2010年07月22日

三笑楽(さんしょうらく)|三笑楽酒造株式会社

三笑楽(さんしょうらく)|三笑楽酒造株式会社

所在地:富山県南砺市上梨678番地
銘柄:三笑楽(さんしょうらく)
創業:明治13年 1880年 7代
杜氏:蔵元杜氏 能登杜氏所属
仕込み水:軟水
訪問日:2010/07/22

写真は五箇山(ごかやま)の合掌造り集落です。
この集落から車で5分くらいの場所に三笑楽酒造があります。

三笑楽(さんしょうらく)|三笑楽酒造株式会社

合掌造りの集落が見えたので思わず立ち寄ってしまいました。



そして三笑楽酒造に到着。
三笑楽酒造2.jpg
事前情報では「感動するような場所に蔵がある」と聞いていましたが、確かに蔵の近くにも合掌造りの家が建っていました。

この地域には五箇山(ごかやま)豆腐というというお豆腐があり、縄でしばっても形がくずれない堅さが特長との事。


日程が許すなら、合掌造りの民宿に一泊して、五箇山豆腐といっしょに三笑楽を楽しみたいと思いました。


蔵の裏山にはブナの原生林があるそうです。
この辺りは豪雪地帯ですが、ブナの原生林が雪崩を防いでくれているとの事。
三笑楽酒造3.jpg


写真は釜場です。和釜を使っています。
天井の木材が、まだ新しいですね。釜は使い込まれていますが、機械も新しい感じがします。
三笑楽酒造4.jpg

写真はこの蔵の当主であり、酒造りをされている山?英博さんです。
三笑楽酒造5.jpg麹室は平成18年に改築されたそうで、真新しさを残しています。秋田杉が貼られているそうです。


三笑楽は富山県の酒蔵ですが、位置的には山の中です。
その為、蔵の周囲は海の幸ではなく、山の幸が中心になります。

イノシシや鶏肉、保存の為に、塩辛い料理が多いので、味の線が細いと酒が負けてしまいます。

その為、三笑楽は山廃仕込を用いて骨の有る酒を造られています。

またこの地域は、晩酌は燗酒が基本です。
燗酒にして美味しいお酒。それでいて骨の有る酒、

というのが三笑楽の持ち味です。



解放タンクで酒を仕込まれています。
理由は「泡が有った方が面白い」から、だそうです。
三笑楽酒造6.jpgこの辺りは、冬は寒すぎるため、逆に蔵を保温しなくては行けないとの事。
秋の造りの初めの時期や、春の終わりの時期にだけにジャケット巻いてタンクを冷やすそうです。



骨格を良くする為に、山廃の純米酒はあえてタンク貯蔵。少し空気に触れさせて熟成を進めて味乗りをさせて出荷されます。

このようなお話を聞かせていただくと、是非とも郷土料理と一緒に飲みたいものです。

日程が許すなら、合掌造りの民宿に一泊して、地元の郷土料理や五箇山豆腐といっしょに三笑楽を楽しみたいと思いました。

商品の購入・質問は三笑楽酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0763-66-2010 三笑楽醸造元 三笑楽酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t395

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。