2013年11月22日

福祝(ふくいわい)|藤平酒造合資会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 339蔵目

福祝(ふくいわい)|藤平酒造合資会社

千葉県君津市久留里市場147


酒名:福祝(ふくいわい) ■創業:享保元年(1716年)9代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派) ■仕込み水:中硬水 ■訪問日:2013/11/22

代表銘柄
福祝 播州山田錦 五割磨き 純米吟醸
福祝 特別純米酒
福祝 備前雄町 五割磨き 純米大吟醸酒

福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|外観
藤平酒造合資会社は享保元年に創業した現在で9代続く酒蔵です。

元々は今、蔵がある場所ではなく小櫃川(おびつがわ)の川沿にある本家が酒、醤油を造っていましたが、幕末の嘉永期に川が氾濫し蔵に水が浸かってしまいます。

本家は酒造業以外にも醤油業、山林業など様々な商いをしており、高台にあり難を逃れた分家の久左衛門氏が酒造業を継ぐことになります。

そのような経緯から藤平酒造では、最初に酒蔵が創業した享保元年を創業年とし、創業者の名前は嘉永期に蔵を継いだ久左衛門氏となります。

蔵が位置する久留里(くるり)は、江戸時代は徳川の譜代が藩主を務めた久留里城がある城下町。 一時期は天領だった時代も有り、締め付けが弱かったのかもしれません。

人口1千人規模の村ですが、その小さな中に今でも酒蔵が4件も残ってる事から、昔は賑わっていた事が伺えます。

福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|古い看板
かつての屋号は藤崎屋といい、藤久盛(とうきゅうざかり)という酒名の酒を製造。

現在の主力銘柄「福祝」は昭和55年に先代の蔵元が命名。
おめでたい時にお酒を飲みますが、めでたさが重なるようにと、お目たい言葉「福」「祝」を重ねて福祝という酒名が誕生します。

福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|商品

福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|商品

福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|店内

写真の二人は蔵の後継者で酒造りを行う藤平兄弟。
福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|兄弟

蔵は昔は越後から杜氏が来て酒造をしていたそうですが、先代の時代に南部杜氏に変更。
後継者の藤平兄弟が、その南部杜氏から酒造りを学び、平成12年から兄弟二人による酒造りがスタート。

幸先良く初年度からいきなり全国新酒鑑評会で金賞を受賞します。
南部杜氏から酒造りを学んだものの、特に南部の県外杜氏などには所属せず流派は無所属。

酒造りに用いる水は「久留里の生きた水」という名が付けられた地下水。
飲んだ時には柔らかく感じるものの水質は中硬水。

城下町として賑わい、米と水が豊富でおまけに水は発酵力が強い。
道路となる川があった事から、この地域には沢山の酒蔵があったのでないでしょうか。

写真は釜場。
福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|釜場

毎年11月の上旬から酒造りがスタートし、造りが終了し皆造を迎えるのはゴールデンウィーク頃。

年間約20本という仕込み本数ですが、1本1本丁寧に仕込みたい事から、1本の仕込みが終わったら次の1本の仕込みを開始する、という広い間隔で仕込みを行っているとの事。
その為に期間が長くなってしまうのですが、生産量は年間で250石から300石ほど。

写真は酒母です。
福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|酒母

福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|酒母

写真は仕込み部屋。
福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|仕込み部屋
大きなプレハブ冷蔵庫の中に仕込みタンクが並んでいます。

この槽(ふね)1台だけで酒を搾ります。
福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|槽場

酒造りに用いる原料米ですが主に兵庫産の山田錦を使用。
それ以外には雄町、愛山、富山の五百万石。

良く売れている酒は、山田錦を50%まで精米した純米吟醸。
あと同じく山田錦55%精米の特別純米酒。

純米吟醸 山田錦は吟醸香が程々あり、味わいに膨らみがあって切れが良い酒。
特別純米 山田錦は旨味を優先した酒で、凝縮した味わいにより「うま甘く」感じる酒。

兄弟がイメージする酒は、フレッシュで香りがある酒。
味わいと香りのバランスが取れ、かつ切れの良い酒を造っていく事が目標だそうです。

4〜5年くらい前から首都圏には出て行っているのですが、現在の製造石数だと流石に供給量が少なすぎるため、今の倍くらいの500石くらい製造できるようになり、首都圏をはじめ全国市場ににも積極的に展開していきたいとのこと。

最後に訪問の証の記念撮影。
福祝(ふくいわい) 藤平酒造合資会社|記念撮影
「久留里の生きた水」の美味しさに笑顔になる吾郎。

蔵の数が多い割には首都圏でヒットする銘柄がなかなか出てこなかった千葉県において注目の酒蔵の登場です。

若い後継者による新たな酒造り。
もう少し製造量が増えれば販売店を増やすことが出来ます。 そうすれば知名度が上がって来るでしょう。日本酒専門店にとって要注目の存在です。




商品の購入・質問は福祝(ふくいわい)|藤平酒造合資会社へお問い合せ下さい。
TEL:0439-27-2043福祝醸造元藤平酒造合資会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2379

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。