2012年10月25日

梅錦(うめにしき)|梅錦山川株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 283蔵目

梅錦(うめにしき)|梅錦山川株式会社

愛媛県四国中央市金田町金川14
蔵元のサイト:http://www.umenishiki.com/


酒名:梅錦(うめにしき)、綺麗心(きれいごころ) ■創業:1872年(明治5年)5代 ■杜氏:但馬杜氏 ■仕込み水:中軟水 ■訪問日:2012/10/25

代表銘柄
梅錦 純米原酒 酒一筋
梅錦 吟醸酒 つうの酒
梅錦 純米吟醸 しずく媛

名前の通り四国の中央に位置する四国中央市。
平成16年に川之江市、伊予三島市、宇摩郡土居町、宇摩郡新宮村が合併して誕生した市です。

合併したことによって大きくなった市ですが、現在存在する酒蔵はたった一社のみ。その酒蔵が愛媛県で最も大きな酒蔵、梅錦山川酒造です。
梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|外観
梅錦山川株式会社は明治5年(1872年)に山川由良太氏が創業した現在で5代続く酒蔵です。

由良太氏は酒造業を開始する以前は、川の水力を利用した水車でなたね油を精油する商売をされていたそうです。
当時は「水車業」という産業が存在し、佐賀にある天山酒造も酒造業の前身は水車業でした。

恐らく水車では、なたね油だけではなく米の精米や、製粉など幅広く利用していたのではないでしょうか?当時、酒造業へは免許が取得しやすかった事と、酒蔵の景気が良かったという背景から酒造業に参入されたのだと思われます。

創業当時の屋号は藤井商店。
蔵に残っているラベル等の資料をみると「伊予の花」「梅の素」「藤の沢」「梅錦」など様々な商標の酒を造っていたようで、当時からミリンも造られていたようです。

日本酒業界の有名社長、山川浩一郎蔵元です。
梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|山川浩一郎蔵元
梅錦というと愛媛で最も大きな酒蔵として有名ですが、かつては1000石位の酒蔵だったそうです。本当の地元ローカル市場が大半で、松山にも出まわっていなかったそうです。

その梅錦が、浩一郎蔵元の代で最盛期には2万3千石を超えるという西日本でも有数の酒蔵に成長される事になります。
その最初のきっかけは、昭和40年に全国新鑑評会で金賞を受賞して以来、12年連続で受賞した事にはじまります。

昭和40年台というとまだまだ普通酒が全盛で特定名称など無い時代ですが、その後の昭和の後期から平成の頭にかけて日本酒ブームが起きます。

12年連続で受賞したことがきっかけで、昭和52年に発刊された「ほんものの日本酒えらび」という本で、梅錦が西の大関として紹介されます。

昭和52年というと、日本酒ブームが起こる夜明け前の時期。

ほんものの日本酒えらびを目にした日本名門酒会が、高知の司牡丹に訪問した際に梅錦にも寄られたそうです。それがきっかけで日本名門酒会と取引開始。東京を始め全国市場へと販路を広げます。

その頃から徐々に日本酒ブームが始まり、雑誌「特選街」では日本初特集が組まれ、そこで1位、2位を独占。その後、特選街では何度も日本酒特集が組まれますが、その度にランク・イン。

それがきっかけで東京市場に一気に火がついて、それが地元にも戻ってきた、というのが大躍進の経緯だそうです。

写真は釜場です。
梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|釜場
私が訪問した時期には今季の酒造りが開始していました。
造りは毎年10月からスタートし、3月の終わりに甑倒し。

兵庫県から但馬杜氏が来て酒造りが行われています。
社員で酒造りを手伝うのは1名のみとの事。
まかないのおばちゃんを除く、蔵人など全て但馬杜氏が引き連れてくるそうで、社員が酒造りを手伝うのは杜氏と蔵のパイプ役の為だそうです。

写真は放冷機。 梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|放冷機
写真では解りにくいのですが横に2機並んでいます。
放冷気が2機並んでいる光景を観るのは初めてです。
思わずここで驚こうかと思いました。

写真は酒母室です。
梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|酒母室
ドアの向こうは釜場に繋がっています。

写真は麹室。
梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|麹室
写真では上手に写っていませんがかなり広いです。普通の蔵にある室の倍ぐらいあります。
こことは別の場所に更に室があります。室の広さにも驚きます。

写真は仕込み部屋。
梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|仕込み部屋
タンクが綺麗に並んでいます。昔ながらの古い建物の中に、どうやってはめ込んだのでしょうか。ぴったり収まっていますね。

写真は槽場。
梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|槽場
ご覧のとおり圧巻です。
ここまで驚く場所に困らない蔵は早々ありません。

ヤブタだけではありません。 梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|槽
昔ながらの槽(ふね)もあります。
写真は撮らなかったのですが、この槽の横には美しい木桶が並んでいて、木桶を用いた酒造りも行なっているとの事。

最後に訪問の証の記念撮影。
梅錦(うめにしき) 梅錦山川株式会社|記念撮影
大量に積まれた、麹蓋に驚く吾郎。

梅錦ではかつては、全ての麹をこの麹蓋で造っていたそうです。
訪問した際に蔵のビデオを見せていただいたのですが、実に大勢の蔵人がせっせと麹の世話をされている光景は圧巻でした。

麹蓋の正確な数はわかりませんが、1万箱くらいあるとの事。
現在は、理由があって使用されていないとの事ですが、あまりにも多さに驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は梅錦(うめにしき)|梅錦山川株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0896-58-1211梅錦、綺麗心醸造元梅錦山川株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1849

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。