2010年06月18日

今錦|米澤酒造株式会社

今錦 米澤酒造株式会社

所在地:長野県上伊那郡中川村大草4182-1
銘柄:今錦いまにしき
創業:1907年 4代
杜氏:社員杜氏 諏訪杜氏所属
仕込み水:軟水(南アルプス)
訪問日:2010/06/18


山の上にある酒蔵 今錦いまにしき) 米澤酒造
今錦|米澤酒造株式会社

国道153号線を伊那から飯田方面に進み、坂戸峡という所で国道を離れ、「こんな所に本当に酒蔵があるのかな?」と思うような山道を、上へ上へと上って行くと米澤酒造に到着しました。


蔵に到着して最初に案内されたのは井戸。
この蔵の自慢は仕込み水で、水が大変きれいだそうです。
試飲させて頂きましたが、とても爽やかな水です。
南アルプス系の軟水だとのことです。



写真は釜場と天井です。補修のあとが見られます。
米澤酒造1.jpg



釜はご覧の通り「和釜」です。
もう50年もこの釜で米を蒸していらっしゃるそうです。
米澤酒造2.jpg



仕込み蔵はこんな感じです。足場はしっかりしています。
米澤酒造5.jpg



この蔵は、全量この槽で酒を搾っているとのこと。
ヤブタは無いそうです。
米澤酒造6.JPG
しかも木の槽(ふね)です。
中を撮影するとこのような文字が書かれていました。
搾った後の酒粕はしっとりとしていて、地元でも大変評判が良いそうです。
米澤酒造3.jpg

麹室はこんな感じです。青色の壁です。
米澤酒造4.jpg
この蔵では地元産の美山錦、ひとごこち等を用いて酒を造っていますが、特に中川村飯沼地区の棚田で取れる美山錦にこだわっていらっしゃいます。

そこの棚田にはオタマジャクシがいっぱい棲んでいるそうです。

そこで、名付けられたのが「今錦 特別純米酒 おたまじゃくし」という酒です。
米澤酒造7.jpgオタマジャクシは成長するに連れて前足、後ろ足が生えます。

この酒は、搾り立てのあらばしりから熟成酒に至る迄、お酒が成長するごとに出荷される商品です。

搾りたての新酒には、左のオタマジャクシのラベルが貼られています。
次に生原酒に足が表れたオタマジャクシのラベルが貼られます。
最後に火入されたものには右の足が生えたラベルが貼られます。

とてもユニークなラベルのお酒です。



最後に蔵の前で記念撮影。
米澤酒造8.jpg米澤酒造では特定名称酒にも力を入れておられ、何よりも全量木槽で搾っていることは特筆すべき点かと思われます。こういう蔵が長く残ってくれることを願います。



商品の購入・質問は米澤酒造株式会社へお問い合わせ下さい。
TEL:0265-88-3012 今錦醸造元 米澤酒造株式会社
ここに書かれているデータは筆者が訪問した時点の情報でございます。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t375

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。