2013年02月28日

英君(えいくん)|英君酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 315蔵目

英君(えいくん)|英君酒造株式会社

静岡県静岡市清水区由比入山2152
蔵元のサイト:http://eikun.fc2web.com/


酒名:英君(えいくん)、英君(えいくん) ■創業:明治14年(1881年)5代 ■杜氏:社員杜氏(諸派) ■仕込み水:中軟水 ■訪問日:2013/2/28

代表銘柄
英君 純米吟醸 緑の英君 無濾過生原酒
英君 純米吟醸 橙の英君
英君 純米吟醸 紫の英君

英君(えいくん) 英君酒造株式会社|外観
英君酒造株式会社は明治14年(1881年)に望月昌策(しょうさく)氏が創業した現在で5代続く酒蔵です。

この地の大地主の家に生まれた昌策氏ですが、長男では無かったため家督を継げず分家として独立。丁度、明治の酒造免許開放の時期だったので当時景気が良かった酒造業に参入されたのではないでしょうか。

実家は大地主でしたが分家をされた昌策(しょうさく)氏は地主ではないので、酒造りに用いる原料米は今のように購入して酒造りをされていたそうです。

実家の本家は今でも蔵のすぐ近くに存在するそうです。本家は余剰米があったわけですが酒造業には参入されなかったとの事。

英君(えいくん) 英君酒造株式会社|昔の商品
現在の主力銘柄「英君」は創業当初から続く酒名。

英君の酒名の由来ですが、創業した年が日英修好通商条約が結ばれたという事から「英」の文字を取って命名されたのか、あるいは徳川慶喜公は晩年は静岡で過ごされ、地元ではとても人気があった事から「英でた君主」と慕う気持ちから英君と命名された、という2つの説があります。

英君(えいくん) 英君酒造株式会社|商品

蔵はかつては南部杜氏が来て酒造りをされていましたが高齢のため一昨年(2011年)に引退。 その南部杜氏の下で15年間働いてた地元雇用の副杜氏が杜氏に就任し2012年から酒造りをされています。現在49歳です。

仕込み水は、蔵から山へ3キロ離れた場所から湧く「桜野沢」の湧き水を蔵に引き込んで使用。 中軟水で良い意味で個性があるの水で、山の持ち主と交渉し山ごと買い取られたそうです。

右の方は5代目蔵元、望月 裕祐(ゆうすけ)さん。槽場にて撮影。
英君(えいくん) 英君酒造株式会社|蔵元・槽場
酒造りに用いる米は福井・富山産の五百万石を主に使用。それに加えて兵庫の山田錦、岡山の雄町。今年から地元産の誉富士を使用。

大吟醸から普通酒まで全て静岡酵母(2種類)を使用。
毎年10月の中旬から製造を開始。甑倒しは2月下旬ごろ。
総数で約30本のタンクを仕込みますが、ひとつ1つのタンクが小さく一番大きな仕込みで1200キロ。
約4ヶ月半の間に、約600石の酒を造られています。

写真は仕込み部屋。
英君(えいくん) 英君酒造株式会社|仕込み部屋
蔵が目指している酒は、きき酒の為の酒ではなく、料理と一緒に楽しむ酒。

香りが華やかで目立つ酒もあっても良いのですが、この蔵としてはいらない酒。
お酒は料理と一緒に楽しむものなので、料理とお酒を互いに引き立てるような酒。

カプロン酸は3ppm以下。カプロンが酢酸イソアミルを超えて目立たないようにする事。
そのようなお酒だと、きき酒の会の時に「物足りないね」と最初は言われてしまうわけですが、会の終わりぐらいになると「この位がちょうどいいね」と評価してくれる方が多い。
なので自分の中ではこの味の選択は間違いではないと思っている、と話される蔵元。

私自身も英君の酒は試飲会で口にしたことがあるのですが、酸が穏やかですが味にはしっかりとコシが強く、口に含んだ時の香りがとても爽やか。
物足りないという感覚など全く無く、様々なお酒を同時に飲み比べをする試飲会の席でも、充分に存在感がある個性的なお酒だと感じた記憶があります。

静岡吟醸を踏襲されている酒の中では、新たな個性を持つ存在が英君です。
要注目の静岡酒です。

訪問の証の記念撮影。
英君(えいくん) 英君酒造株式会社|記念撮影
写真は仕込み水をろ過する取水塔。
英勲酒造では仕込み水に含まれている鉄分をこの取水塔で除去しているとのこと。
珍しいろ過に驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は英君(えいくん)|英君酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:054-375-2181英君醸造元英君酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2351

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。