2012年11月27日

颯(はやて)、青雲(せいうん)|合資会社後藤酒造場

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 291蔵目

颯(はやて)、青雲(せいうん)|合資会社後藤酒造場

三重県桑名市赤尾1019
蔵元のサイト:http://www.sake-seiun.com/


酒名:颯(はやて)、青雲(せいうん) ■創業:大正6年(1917年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派) ■仕込み水:中軟水 ■訪問日:2012/11/27

代表銘柄
颯 神の穂 純米酒
颯 山廃純米 山田錦
久波奈 特別純米

颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|外観
後藤酒造場は大正6年、後藤宗左衛門氏が創業した現在で4代続く酒蔵です。

現在、蔵が建つ場所から約2キロ離れた土地で農家をされていた左衛門氏は、理由は定かではありませんが「酒蔵をしたい」と強く思ったようで、先祖伝来の土地田畑全てを売却。売りに出されていた現在ある場所の酒蔵を建物ごと購入されます。
同時に三重県いなべ市北勢町の酒蔵が持っていた「青雲」の商標も手に入れ酒造りを開始。

蔵の母屋の一部に、当時買い取った酒蔵の建物が残っていて、伊勢の米騒動の際に付いたと言われる刀傷が柱に残っているそうです。

颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|青雲
創業以前から続く酒名「青雲」は、現在でもレギュラー酒として活躍。
日本酒度はマイナス2という少し濃い目の中甘口の酒。少し山廃酒がブレンドされているために味に太さがある。うなぎの蒲焼によく合うとか。

三重県のレギュラー酒は±0からマイナス2くらいの少し甘いタイプの酒が多いのですが、蔵元の話によると三重県は日本で一番アルコール耐性が弱い県だそうで、一人平均の酒量が全都道府県で最も少ないそうです。(税務署による調査)
そういった地域は少量でも満足出来る少し濃いめの酒質になる傾向が強いのではとの事。

写真は今年5年目となる新ブランド「颯(はやて)」。 颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|商品
颯(はやて)は今から4年前の2008年に誕生した新ブランド。

蔵元が力を入れているのは「神の穂」を用いて造った純米吟醸酒と純米酒。
純米吟醸は香りが美しく口当たり優しく飲みやすい酒。純米酒も優しい飲み口で角がない優しい酒。
両者とも初心者から酒マニアまでお勧めできる完成度が高い酒質。

あと山廃 純米酒も造っておられて、乳酸が綺麗に出ていてる為、みずみずしい果実を連想させるスッキリ爽やかな後口。

蔵元自身が優しく穏やかなタイプの酒が好きだそうで自分が飲みたいと思う酒を造った結果、今のような酒質になってとの事。

写真は釜場です。
颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|釜場
右の大きな釜は1トンまで米が蒸せるそうで、今では普通酒の一部を仕込むときにだけに使用。
それ以外の酒は奥の小さな釜を用い、約300キロの蒸を行なっているそうです。

麹室は3部屋にわかれていました。
颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|麹室

颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|麹室

写真は仕込み部屋。
颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|仕込み部屋

颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|槽場

蔵で颯、青雲、久波奈(くわな)など試飲させていただきましたが、どれも完成度が高く驚きました。
酒質的には大吟醸酒のようなな見やすさがあり吟醸香も程よく存在。
日本酒を飲まれたことがない方、日本酒の美味しさに気がついていない方、そういった方に日本酒の良さに気がついてもらう初心者にわかりやすい味わいと同時に、酒通も納得させる仕上がりの良さ。
これに原酒が加われば即戦力になる酒だと思いました。

最後に訪問の証の記念撮影。
颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|記念撮影
明治初期に発生した伊勢の米騒動のの際に付いたと言われる、柱の刀傷に驚く吾郎。

颯(はやて)、青雲 合資会社後藤酒造場|柱の傷
傷はこの部分だけではなく、他の柱などにも同様の傷が入っています。
現在の蔵元は米騒動以降に、この屋敷を手に入れられた訳ですが、米騒動の一揆によって付いた傷だと伝えられています。
とても珍しいものを見せていただき感心する吾郎でした。




商品の購入・質問は颯(はやて)、青雲(せいうん)|合資会社後藤酒造場へお問い合せ下さい。
TEL:0594-31-3878颯、青雲醸造元合資会社後藤酒造場
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2105

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。