2013年03月12日

嘉美心(かみこころ)|嘉美心酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 321蔵目

嘉美心(かみこころ)|嘉美心酒造株式会社

岡山県浅口市寄島町7500-2
蔵元のサイト:http://www.kamikokoro.co.jp/


酒名:嘉美心(かみこころ) ■創業:大正2年(1913年)5代 ■杜氏:備中杜氏(社員杜氏) ■仕込み水:中軟水 ■訪問日:2013/3/12

代表銘柄
嘉美心 純米吟醸 無濾過 冬の月
嘉美心 秘宝 本醸造
名宝 嘉美心

嘉美心(かみこころ) 嘉美心酒造株式会社|外観
嘉美心酒造株式会社は1913年(大正2年)に藤井長十郎氏によって創業された現在で5代続く酒蔵です。

長十郎は酒造業を営む前は酢の製造業をされていたそうで、当時酒造業は成功すればたいへん儲かった産業だったので、酢の商いによって得た資金で酒造業に参入されたようです。

現在の酒名、嘉美心は二代目の松三郎氏が命名。
「神心」に他の文字で当て字をし嘉美心(かみこころ)と命名。

創業当時は蔵のすぐ近くまで海がきていたそうで、蔵の屋上から海の方を見て道の先のT字交差点辺りが海だったとの事。

嘉美心(かみこころ) 嘉美心酒造株式会社|屋上からの景色

海に近いせいもあって岩盤を突き抜けた地下深くまで掘られた井戸から地下水を採取し酒造りに使用。

水質は中軟水で水量はとても多く、2本の井戸から水を汲み上げて仕込みから道具の洗い物までほぼ全量を地下水でまかなる事が出来るとの事です。

写真は釜場。
嘉美心(かみこころ) 嘉美心酒造株式会社|釜場

酒造りに用いる米は全て岡山県産の米。 品種としては「あきひかり」の使用が最も多く、次に多いのは「あけぼの」。

毎年10月の頭から仕込みがスタート。
甑倒しが3月末。4月下旬のゴールデンウィーク前頃には皆造を迎えます。

前半は半仕舞い(2日にタンク1本)のペースで酒を製造。12月後半頃からは週2本ほどのペースで仕込み年間を通して52本をタンクを仕込みます。年間製造量は約1500石。

写真は仕込み部屋です。
嘉美心(かみこころ) 嘉美心酒造株式会社|仕込み部屋
蔵の主力商品ですが、県外は冬の月 無濾過生酒。 県内では名宝 嘉美心と言われる普通酒。

県外市場では嘉美心より冬の月の方が名前が通っているとの事。

岡山の酒の特徴は、全体的に旨口で優しい甘さを持つ酒だそうですが、嘉美心はその中でも際立って甘い酒が特徴。

蔵が位置する寄島は瀬戸内海に面した漁師町で、そこで捕れる瀬戸内の小魚は甘い味付けで食べるそうです。
蔵の近くにある醤油蔵も甘い醤油を造られているそうで、甘い醤油で煮込んだ小魚に合わせる酒は充分に利いた旨口の酒になります。

そのような背景から蔵は甘口の酒に特化するようになり、今では「日本一の甘口を目指す」を念頭に置いて甘口に拘った酒造りをされているとの事です。

その為、日本酒度の平均はマイナス7くらい。
マイナス5より辛い酒は殆ど無く、冬の月はマイナス4で蔵の中では最も辛い方にはいるそうです。

甘口で切れの良い酒とは相反する条件になる訳ですが、杜氏は甘味にポイントがあると考えているとの事。
グルコース値が多くなるとベタ甘になるので、オリゴ糖などグルコースではない甘味でを持たせる事で、ベタつかなスッキリした後味となるバランスポイントがあるのでは、と考えグルコース値には特に注意し製造されているそうです。

嘉美心(かみこころ) 嘉美心酒造株式会社|槽場

最後に訪問の証の記念撮影。 嘉美心(かみこころ) 嘉美心酒造株式会社|記念撮影
蔵の屋上からの景色に感動する吾郎。

左におられる方が杜氏の内倉さんです。
以前、丸本酒造から移籍され今年で4年目。取材中に私に「甘口の酒でいいお酒はないですか?」と逆取材を受けました。
甘口の酒造りにとても一生懸命に取り組まれています。今後素晴らしい甘口酒を世に出してくれることを期待します。




商品の購入・質問は嘉美心(かみこころ)|嘉美心酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0865-54-3101嘉美心醸造元嘉美心酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2359

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。