2013年10月03日

万両(まんりょう)、大手門|鈴木酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 333蔵目

万両(まんりょう)、大手門|鈴木酒造株式会社

埼玉県さいたま市岩槻区本町4-8-24
蔵元のサイト:http://sakekura.net/


酒名:万両(まんりょう)、大手門 ■創業:明治4年(1871年)6代 ■杜氏:南部杜氏 ■仕込み水:弱硬水 ■訪問日:2013/10/3

代表銘柄
万両 本醸造 辛口
大手門 大吟醸
吟の輝き 純米大吟醸

鈴木酒造株式会社は廃藩置県が行われた明治4年、新潟出身の農民、鈴木 芳兵衛氏が創業した現在で6代続く酒蔵です。
万両、大手門 鈴木酒造株式会社|外観
新潟の農家の家に生まれた鈴木 芳兵衛氏は、埼玉県の稲野町で造り酒屋を営む親戚を頼りに、出稼ぎに来ます。

親戚の蔵で一生懸命働いている間に、明治政府による日本酒の製造免許の規制緩和が開始。
酒造業を学んだ芳兵衛氏はこれを機会に独立します。

当時、岩槻に2件の名主さんがいたそうで、最初は名主さんから土蔵を借りて創業開始。
約14年間、名主の蔵で酒造りを続け、資金を蓄え現在の場所に土地を購入し自分の酒蔵を建てます。

創業当時の屋号は「騎西屋(きさいや)」といい、万両(まんりょう)という名の酒を造ります。
第二次大戦後、法人化し現在の鈴木酒造株式会社になります。

写真は創業者、鈴木 芳兵衛氏の肖像画。
出世男という銘柄の酒も造られていたようです。
万両、大手門 鈴木酒造株式会社|創業者
時代背景から、この時には恐らく髷は結ってなかったのでは?と話す蔵元。

この時期は西南戦争をはじめとする、様々な戦争需要によって日本酒製造業がとても繁盛したようで、騎西屋もその例に漏れず繁盛されたようです。

草津の温泉で知り合った浮世絵の絵師、歌川豊国の門人である歌川国周氏(くにちか)(豊原国周氏)を、蔵に住まわせて自画像や造りの絵を書かたり、福井県永平寺の大僧正に書いてもらった書を所有したりと、創業者が集めたコレクションは蔵の資料館で展示されています。

万両、大手門 鈴木酒造株式会社|商品
現在の主力銘柄の「万両」は江戸時代に、今の大関酒造が江戸送りの酒に付けられていた名前だったそうです。

しかし明治以降、大関に変わり、万両がつかわれなくなった事から、この蔵が万両を使うようになったとか。

万両、大手門 鈴木酒造株式会社|商品
万両の他には今から30〜40年前に出来たという「大手門」という銘柄があります。

大手門は大吟醸など特定名称が中心で、普段の晩酌酒は万両、高級酒は大手門と銘柄を使い分けているそうです。

埼玉県には35社も酒蔵がありますが、濃醇な酒を造る蔵もあれば、淡麗な酒を造る蔵もあります。
高級酒を造る蔵もあれば経済酒が中心の蔵もあり、バラエティーに飛んでいるの特徴。

その中で鈴木酒造が目指す酒とは、丸くソフトで飲みやすい酒。
これは仕込み水が丸いことと、蔵元の個人的な好みだとか。

水が丸いから水の特徴を活かした
軟水では無いのですが水が丸いのだそうです。

訪問の証の記念撮影。
万両、大手門 鈴木酒造株式会社|記念撮影
永平寺の大僧正に書いてもらった書に驚く吾郎。

蔵には豊原国周氏が書いた浮世絵をはじめ、昔使用されていた酒造りの道具などを展示した資料館があります。
醸造設備への見学は出来ませんが資料館なら気軽に訪問可能。
お近くに寄られた際には訪れてみてはいかがでしょうか。




商品の購入・質問は万両、大手門|鈴木酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:048-756-0067万両、大手門醸造元鈴木酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2372

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。