2012年10月24日

日本心(やまとごころ)媛一会(ひめいちえ)|武田酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 280蔵目

日本心(やまとごころ)、媛一会(ひめいちえ)|武田酒造株式会社

愛媛県西条市三芳1507
蔵元のサイト:http://www.yamatogokoro.co.jp


酒名:日本心(やまとごころ)、媛一会(ひめいちえ) ■創業:1904年(明治37年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派) ■仕込み水:中軟水 ■訪問日:2012/10/24

代表銘柄
日本心 松山三井 特別純米
媛一会 純米吟醸 山廃仕込
媛一会 旨口 純米

この冬から若き後継者が酒造りを開始。愛媛県の注目の新進気鋭、武田酒造。
日本心(やまとごころ) 、媛一会(ひめいちえ) 武田酒造株式会社|外観
武田酒造株式会社は明治37年(1904年)に武田 近平氏が創業した現在で4代続く酒蔵です。

創業者の武田 近平氏は父の借金を抱えてこの地に移り住んだそうで、夫婦で小さなよろず屋を開業します。
しかし小さな店に夫婦が二人いても、という事になり、近平氏は店を奥様に任せて自分は近隣の酒蔵から酒を仕入れて馬に背負わせて行商に行くようになります。
やがて夫婦の中で、今日は「これだけ売った」と商売を競うようになり、そうなると商売は順調に発展。
そうこうしているうちに資金が出来、近平氏はお酒が好きだった事から「自らが嗜むお酒は自らが造ろうと」思い立ち、親戚・縁者を訪ねて投資をしてもらい集まった資金で、明治37年に角屋(かどや)という屋号で酒蔵を起業します。

創業した明治37年とは日露戦争が始まった年で、日本の強さや文化に誇りを持とうと「大和心(やまとごころ)」という酒名を命名。
大和心は高級酒に付けられた名称で、日常的なお酒には山角正宗(やまかどまさむね)という名前で販売。そして昭和27年に武田酒造株式会社と改め今に至ります。

武田酒造では伊方杜氏組合に所属する、上田 益男杜氏という方が酒造りをされてきました。

昭和2年生まれという上田杜氏は29歳の時にこの蔵の杜氏となり、それ以来54年間ずっとこの蔵で杜氏を続けてこれらました。
伊方杜氏の杜氏組合長を長い期間勤めてきたという実力者でもあります。
現在の蔵元がおしめをしている頃から、この蔵で酒造りをされていたそうです。

昭和2年生まれというと今年で85歳という高齢ですが、海軍にいたそうで姿勢もよく、体も柔らかく、かくしゃとされていたそうです。

しかし高齢である事から昨年の造りで引退。
今年から上田杜氏の元で7年間酒造りの勉強をしてきた蔵の後継者、武田昇三さんが酒造りが行います。

写真が武田酒造の代表商品、日本心(やまとごころ)。
日本心(やまとごころ) 武田酒造株式会社|商品
武田酒造が造る酒は、瀬戸内の白身魚のような淡白な料理に合わせやすい少し甘口の酒。 日本酒度がマイナス1から3で酸を少し高めで後味が切れるタイプ。

原料米は松山三井を中心に、愛媛の酒造好適米しずく媛を使用。
出品酒など特殊な酒に兵庫の山田錦を使っておられるとの事。

水にも恵まれており、仕込み水をはじめ道具を洗う水、全て地下水を使用。

山廃仕込を得意とする蔵で、かれこれ20年近く続けているとの事。
生粋の山廃だとお客様の反応が良くなかった事から、より普段飲んでいる酒に近い抵抗が少ないような山廃に仕上げているそうです。

ローカル市場なのですが、最近では「山廃」のお声をいただくようになり、ご指名買いが増えてきたとの事。また他県から声がかかるようになってきたそうです。

また2010年より「媛一会(ひめいちえ)」という名の新ブランドを誕生。この酒は県外市場向けのこだわりの酒として、1都道府県に1販売店を目指して今後展開していく予定との事です。

日本心、媛一会という日本酒ですが、現時点では首都圏ではまだ少ししか出回っていない銘柄ですが、今年から若い後継者が酒造りを開始。
ラベルデザインもよく今後は次世代蔵元として注目度が増していく銘柄ではないでしょうか。

最後に訪問の証の記念撮影。
日本心(やまとごころ) 武田酒造株式会社|記念撮影
「膳」という文字が逆に書かれていますがこの意味は、現蔵元がまだ幼かった頃に、両親から「膳を向け変えて考えなさい」とよく説教されたそうです。

配膳をする際、相手が食べる事を配慮し、自分の視点から見たらら膳を逆にして相手に差し出します。「膳を向け変えてる」とは、「相手の事を考えて行動しなさい」という意味が込められているとの事。

蔵元はこの意味を言葉ではなく形として後々に継承したいと考え、逆さに飾る事に前提に書家の先生にお願いして書いていただいたそうです。

酒造りにおいても客様のニーズに沿う商品を提供する事が重要で、商売でもおなじ事が言える。まだまだこの文字が意味の領域に遠いと語る蔵元。 その話を聞いて関心する吾郎でした。




商品の購入・質問は日本心(やまとごころ)|武田酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0898-66-5002日本心醸造元武田酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1756

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。