2010年06月17日

笑亀(しょうき)|笑亀酒造株式会社

笑亀(しょうき) 笑亀酒造株式会社

所在地:長野県塩尻市塩尻町140
銘柄:笑亀(しょうき)
創業:1883年 5代 
杜氏:蔵元杜氏
仕込み水:硬水
訪問日:2010/06/17


塩尻市の郊外、塩尻から伊那に向かう三州街道と呼ばれる国道153号線沿いに笑亀酒造(しょうきしゅぞう)があります。
笑亀(しょうき)|笑亀酒造株式会社

笑亀(しょうき)という名前の由来は、「笑」という言葉と、長寿を意味する「亀」で、「このお酒を飲んで笑って長生きしましょうね」という意味だそうです。
良い名前ですね。



蔵に入って一番最初に目を引いたのが仕込み水。
酸化還元電位150
専門家をうならせた奇跡の仕込み水と書かれています。
笑亀酒造2.jpg

更に「はげ頭に毛が生えたとか!」というコピーが。
特殊な石で濾過しているようです。ちなみに仕込み水は硬水だそうです。
笑亀酒造3.jpg

上から見るとこんな感じです。
この石で濾過しているそうです。
笑亀酒造4.jpg


釜場とその天井です。
天井までは、それほど高くなく、写真のように釜の上は湯気が抜けるようになっています。
笑亀酒造6.jpg
酒造りに用いる原料米は美山錦が中心。
長野県の料理は山の幸が多く、濃い味付けのお料理が多い為、お酒もお料理に合った少し濃い目の物が好まれるそうです。
笑亀は、スッキリしながらも米の旨味が感じられるお酒が中心です。
笑亀酒造10.jpg左の「吟玉(ぎんだま)」は5月22日〜23日に行われた蔵祭りの際に蔵の中で販売されたお酒。
普通酒に純米大吟醸が14.8%ブレンドされている酒。1升瓶で2200円です。(安いですね)
からから大王は辛口の普通酒。こちらは1升瓶で1785円。



地元での消費が中心の蔵元ですが、出品酒等、大吟醸酒も造っておられ、サーマルタンクも置かれていました。
笑亀酒造7.jpg


最後に記念撮影です。
次は蔵祭りの時に訪問したいです。
笑亀酒造9.jpg
商品の購入・質問は笑亀酒造株式会社へお問い合わせ下さい。
TEL:0263-52-0302 笑亀醸造元 笑亀酒造株式会社
ここに書かれているデータは筆者が訪問した時点の情報でございます。


この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t367

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。