2012年04月26日

比翼鶴(ひよくつる)|比翼鶴酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 257蔵目

比翼鶴(ひよくつる)|比翼鶴酒造株式会社

福岡県久留米市城島町内野466-1
酒名:比翼鶴(ひよくつる) ■創業:1895年(明治28年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派) ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2012/4/26

代表銘柄
上撰 比翼鶴
比翼鶴 純米酒 ひと振り酒
特別純米 耶馬寒梅(やまかんばい)

比翼鶴酒造株式会社は明治28年(1895年)に二ノ宮周助氏が創業した4代続く酒蔵です。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|外観
蔵のルーツは士族で、久留米藩で剣道の師範をされていた須藤 重之進氏とその兄弟が酒造業を開始。長男の重之進氏は有薫酒造、次男の周助氏は苗字を二ノ宮と改め二ノ宮銘酒醸造を創業します。

家は柳川城の城主、蒲池氏の流れを汲み、家紋が比翼鶴であった事から、酒名を「比翼鶴」と名付けます。後に社名を現在の比翼鶴酒造株式会社に改めます。

余談ですが柳川城の蒲池一族には「左三巴」と「比翼鶴」2種類の家紋があります。 福岡県柳川市出身の歌手、松田聖子さんの出生名は「蒲池法子」ですが、柳川藩の家老クラスの家柄で神田正輝さんとの結婚の披露宴の際、白無垢には「左三巴」の紋が記されていたそうです。

酒のキャップには家紋をあしらった比翼鶴が描かれています。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|キャップ

写真は創業当初の蔵を描いたもの。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|昔の蔵
蔵は筑後川の支流、山ノ井川沿いに建ち、現在もとても美しい景観を残します。
この絵では、水路の両側に蔵が建ちますが、現在は蔵を分断する水路は埋め立てられていて、一つの土地としてつながっています。

かつては帆掛け舟が蔵の真横に付けて、米や酒樽などを運搬していたのが伺えます。
戦前は福岡の日本酒は灘、伏見に継ぐ3位の生産量を誇っていました。
消費背景として地元が炭鉱業で潤っていたこと。あと満州への輸出など海外需要も相当あったそうで、大陸に近いこともあって福岡で造られた酒は満州に渡っていたそうです。

3本の煙突から黒煙を上げ、とても景気が良さそうですね。

蔵の代表銘柄は比翼鶴。製造は全量特定名称酒だそうです。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|商品
最も売れている酒は写真中央の「比翼鶴 上撰」。
左の比翼鶴 純米酒は平成23年福岡国税局関内鑑評会の純米酒の部で金賞受賞した酒。
福岡国税局では平成15年から「純米酒の部」という、お燗を付けて審査をするといった新たな部門の品評会が行われています。
そして右の酒が蔵の自信作「邪馬寒梅 特別純米」。試飲させて頂きましたが等生タイプの綺麗で上品な酒。要注目です。

写真の方が常務取締役 二ノ宮啓輔さん。今回、蔵をご案内していただきました。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|二ノ宮啓輔さん

写真は精米所。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|精米所
比翼鶴の三種の神器のひとつが「精米機」。(残りの2つは「水の浄水器」と「ボイラー」との事)。

全量自家製米で、使用する米は麹米は「吟の里」で掛米は「夢一献」の2種類のみ。
精米も70%、55%、40%の3種類しか磨かれていません。
パターン増やさずに一定の作業を繰り返したほうが学習能力が付き、クオリティーが高くなる、という考えを持たれています。

仕込み水には地下200メートルから組み上げた地下水を浄水して使用。
硬度が13の軟水だそうです。

写真は釜場です。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|釜場

写真は麹室。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|麹室

麹室の左に写っている装置は「ヴィサー」と言われる麹室の室温調整装置。
福岡の酒蔵には多く見られます。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|麹室の中
1日目に床で麹菌をつけた後、2日目にヴィサーに移動し麹を育てます。
ヴィサー技研という会社が製造していることから「ヴィサー」と呼ばれているそうです。
福岡の酒蔵に多く見られます。

吟醸酒だけは箱や麹蓋を用い、他のお酒はヴィサーを用いるという使い方をされている蔵が多いそうですが比翼鶴では「学習効果」を高めるため、吟醸から普通酒まで全てヴィサーを用いられているとの事。

写真は仕込み部屋。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|仕込み部屋
蔵は写真から解るよう近代化され立派です。

米が11月の中旬頃に入荷、そこから精米が始まるので年内は精米のみ。
お正月、しっかり休んだ後に4月まで酒造りが行われます。

造られる酒は軟水のためか、柔らかくふくよかな味わい。味があるけど綺麗で飲み飽きしない福岡スタンダード的な酒を造られています。

写真は槽場です。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|槽場

写真は焼酎の蒸留器。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|蒸留器
蔵は焼酎も製造されています。
酒造りが4月終わり、ゴールデンウィークにしっか休んだ後、焼酎の製造が始まるそうです。 ただ今年は酒つくりが始まる前の10月頃に焼酎を製造される予定。

訪問の証の記念撮影。
比翼鶴(ひよくつる) 比翼鶴酒造株式会社|記念撮影
比翼鶴はまだ首都圏等ではあまり目にしない酒ですが、クオリティーは高いものがあります。
奇抜な酒を造っている訳ではなく、ベイシックな酒ですが味に強さというか存在感があります。
蔵の自信作、邪馬寒梅 特別純米酒の味に驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は比翼鶴(ひよくつる)|比翼鶴酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0942-62-2171比翼鶴醸造元比翼鶴酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1697

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。