要チェックですよ。


最後に仕込み部屋で記念撮影。
原田 はつもみぢ6.jpg
仕込みタンクはブロック2段積みでこの高さです。
左側の緑のタンクを見た戴いたら解りやすいのですが、ほんとうに酒母タンク並みの小仕込みです。

商品の購入・質問は株式会社はつもみぢへお問い合せ下さい。
TEL:0834-21-0075 原田醸造元 株式会社はつもみぢ
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t424

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。