2013年11月20日

長命泉(ちょうめいせん)|株式会社滝沢本店

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 334蔵目

長命泉(ちょうめいせん)|株式会社滝沢本店

千葉県成田市上町513
蔵元のサイト:http://www.nctv.co.jp/~takizawa/


酒名:長命泉(ちょうめいせん) ■創業:江戸末期 5代 ■杜氏:南部杜氏 ■仕込み水:中硬水 ■訪問日:2013/11/20

代表銘柄
長命泉 特醸
長命泉 吟醸辛口
長命泉 吟の舞

豆まきの時、必ずと言って良いほどニュースにされるのが千葉県の成田山新勝寺。
大きな力士が高い境内から豆をまく姿がテレビでニュースにされますが、筆者の地元にも成田山大阪別院(寝屋川市)があり、そこも毎年有名な方が来られて豆まきが行われています。

個人的には「交通安全」をお祈りする神社というイメージが強く、私の地元では新車を買った時に成田山でお祓いをしてもらう方が結構いるようで成田山のステッカーが貼られている車を目にすることがしばしばあります。

そんな全国にある成田山の大本山が新勝寺で、初詣の客数も東京の明治神宮に継ぐ日本で第2位。2013年の初詣には3が日だけで300万人もの人が参拝されたとか。 私が訪問したのは11月で成田駅周辺の飲み屋街には外国人観光客の姿を多く目にしました。

そんな国内外から観光客が多い、成田山の参拝道に位置する酒蔵が長命泉(ちょうめいせん)という酒を造る株式会社滝沢本店です。

長命泉(ちょうめいせん) 株式会社滝沢本店|外観

長命泉(ちょうめいせん) 株式会社滝沢本店|店頭
株式会社滝沢本店は江戸末期に滝沢栄蔵氏が創業した現在で5代続く酒蔵です。

滝沢栄蔵氏は越後出身という事は判っているそうですが、どういう経緯で関東に来て、何をされてから酒造業に参入したのか?という経緯は不明。

ただ江戸末期に成田山新勝寺に参拝された時に、宿泊した場所の水の良さに感銘を受け、現在の場所に酒蔵を創業した、という事が伝えられています。

今でこそ蔵は駅から成田山に向かう参拝道の中心部分に位置しますが、当時は蔵がある場所は成田村の村外れだったそうです。

明治以降、鉄道が引かれる際に村の中央に煙や火の粉を飛ばす汽車を走らせる事が出来なかった為、当時村外れだった場所に駅が建てられる事になったのですがそれが今の成田駅。

成田駅の誕生によって、駅から成田山に向かう中間くらいに蔵が位置するようになった為、村外れだった場所が時代とともに参拝道の中心的な位置に変化します。

創業当初の酒名は「長命(ちょうめい)」といい、これは成田山に参拝した人々が蔵の井戸水を飲み、とてもよい水である事から「この水のおかげで病気が治った、長生きができる」と評判となり、そこから命名。
後に「長命泉(ちょうめいせん)」と改名され、今でも蔵の主力銘柄です。

長命泉(ちょうめいせん) 株式会社滝沢本店|商品
成田山新勝寺には、現在ではお正月の3日だけで300万人。豆まきにも多くの方が訪れます。
造られる酒の大半が地元消費との事なので、写真の売店でもかなりの数のお酒が売れているのではないでしょうか。
私が訪問した日は平日の午前でしたが、店ではひっきりなしにお客様が出入りされていました。

写真は釜場です。
長命泉(ちょうめいせん) 株式会社滝沢本店|釜場

現在、滝沢本店では南部から杜氏と蔵人合わせて3名が来て、蔵の後継者の滝沢 直樹さん(余談ですが半沢直樹と一字違い)と社員の方が加わり酒つくりが行われています。

毎年11月頃から酒造りがスタート甑倒しが2月中旬で、年間で約400石の酒を製造。

南部杜氏は今の蔵元の代になってからで、それまでは越後から杜氏が来て酒造りをされてきたそうです。その為か今でも製造されている酒の味わいは淡麗辛口のさっぱりした辛口の酒が中心。

写真は麹室の入口。麹造りの真っ最中なので中は非公開でした。
長命泉(ちょうめいせん) 株式会社滝沢本店|麹室の入り口

写真は仕込み部屋。
長命泉(ちょうめいせん) 株式会社滝沢本店|仕込み部屋

今まで造ってきた長命泉については味は出来るだけ変化させないよう端麗辛口路線を維持する一方、大吟醸酒を始めとする従来のお客様がそう多くいないジャンルのお酒についてはカプロン酸系の酵母で香りを立たせてみたり、少し甘味を残し重くは無いけど味がしっかりした酒を造ってみたり、様々な試みを行っているとの事。

毎年味を見ては方向修正を行い「今どきの味」という表現が正しいかどうか解りませんが、新しい世代の消費者から美味しいと感じていただく味を研究されているとの事です。

訪問の証の記念撮影。
長命泉(ちょうめいせん) 株式会社滝沢本店|記念撮影
井戸の前で、蔵のルーツというべき水に驚く吾郎。

蔵は成田駅から歩いていける場所にあり、成田山参道に直売店もあります。
千葉県酒造組合のサイトによると蔵見学は可能。
成田山新勝寺に参拝される時に、訪問おすすめの蔵元です。




商品の購入・質問は長命泉(ちょうめいせん)|株式会社滝沢本店へお問い合せ下さい。
TEL:0476-24-2292 長命泉醸造元株式会社滝沢本店
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2373

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。