2012年06月13日

国の寿(くにのことぶき)|目野酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅263蔵目

国の寿(くにのことぶき)|目野酒造株式会社

福岡県柳川市三橋町百町766
蔵元のサイト:http://www.kuninokotobuki.co.jp/


酒名:国の寿(くにのことぶき)、國の壽 ■創業:1890年(明治23年)5代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派) ■仕込み水:弱硬水 ■訪問日:2012/6/13

代表銘柄
国の寿 特別純米酒 山田錦
国の寿 特別本醸造 夢一献
吟仕込み 本格米焼酎 まゆり

福岡県の南部、有明海に面する柳川市。
江戸時代、柳河藩の城下町として栄えたこの街は、昔ながらの古い建物が並ぶ中に「掘割」と呼ばれる水路が縦横に存在する事から水郷の郷として有名。
掘割を使った川下りがともて人気で年間に約120万人もの観光客が訪れます。
その柳川市に残る唯一の酒蔵が、国の寿(くにのことぶき) という酒を造る目野酒造株式会社です。 >国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|外観

国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|外観
目野酒造株式会社は明治23年(1890年)、目野忠吉氏が創業して現在で5代続く酒蔵です。

蔵のルーツですが忠吉氏は酒造業をおこす以前は、ロウソクを造る原料となる「ハゼの実」を扱う商人だったそうです。
遠くは南蛮貿易もされていたそうですがwikipediによると明治以降、西洋ろうそくが輸入されるようになると和ろうそくの需要が減っていったそうです。

同時に明治以降、城島の酒蔵が飛躍的に発展した事から、時代の転換期と考え免許が取りやすかったこの次期に酒造業を始められたのではないでしょうか。

写真には写っていませんが、蔵の正面にはまるでお堀のような水路が流れています。柳川の酒蔵を感じさせるます。

写真は、限定流通品の「国の寿」。
国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|商品
目野酒造では旧字体の「國の寿」という日本酒と、現在の字体の「国の寿」の2種類の日本酒を製造されています。

旧字体の「國の寿」は昔から地元で販売されているレギュラー酒。
それに対し、現在の字体の「国の寿」は、限定流通品。

6代目を継ぐ予定の蔵元の息子さんが杜氏を務め酒造りをされているとの事。

写真は釜場です。
国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|釜場
酒造期は9月頃から焼酎の製造が始まり、日本酒は寒くなる年明け頃から開始し4月頃まで。

柳川は水郷の街として有名ですが、筑後川河口付近の貝殻層から出る伏流水は発酵力が強い弱硬水。鉄分や雑菌も無くい事から醸造用としても最適な上に量も多いとの事。

目野酒造には3本の井戸が掘られ、それぞれが「日本酒の仕込み用の井戸」「ビン詰めライン用」といった地下水の成分によって井戸の水を使い分け、洗い物を含め全ての水に地下水を使用されています。
母屋の生活用水にも使用されているそうです。

写真は麹室。 国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|麹室
壁は柿渋が塗られ、黒光りしています。 床は今季に張り替えたばかりだそうでピカピカ。

普段、造りをしていない5月〜9月の麹室というのは、白いシートが積まれていたり、様々な道具が片付けられていたりと撮影しにくいのですが、この蔵は清潔なだけではなくとても綺麗に整頓もされていました。

写真は仕込み部屋です。
国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|仕込み部屋
蔵が位置する筑後地方は全国でも有数の穀物地帯。酒造好適米も豊富に栽培されています。

その為、酒造りに用いる米は福岡産の米が中心。夢一献や糸島産の山田錦を使用。
酒造りに欠かせない水と米に恵まれた場所で国の寿が醸されます。

国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|槽場

写真は焼酎を製造する蒸留器。
国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|蒸留器
目野酒造は年間120万人も訪れる観光の街に残る酒蔵という事もあり、一般の方の蔵見学も可能。蔵には大型バスが駐車可能な駐車場があり、広い売店が備わっています。

蔵に訪れる様々な方のニーズに備え日本酒の他にも本格焼酎、リキュール、どぶろくを製造。

写真の蒸留器ですが、左側のタンクにモロミを入れて沸騰。
蒸気となったアルコールは上に上ります。

国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|蒸留器
蒸気になったアルコールは、この部分を流れる冷水によって冷やされ液化されます。
少し斜めになっていますが、液化したアルコールは斜面を流れ右側のタンクに溜まって行きます。

写真の部分が焼酎の味を決める重要な部分で、この長さ異なるだけで味が異なってくるそうです。ただし伸び縮みは出来ないので、どう冷やすかが決め手だそうです。

最後に訪問の証の記念撮影。
国の寿(くにのことぶき) 目野酒造株式会社|記念撮影
目野酒造は小さな蔵という事からフットワークの軽さを活かし、お客様が飲みたい酒、お客様のニーズに答えた酒造り続けていきたいとの事。

二人の息子さんが常務、専務として蔵の跡を継ぎ仕事をされおられる事から福岡の新進気鋭のとして注目の存在と言えます。限定流通品の「国の寿」に関心を示す吾郎でした。




商品の購入・質問は国の寿(くにのことぶき)|目野酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0944-72-5254国の寿、國の壽醸造元目野酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1705

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。