2013年06月03日

亀の尾(かめのお)|合資会社伊豆本店

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 327蔵目

亀の尾(かめのお)|合資会社伊豆本店

福岡県宗像市武丸1060
蔵元のサイト:http://www.kamenoo.com/


酒名:亀の尾(かめのお)、博多物語 ■創業:享保2年(1717年)11代 ■杜氏:久留米杜氏 ■仕込み水:弱硬水 ■訪問日:2013/03/25

代表銘柄
特撰 亀の尾
亀の尾 黄金の雫
吟醸 博多物語

亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|蔵の外観
合資会社伊豆本店は享保2年(1717年)に創業した現在で11代続く酒蔵です。

この地の大地主であった創業者は、豊富に得られる米の運用手段の1つとして、赤間宿にて酒造業を開始。しかし水に恵まれなかったのか、その後良い水を求めて現在の場所に移転してこられたとの事。

元々は伊豆半島から来られたそうで、出身地を忘れないための伊豆の性を名乗られた言い伝えられています。
これは推測ですが、かつては士族であり主君に仕えて伊豆からこの地に来て土地を与えられたのではないかと考えられています。

大正時代以前は富士山の絵を書いて漢字の一(八一)と書き、「にほんいち」と読ませる酒を造られていたそうです。
その当時は大変景気が良かったのか、新潟杜氏、灘の杜氏、地元の杜氏の3人に杜氏が来て、それぞれを競わせて酒を造っていたそうです。
その時に、新潟杜氏が持ってきた米「亀の尾」で造る酒が一番出来が良かった事から、大正8年に「亀の尾」という酒名が誕生。伊豆本店の主力銘柄になります。

写真は伊豆本店が大正時代に販売されていた「亀の尾」のラベルのコピー。
亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|昔のラベル
商標登録が行われたた事が記載されています。

蔵元の話によると大正時代に「亀の尾」で商標登録をされていたとの事ですが、亀の尾という米は背が高く倒れやすいことから量が取れる米ではなく、第2次大戦の米不足とともに生産性が低い米などの理由で姿を消します。
そして第2次対戦以降、伊豆本店が商標の更新をしなかった事から権利が失効してしまったとの事。

時代は流れ昭和後期。
新潟の久須美酒造が亀の尾を復活させて酒を造った事が話題となり、日本酒ブームも手伝って亀の尾が注目されるようになります。亀の尾サミットというイベントが全国各地で開催され、伊豆本店の蔵元もこのイベントに参加。
自社でも亀の尾を復活させようと、約200粒の種籾を手に入れ栽培を開始。
5年かけて酒造りが可能な30俵まで米を増やす事が出来たので醸造を開始。
出来上がった酒は福岡県の品評会で金賞(5番目以内)を受賞されたそうです。

現在は亀の尾を復活させた久須美酒造が商標権を持っています。

亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|看板

杉玉にいる亀のしっぽは本物の亀の尾の稲で作られています。
亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|杉玉

亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|亀の尾の記事

亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|琺瑯タンク
現在の伊豆本店ですが、原料米には亀の尾の他に山田錦を使用。

今年から福岡県が新たに開発した酒造好適米「寿限無(じゅげむ)」という米を使用。
寿限無は山田錦と夢一献を掛けあわせた品種で、山田錦の醸造に優れた特性を持つ一方、背丈が低く台風でも倒れにくいため、安定した米の確保が行われるのが特徴。
現在、寿限無を用いて酒造りをしている蔵は全国でまだ4蔵しかないとの事。

亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|槽場
毎年11月の下旬から酒造りを開始し2月上旬には甑倒し。
製造された酒は2月の蔵開きを待って販売されているとの事。

蔵開きは大盛況のようで、かなりのお酒が蔵開きの時に売れてしまうとか。

また蔵元は、福岡で有名な「椒房庵」「茅乃舎(かやのや)」を経営する、株式会社 久原本家の社長とは親戚だそうで、蔵は県外には積極的に進出されていませんが地元に根強いファンが多いとの事。

亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|商品

訪問の証の記念撮影。
亀の尾(かめのお) 合資会社伊豆本店|記念撮影
蔵のシンボル、煙突の前で撮影。

一般的なレンガは長方形ですが、それだと正方形の煙突は出来ても六角形は無理です。 そこで角が120度の特注のレンガを用い煙突が作られているとの事。 六角形の煙突に驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は亀の尾(かめのお)|合資会社伊豆本店へお問い合せ下さい。
TEL:0940-32-3001亀の尾、博多物語醸造元合資会社伊豆本店
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2366

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。