2013年02月27日

富士正(ふじまさ)|富士正酒造合資会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 312蔵目

富士正(ふじまさ)|富士正酒造合資会社

静岡県富士宮市根原450−1
蔵元のサイト:http://www.fujimasa-sake.com/


酒名:富士正(ふじまさ)、富士の詩、富士のかさ雲 ■創業:慶応2年(1866年)8代 ■杜氏:南部杜氏 ■仕込み水:弱軟水 ■訪問日:2013/2/27

代表銘柄
富士正 辛口 げんこつ
富士正 あさぎり蔵出し 特別純米酒
富士正 純米酒

天気が良ければ背後には雄大な富士山を望む事が出来る、富士山に最も近い酒蔵が富士正酒造合資会社です。 富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|外観
富士正酒造合資会社は慶応2年(1866年)に創業した現在で8代続く酒蔵。
蔵の歴史はもっと長いのですが、お寺が火災によって戸籍が消失。慶應2年以降の資料しか残っていないことから創業年を慶應2年とされています。

かつては富士宮の下条に蔵があり、その地域の地主だったそうで余剰米から酒造りを始めたというのが酒造業開始の経緯と伝えられています。

かつての蔵の名前は佐野酒造場といい近隣の人々から「出口の酒屋」と親しまれていたそうで、昭和30年に法人化された際に現在の富士正酒造合資会社となります。
そして2011年に現在のあさぎりフードパークに蔵を移転されます。

富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|あさぎりフードパーク
あさぎりフードパークとは、地元の食品メーカー6社が集まって生まれた「食の工房団地」。

「見せる工房」なので全ての施設が見学可能。
富士正酒造もご覧の通り、通路を窓ガラス越しに蔵の中が見学出来ます。 富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|見学通路

写真は釜場。
富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|釜場

室の中もガラス越しに見学可能。
富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|麹室

写真は仕込み部屋。
富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|仕込み部屋

貯蔵タンクが並んでいます。
富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|貯蔵タンク

槽場は見学ルートからは見ることができません。今回特別に拝見させていただきました。
富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|槽場

酒の造り手は3年前に南部からきた若手の新進気鋭、八重樫杜氏
杜氏の高齢化が進むといわれる中、南部杜氏組合にはまだ若い当時も存在するようで、気になる事があれば何でも質問されるというとても勉強熱心な方。将来名杜氏になる片鱗をうかがわせる人物。

蔵は新しく造られただけあって現在の酒造りに適した動線が短くコンパクトにまとめられた一箇所集約型。
蔵は標高800メートルの場所にあり気圧が低い事と朝夕は霧が発生するため湿気が多いこと。こういう条件の蔵は少ないのでデーターがなく、苦労されているとの事です。

水は弱軟水。
酒造りに用いる原料米は兵庫産の山田錦、石川県の五百万石、そして静岡の誉富士。酒造好適米のみを使用。

写真は一番良く売れている酒、富士正 辛口 げんこつ。
富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|辛口げんこつ
1升ビンで1733円という手頃な価格。
冷でも燗でも楽しめて、日本酒度+7を感じさせないのみやすさ。普段の晩酌の酒としてよくれているとの事。

このラベルはあさきりフードパークの直営店でのみ販売されている特別品。
富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|富士正
富士正酒造では昭和46年というとても早い時期から「富士天然醸造」という名で純米酒を発売されていて、特に純米酒、純米吟醸酒にはこだわりがあるとの事。

富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|梅酒
日本酒で梅酒を漬けましょう、というのも40年くらい前から提案されていたそうで「梅酒用の日本酒」という商品を販売されていたそうです。

そのうちお客様から「梅酒漬けるの面倒だから蔵が造って売って下さいよ」という話になり出来た梅酒が「ワタシの梅酒」。

富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|永田されんさん
また新しい世代にも日本酒を広めていくにはビジュアルも大切という事で、蔵元がネットで知り合いになった書家、永田紗戀(されん)にラベルの文字を書いてもらっているとか。
まだ有名になる前に知り合われたそうです。

富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|純米吟醸 富士正

訪問の証の記念撮影。
富士正(ふじまさ) 富士正酒造合資会社|記念撮影
ここでしか売られていないあさぎり蔵出しのお酒を手に取り感心する吾郎。

蔵元の話によると、お刺身など淡白な食材とあうような酒を意識して造られているとか。
また静岡酵母の特性も加わり、香りは穏やかな食中酒を造って行きたいとの事。

蔵は説明の通り一般の方でも見学が可能。
天気が良ければ富士山を目の前に望むことが出来るロケーション。
駐車場も広く観光バスの停車も可能。静岡の酒蔵巡りにはお薦めの酒蔵です。




商品の購入・質問は富士正(ふじまさ)|富士正酒造合資会社へお問い合せ下さい。
TEL:0544-52-0313富士正、富士のかさ雲、富士の詩、千代乃峯醸造元富士正酒造合資会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。 静岡県富士宮市の酒蔵。富士正(ふじまさ) という名の日本酒を造る富士正酒造合資会社の訪問記。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2348

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。