2010年10月18日

五橋(ごきょう)|酒井酒造株式会社

五橋 酒井酒造株式会社

所在地:山口県岩国市中津町1-1-31
銘柄:五橋
創業:明治4年 5代
杜氏:社員杜氏 大津杜氏
仕込み水:軟水(錦川伏流水)
訪問日:2010/10/18


山口県を代表する地酒「五橋ごきょう)」。
酒屋をはじめ、駅のお土産屋さん、コンビニに至る迄、あらゆる場所で必ず置いていると言っても過言では有りません。
五橋(ごきょう)|酒井酒造株式会社

かつて山口県の酒蔵の多くは、大手の下請けという立場で酒を造っていた為、自社ブランドとして市場で通用する銘柄はほんの数社だったとか。
その為、隣県の広島や灘の大手の市場進出を簡単に許していた状況でした。

その状況下で、山口の地酒の中で広島や灘の地酒と対等に戦えたのが五橋でした。
今でも岩国の市場シェアは多く、日本酒を置いているお店には必ず五橋が並んでいると言っても過言では有りません。

左の方が5代目蔵元の酒井佑さんです。
五橋 酒井酒造3.jpg
写真の奥の金属製のドアにご注目ください。
仕込み部屋全体が密閉可能で、このドアを閉めて空調を利かせたら一年中酒造りに適切な温度を保つ事が出来ます。私が訪問した時期はまだ造りが行なわれていませんでしたが、設備的に四季醸造を行なう事も可能です。


写真の方が五橋の杜氏(酒造りの責任者)仲間史彦さん。
大津杜氏に所属されています。
五橋 酒井酒造2.jpg
岩国の酒蔵は水に恵まれている事です。
この蔵では錦川の伏流水が酒造りに用いられていますがクセが無い軟水です。

この地域は水が良い為に東洋紡、日本製紙、帝人(繊維)といった大企業の工場も進出されています。




酒井酒造の新しい取り組みが木桶を用いた酒造り。
五橋 酒井酒造4.jpg
現在、酒蔵で用いるような大きな木桶を作る事ができるのは大阪府の堺市に藤井製桶所の1社しか存在していないとか。


酒井酒造では、仕込み用の4000リットルクラスの木桶を2つ。
生もと造りを行なう為の小さな木桶を用い「味わい深い酒。味に面白さが有る酒」造りに力を入れていいます。

木桶で醸した生もと純米酒が全米鑑評会で金賞を受賞。しかも上位のトップ3に入っていたとか。

五橋 酒井酒造5.jpg

以下が五橋の商品ラインナップ。
五橋 酒井酒造6.jpg
日本酒ファン緒皆様「五橋 生もと純米酒」を見かけられましたら、要チェックです。
アメリカ人も認めた木桶仕込みの生もと造りの純米酒の味とはどのようなものなのか?
是非、お確かめください。


最後に訪問の証として蔵の前で記念撮影。
お忙しい中、蔵元と杜氏さんにご案内していただきました。
有り難うございました。
五橋 酒井酒造7.jpg


商品の購入・質問は酒井酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0827-21-2177 五橋醸造元 酒井酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t421

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。