2012年07月19日

森泉(もりいずみ)|森民酒造店

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 271蔵目

森泉(もりいずみ)|森民酒造店

宮城県大崎市岩出山上川原町15


酒名:森泉(もりいずみ)、奥の細道 ■創業:1883年(明治16年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派) ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2012/7/19

代表銘柄
純米 もりいずみ
森泉 特別純米厳守

かつて伊達政宗の居城であった岩出山城。
仙台城築城までの12年間、伊達政宗はこの地に居城を構えますが、その後は政宗の四男にあたる岩出山伊達氏の居城となります。

蔵が位置する大崎平野は仙台平野の北部であり、ササニシキが多く穫れた米どころ。
かつて江戸時代にはここで穫れた米を江戸に運んで販売されていたそうです。その為、この地域には酒蔵が多く大崎市内には現在でも7件の酒蔵が稼働。
岩出町だけでもかつては4件の酒蔵があったそうです。

現在、岩出町に唯一残っている酒蔵が森泉という酒を造る森民酒造店です。 森泉(もりいずみ) 森民酒造店|外観

森泉(もりいずみ) 森民酒造店|玄関
森民酒造店は明治16年に創業した現在で4代続く酒蔵です。

蔵のルーツは今でも仙台にある森民酒造本家という酒蔵からの分家になります。

現在、蔵が建っている場所の隣には有備館という仙台藩の学校があり、岩出山伊達氏の城下の中心地で武家が住む場所だったそうです。

しかし明治維新以降、仙台藩氏の多くは減封によって北海道に移住。この土地に住んでいた士族も北海道に移住したため土地が空きます。

この場所はとてもよい水が出る井戸があり、酒造りにとって邪魔になる鉄分の少なさは県内でも1位を争う少なさだそうです。
武家が出ていった後、良い水が出るという井戸がある土地を買い取り酒造業を開始されたそうです。

また資料によると、この蔵の本家にあたる森民酒造本家は、明治28年の全国酒造番付表によると西の前頭という全国で8位、東北では一番規模が大きかった酒蔵でした。
そんな蔵からの分家だったので資金力も有ったのではないでしょうか。

写真の方は4代目蔵元、森民典さん。
森泉(もりいずみ) 森民酒造店|森民典4代目蔵元
かつて森民酒造店では普通酒を中心に約1000石の酒を造られていたそうです。 しかし今から約20年前に生産規模を縮小。
当時は南部杜氏が来て酒造りをされていましたが、生産規模を落として蔵元自らが酒造りをするようになったそうです。

写真は釜場横にある蔵の井戸。
森泉(もりいずみ) 森民酒造店|井戸
現在は特定名称酒を中心に森泉(もりいずみ)、奥の細道という名称の酒を製造。
原料米は地元の食米「ヒトメボレ」を中心に、蔵の井戸から湧く軟水を使用。

宮城のお酒は全体的に辛口で綺麗なタイプの食中酒が多いと言われていますが、森泉は一般的な宮城の酒とは正反対の濃醇甘口酒。
蔵元が話すには「宮城県の中では異質の存在。近くの蔵とは全然違う酒だと思います。」との事。

何故、濃醇甘口の酒を造るのかというと、蔵元がそういう酒が好きだからだそうで、仕込み水も軟水であることから甘い酒が造りやすいそうです。

森泉(もりいずみ) 森民酒造店|商品
看板商品は純米 森泉という一升3千円という価格の純米ですがこの酒が一番良く売れているとの事。

あと宮城県内で一番初めに古酒を出した蔵元だそうで、20年物の古酒も販売されているそうです。

写真は釜場。
森泉(もりいずみ) 森民酒造店|釜場
蔵の外観同様、昔ながらの建物の中で酒造りをされています。

写真は仕込み部屋。
森泉(もりいずみ) 森民酒造店|仕込み部屋
現在の生産石数は年間で約100石。

この地は近くに温泉があることから観光客が多く、隣の有備館に立ち寄った際に、蔵でお酒を買って買えられる観光客が多いそうです。

20年前に1000石を造っていた頃は、人も雇わなくていけませんし遠くまで販売しに行く必要もありました。

しかし規模を縮小し、人を雇わずに家族でコツコツやってたら、観光客がそこそこ訪れるという立地もあることから経営はやっていけるとの事です。

最後に訪問の証の記念撮影。
森泉(もりいずみ) 森民酒造店|記念撮影
現役で使用されているという木の甑(こしき)に驚く吾郎。

辛口の食中酒が多い宮城県の中で、正に異質の存在といえる蔵元です。
蔵の近所は有備館をはじめ、甲冑や刀等を展示した美術館、伊達家の家臣「白石宗実」の甲冑などがガラス越しで見物できる施設などがあります。
観光などでこの近くを寄られた際には、お土産や旅館で飲むお酒として蔵によってみてはいかがでしょうか。




商品の購入・質問は森泉(もりいずみ)|森民酒造店へお問い合せ下さい。
TEL:0229-72-1010森泉、奥の細道醸造元森民酒造店
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。 。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1714

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。