2010年07月20日

おわら娘 | 玉旭酒造有限会社

おわら娘 玉旭酒造有限会社

所在地:富山県富山市八尾町東町2111
銘柄:おわら娘
創業:1808年 13代
杜氏:蔵元杜氏
仕込み水:軟水 常願寺川の伏流水
訪問日:2010/07/20


富山県八尾町に2軒残る蔵元の内の1つが「おわら娘」という酒を造る玉旭酒造
おわら娘 | 玉旭酒造有限会社

製造石数は平成21酒造年度で約300石。
その大半は地元に出荷されています。




写真の方がこの蔵で酒を造る13代目蔵元、玉生貴嗣(たもうたかつぐ)さんです。
玉旭酒造2.jpg玉旭酒造で造られるお酒は、「淡麗辛口」タイプが中心です。
富山県は海の幸、山の幸、共に豊富です。
お料理の味付けは、いずれの素材の味も楽しめるあっさりした物が多く、お酒もそれらに合った淡麗辛口系がピッタリだということです。

しかし、杜氏は花酵母にも興味があり、富山県の特産品「チューリップ」から採取された酵母で女性向けの甘口のお酒を造られる等、新しい試みもされています。

ちなみに花酵母は自ら採取して培養されるとのことです。



こちらは仕込み蔵です。ご覧の通り開放タンクですね。
特定名称酒は全量瓶貯蔵されているとのこと。
玉旭酒造3.jpg今回は北日本放送のニュース番組の取材がありました。
訪問した日の夕方16:15からのローカルニュース、「ニュースエブリ」で紹介されました。



こちらは釜場の天井です。吹き付けが施されています。
玉旭酒造4.jpg


仕込み水は天然の水です。常願寺川の伏流水が使われています。
軟水です。柔らかくクリアーな味わいでした。カメラマンの方も飲まれています。
玉旭酒造5.jpg玉旭酒造がある富山県八尾町はとても懐かしい感じがする町で、まるで田舎の実家に帰って来たような感覚がしました。

この地域は毎年9月1日〜3日まで「おわら風の盆」というお祭りが行われ、3日間で全国から約20万人が訪れるそうです。


お祭りの期間中は、蔵を開放されるそうで、蔵の玄関先でお酒が楽しめるとのことです。

前夜祭が8月20日〜8月30日まで行われます。
こちらだと本番ほど混雑しないので落ち着いて楽しめると思います。

おわら風の盆に行かれる際には是非、玉旭酒造にも寄って地元の日本酒の味を楽しんでみて下さい。


商品の購入・質問は玉旭酒造有限会社へお問い合わせ下さい。
TEL:076-455-1331 おわら娘醸造元 玉旭酒造有限会社
ここに書かれているデータは筆者が訪問した時点の情報でございます。


この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t379

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。