2013年02月26日

出世城(しゅっせじょう)|浜松酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 308蔵目

出世城(しゅっせじょう)|浜松酒造株式会社

静岡県浜松市中区天神町3-57
蔵元のサイト:http://www.tenjingura.com/


酒名:出世城(しゅっせじょう)、銀露(ぎんろ) ■創業:明治4年(1871年)6代 ■杜氏:社員杜氏(南部杜氏県外会員) ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2013/2/26

代表銘柄
出世城 本醸造
出世城 天神蔵仕込み 純米酒
出世城 特別純米酒

古くからはウナギ、最近では餃子で有名な静岡県浜松市。
ここは物作りが盛んな土地で、ホンダが創業した地が浜松市。スズキの本社も浜松にあり楽器に至ってはヤマハ、河合楽器、ローランドの3社が浜松に本社を置いているため、ピアノの国内生産シェアは100%。
新幹線の浜松駅には日本を代表する物作りの会社の看板、ピアノ・バイクなど製品が展示されていて他の駅とは景色が違います。

そんな日本の物づくりの中心地、浜松市には2社酒蔵が存在します。その1社が出世城という名の酒を造る浜松酒造株式会社です。 出世城(しゅっせじょう) 浜松酒造株式会社|外観
浜松酒造株式会社は明治4年(1871年)に中村五郎七氏が創業した現在で6代続く酒蔵です。

五郎七氏の家は代々この地に続く庄屋で、余剰米があった事から明治の酒造免許開放の際に免許を取得して酒造りを開始したのでは、と伝えられています。

創業当初の屋号は山五。銀露、東海一、天滴という名の酒を造っていたそうです。
酒造業としては現在6代ですが家全体では15代続いているとの事。

出世城(しゅっせじょう) 浜松酒造株式会社|天神蔵の入り口
写真は天神蔵。一階は売店、2階にイベントなどが行えるスペースが有り、美術品の展示会、コンサート、寄席などが行われているとの事。

現在の主力銘柄「出世城」が誕生したのは昭和42年。
それ以前は、蔵の主力商品の酒名は「銀露」だったそうです。

昭和30年後半から昭和40年の前半にかけて、1級酒が台頭していた時期。 当時は銀露が主力商品だったそうですが、1級酒は浜松を代表する銘柄にしたいと考えます。

浜松の酒に相応しい良い名前は無いかと考えた結果、かつて徳川家康が浜松に居城置き、その後に出世を続け最終的には天下人になりました。その後も歴代城主の多くが幕府の重役に出世したことから「出世城」とも言われていたそうです。

とても目出度くで縁起も良い言葉である事から酒名「出世城」が誕生します。

出世城(しゅっせじょう) 浜松酒造株式会社|出世城 本醸造

出世城(しゅっせじょう) 浜松酒造株式会社|商品

出世城(しゅっせじょう) 浜松酒造株式会社|銀露
浜松酒造が造る出世城のコンセプトは、料理を邪魔しない飲み飽きしない酒。

静岡には海の幸、山の幸、美味しいものがたくさんあります。
例えば海の幸なら、フグ、ハモ、スズキ、ハゼ、うなぎ、あゆ、変わったのもではスッポン。
それらを邪魔しない酒。

華やかさに欠けるかもしれませんが長く付き合って飲める。
落ち着いて飲める酒。

数量的には出世城 本醸造が一番良く売れているとの事で、私も訪問の前夜に居酒屋でこの酒を飲みましたが、キリッと辛口の日本酒の真ん中を行っている酒質。特に新鮮な海の幸の相性が良い酒だと感じました。

出世城(しゅっせじょう) 浜松酒造株式会社|商品
酒造りですが浜松酒造は静岡県で唯一、女性杜氏による酒造りが行われている蔵です。

かつては岩手県の大迫(おおはさま)から来る南部杜氏が酒造りをされていました。
しかし平成20年からは地元雇用でこの蔵で製造の仕事をされていた増井美和さんという女性杜氏が酒造りをされています。

浜松酒造では日本酒以外にビールの製造もされていて、増井さんは最初はビールの製造スタッフとしてアルバイトに来た大学生だったそうです。

ビールの製造のアルバイトをされていた彼女ですが、やかて学校を卒業する時期を迎えます。
蔵元が就職先は?と尋ねたところ特に決まってなかったという事から、働きが良かった事でそのまま浜松酒造に就職することになります。

当初はビールの製造で入社した増井さんですが、冬季はビールの需要が減ることから蔵元が「日本酒の製造はビールと比べて難しくレベルが高い。勉強になるから日本酒の製造もしてみなさい」と提案。

最初は嫌がっていたそうですが、南部流のベテラン杜氏のもとで酒造りの手伝いを開始。
杜氏は仕事ではとても厳しい方だったそうですが、自分の孫娘くらいの年齢の女性ということもあり、とても丁寧に指導をされたそうです。

その甲斐あって酒造りの道に進んでいくことになります。
そして下働きからスタートし8年が経った時期に杜氏が病気になり引退される事に。
その後は彼女に酒造りをさせたら、という話になりますが「杜氏」という肩書きには重みがあることから最初の何年かは杜氏とは名乗らず酒造りを行います。

そして平成20年に意を決し杜氏と名乗るようになり、静岡県では唯一の女性杜氏が誕生します。
南部杜氏の県外会員との事。

浜松市の街中に建つ蔵ですが、酒造りに用いる米は地下100メートルから汲み上げる天然の地下水を使用。この地は天竜川の伏流水が地下に走っているため、地下水は多い地域だそうです。
ただ都市化によって地下水の水質が変化し平成3年に井戸を掘り直します。

掘って掘って掘り続けた結果95メートルの所で理想の水(軟水)と出会います。
水質の様子を見るため1年間は洗水に使用。水質が安定している事から平成4年からこの水で酒造りをスタート。
現在は600から700石規模の酒を製造されているとの事。

訪問の証の記念撮影。
出世城(しゅっせじょう) 浜松酒造株式会社|記念撮影
出世城 特別純米酒を手に取り感心する吾郎。

浜松酒造は浜松駅からタクシーで千円くらいで行ける距離にあります。(頑張れば歩ける距離)
地域に開放された蔵でコンサートをはじめさまざまなイベントが行われています。また市内の飲食店には出世城が置かれているお店が多いので、浜松に来た際にはお薦めしたいお酒です。




商品の購入・質問は出世城(しゅっせじょう)|浜松酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:053-461-6145出世城醸造元浜松酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2341

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。