2010年07月20日

北洋 | 本江酒造株式会社

北洋 本江酒造株式会社

所在地:富山県魚津市本江新町6番1号
銘柄:北洋(ほくよう) 越中懐古
創業:1925年
杜氏:五十嵐 武夫(越後杜氏)
仕込み水:軟水
訪問日:2010/07/20


大正14年創業の蔵元、北洋 本江酒造株式会社

ホタルイカ、ブリ、ベニズワイガニ、といった富山湾を代表する魚介類が水揚げされる魚津港。
北洋漁業の拠点として栄えたことから、酒銘を「北洋」と命名されました。
写真の方は、蔵元である宮内浩行さんです。
北洋 本江酒造株式会社

昔ながらの和釜です。黒光りしていて重厚感がありますね。
本江酒造1.jpg
新鮮な魚介類が豊富な富山県の日本酒は、お刺身などの淡泊な料理に合わせて飲むことが多い為、淡麗辛口の酒が多いです。

昭和の終わり頃までは日本で一番辛口の酒を造る県であったそうです。(日本酒度が一番高い県)
対照的に広島県は日本一甘口の酒を造る県でした。

しかし、近年は一言で「淡麗辛口」と言っても、様々なバリエーションの酒があります。

本江酒造が造る「越中懐古」という純米酒は、酸が特徴の辛口酒です。

酸を利かせている理由は、ブリ等の脂が乗った魚の場合、優しい味わいの純米酒だと脂っぽさが口に残ります。
そこで、脂の乗った魚にも合わせられるよう、酸を利かせた味わいの酒にしているとのことです。

こんな話を聞かされますと、脂の乗ったブリの塩焼きに、酸が効いた越中懐古を合わせてみたくなります。
今度は冬に訪問して、是非とも蔵元お勧めの飲み方を楽しんでみたいと思いました。


最後に貯蔵タンクの前で記念撮影。
蔵元はとても感じの良い方で、楽しい蔵訪問となりました。
本江酒造3.jpg

商品の購入・質問は本江酒造株式会社へお問い合わせ下さい。
TEL:0765-22-0134 北洋醸造元 本江酒造株式会社
ここに書かれているデータは筆者が訪問した時点の情報でございます。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t383

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。