2012年11月27日

天慶(てんけい)、天一(てんいち)|合資会社早川酒造部

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 290蔵目

天慶(てんけい)、天一(てんいち)|合資会社早川酒造部

三重県三重郡川越町高松829
蔵元のサイト:http://www.sam.hi-ho.ne.jp/hayakawakeisuke/


酒名:天慶(てんけい)、天一(てんいち) ■創業:明治6年(1873年)4代 ■杜氏:南部杜氏 ■仕込み水:中軟水 ■訪問日:2012/11/27

代表銘柄
山廃本醸造 天一
純米吟醸 天慶
蔵出し生原酒 天一

天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|外観
合資会社早川酒造部は明治6年(1873年)、早川 半三郎氏が創業した現在4代続く酒蔵です。
半三郎氏は酒造業を行う以前は米穀商をされていたそうで、米を扱っていたため酒造免許の規制が緩和された明治時代に参入したと言われています。

創業当時、蔵は現在の場所から車で約5分の天ヶ須賀の1丁目に建っていました。
酒名「天一」は天ヶ須賀の一丁目に蔵が建っていたとこから「天下一品」の酒を目指すという意を込め命名。
半三郎氏が経営していた酒蔵だった事から、地元の人々は蔵のことを「酒半(さかはん)」と呼んでいたそうです。

その後、大正6年に良い水を求めて今、蔵が建っている朝明川(あさけがわ)の横に酒蔵を移築。
この地域は朝明川(あさけがわ)の伏流水(中軟水)が豊富で、良質の地下水に恵まれていた事から染色業が盛んだったそうです。
かつてこの地に東洋紡の工場があり、この蔵の隣が取水口だったとの事。

蔵は建物ごと今の場所に移築し、この地に運んでこられたそうです。
その後、昭和24年、法人化の際に現在の社名「早川酒造部」となり現在に至ります。

写真の方は4代目蔵元、早川圭介さん。
天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|早川圭介蔵元
早川酒造部では、創業当時から続く「天一」と、吟醸酒以上の酒に命名される「天慶」の2つの銘柄の酒を製造。

出来るだけ地元の米を使用したい、との考えから伊賀産の山田錦をメインに使用。
「コメの味を引き出して旨味のある酒」がコンセプトなので、その特徴を引き出すために兵庫の夢錦、福の花なども使用されているとの事。

ベテランの南部杜氏が3名の蔵人を連れて来て、そこに蔵の社員が加わり毎年11月中旬ごろより酒造りを開始。
2月中旬の甑倒し迄の間、おおよそ半仕舞いと言われる2日に1本つづのペースで酒を仕込んでいき、年間約500〜600石の酒を製造されています。

天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|商品
量的に一番沢山製造されている酒はレギュラー品と呼ばれる「清酒 天一」。しかし最近の傾向としてレギュラー品は減少し、代わりに特定名称酒が伸びているとのこと。

特に山廃仕込は蔵の特徴を表せる製法である事から最近は山廃に力を入れておられ、蔵元がおすすめする酒が「山廃本醸造の原酒」。
米の味がよく溶けた凝縮感のある味わいながら、切れ味がよく杯が進む酒。燗酒にしたら米の甘みが膨らみ冷とは異なる印象に酒になります。

写真は釜場。
天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|釜場

写真は麹室。
天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|麹室
力価の強い麹を造る事で、米を溶かす酵素の量を増加させます。
更に麹歩合を少し増やして、米を溶かし十分に発酵。

そうして「コメの味を引き出す旨味のある酒」が造られます。
その特徴が一番良く出ているのが本醸造の原酒。
メーターはプラスでも米の成分が沢山溶けているので味が濃く甘く感じられます。

写真は酒母室。
天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|酒母室
薄暗い部屋の中、下からランプで暖められている姿は幻想的。

温めて米の糖化を促し、糖分が増えたら今度は冷やして酵母の発酵を進めます。これを繰り返して仕込みの際のスターターとなる酒母が造られます。

酒母の泡を撮影。泡消し機が回っています。
天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|酒母の泡

仕込み部屋を2階から撮影。
天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|仕込み部屋
建物は創業当時から続くもの。この場所に移築する際には、順番に柱に数字を振って分解し、ここまで運んで組み立てなおしたそうです。
大正時代に一般の大工さんでもこのような移築が出来たという訳ですから、日本の木造の建築技術は昔から高かった事が伺えます。

天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|仕込みタンク
仕込みの作業は2階から行います。

写真は槽場。
天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|槽場
12月を過ぎたら今季の最初の搾りが行われます。その準備が行われていました。

最後に訪問の証の記念撮影。
天慶(てんけい)、天一(てんいち)合資会社早川酒造部|記念撮影
天慶の味わいに注目する吾郎。

早川酒造部さんが造られるお酒は、香り系ではなく味乗りの良い食中酒が基本。
天慶はその中でも、吟醸酒を意識し飲みやすく綺麗な酒を意識されたそうですが、それでも吟醸香りは控えめ。
味乗りの良い酒を、上品に仕上げた感じがする食中酒。

印象に残ったのは山廃本醸。加水・原酒の両方を試しましたが、原酒はインパクトがとても強く、試飲会などではとても目立つ存在になるのでは、と感じました。

現在首都圏等、試飲会などには登場されていない酒蔵です。
山廃の原酒を軸に首都圏の試飲会に出品されたら、注目される存在になるだろうと思いました。




商品の購入・質問は天慶(てんけい)、天一(てんいち)|合資会社早川酒造部へお問い合せ下さい。
TEL:059-365-0038天慶 、天一醸造元合資会社早川酒造部
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t2079

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。