2012年06月12日

天山(てんざん)、七田(しちだ)|天山酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 260蔵目

天山(てんざん)、七田(しちだ)|天山酒造株式会社

佐賀県小城市小城町岩蔵1520
蔵元のサイト:http://www.tenzan.co.jp/


酒名:天山(てんざん)、七田(しちた)、飛天山(ひてんざん) ■創業:1875年(明治8年)6代 ■杜氏:社員杜氏(肥前杜氏) ■仕込み水:中硬水 ■訪問日:2012/6/12

代表銘柄
七田 純米 七割五分
七田 純米吟醸 無濾過 生 七田の心
大吟醸 飛天山

佐賀県のほぼ中央に位置する小城市(おぎし)。
市の北部には標高1,046メートルの天山がそびえ、そこを水源とする祇園川には毎年5月下旬から6月の上旬にかけて源氏ボタルが乱舞するという蛍の名所。
天山山脈を背景に、祇園川の真横に位置する酒蔵が天山酒造株式会社です。

七田(しちだ) 天山酒造株式会社|外観
天山酒造株式会社は明治8年(1875年)に七田利三・ツキ夫妻によって創業された現在で6代続く酒蔵です。

明治時代以前、蔵が位置する場所は、天山のゆるやかな斜面から流れる川の水力を利用した水車業が盛んな地域だったそうです。

七田利三氏は、酒造業を行う以前は水車業をされていて、水車をもちいて製粉業、精米業や製麺(そうめん、蕎麦)を行なっていたようです。
地元で事業を譲渡する酒蔵を買い取り、酒造業に参入されたというのが天山酒造のルーツだそうです。

先月(2012年4月24日)お隣の福岡の城島の酒蔵「花の露」に訪問した際に、かつては佐賀の山間に水車があって、米をそこまで運んで精米していた、という話をきかせていただきました。
ひょっとしたら、この辺りの地域の事だったのかもしれません。

http://sanoya.jizake.com/e1689.html

現在は水車業なんて存在しないと思うのですが、かつては、谷があって豊富な水量が流れていた地域には、その水力を利用した水車業というのが全国あちらこちらにあったのでしょう。

かつては小城には4件の酒蔵が存在していたようですが現在は2社が存在。製造しているのは天山酒造の1社のみとです。

七田(しちだ) 天山酒造株式会社|蔵の由来

写真は6代目蔵元、七田 謙介さん。
七田(しちだ) 天山酒造株式会社|七田謙介氏

写真は七田 謙介さんが手がけたこだわりブランド「七田(しちだ)」。
七田(しちだ) 天山酒造株式会社|七田
佐賀県は今でも普通酒の消費が多く、芳醇で甘口の酒が多いと言われています。

そんな佐賀県の酒の中で天山酒造が造る酒は佐賀の中では辛口。
全国レベルで比較するとそんなに辛口ではないんですが、佐賀県の中では辛口に入ります。
地元の方は「天山は辛口」と言われる方が多いとの事。

何種類か試飲させていただきましたが、どの酒もかなり濃醇な味わいです。
私が特に面白いと思った酒は「天山 吟醸 夏吟」。

夏向けのライトなお酒という事でアルコール度数13%に抑えているとの事ですが、全く薄さはありません。むしろ適度に濃い酒。
私はアルコール度数は15度くらいあるのでは?と思いましたが、ラベルに13度と書かれていて驚きました。

写真は蔵の試飲コーナの一部。天山酒造では一般の方の蔵見学も受け付けています。
七田(しちだ) 天山酒造株式会社|蔵の中

仕込み水には天山山系の伏流水を使用。
蔵から少し離れた場所に湧き水があり、地中を配管して蔵まで運んでいるとの事。

水は中硬水、灘の宮水をほとど変わらない硬度だとか。
その為、発酵力が強く昔から発酵が途中で止まってしまうような心配が無かったとの事。
この水の影響で、佐賀の酒として辛口の酒に仕上がっているようです。
蔵で仕込み水をいただきましたが、確かに硬水のミネラルっぽい質感の水でした。

酒造りに用いる米は地元の米を中心に使用。
佐賀県産の山田錦と「さがの華」、レイホウ、日本晴など。

地元の10数件の農家と「天山酒米研究会」という組織を作り契約栽培をされているそうです。
一部、低精白シリーズという酒を造っていて、それには岡山の雄町、兵庫の愛山、山田穂という米が使用されていますが、全体の大半は佐賀産の米との事。

地元の米の味を引き出したい。
その理由から純米に力を入れておられ、現在では純米酒の比率が半分を超えたくらい。

純米酒への取り組みは随分前から行われていて、純粋日本酒協会に加盟し35年以上も前から純米酒を市販されていたそうです。

米の味わいをしっかり感じていただけるような酒。旨味と酸のバランスを大切にしたい。それが地元の料理はもちろん世界中の料理に合う酒になると考えておられるそうです。

最後に訪問の証の記念撮影。
七田(しちだ) 天山酒造株式会社|記念撮影
蔵はご覧の通り伝統的な建物の中で酒造りが行われています。
特に写真の部分は、写真では判りにくいのですがL字型のような変形した部屋になっていて梁の構造が特殊だそうです。
蔵の説明を聞きながら、先人の優れた建築技術に感心している吾郎でした。




商品の購入・質問は天山(てんざん)、七田(しちだ)|天山酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0952-73-3141天山、七田醸造元天山酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1702

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。