2012年04月24日

旭菊(あさひぎく)|旭菊酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 250蔵目

旭菊(あさひきく)|旭菊酒造株式会社

福岡県久留米市三潴町壱町原403
酒名:旭菊(あさひきく) ■創業:1900年(明治33年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏 ■仕込み水:中軟水 ■訪問日:2012/4/24

代表銘柄
旭菊 純米吟醸・麗
旭菊 大地 純米
綾花 純米

旭菊酒造株式会社は明治33年(1900年)、原田勝次氏が創業した現在4代続く酒蔵です。
旭菊(あさひきく) 旭菊酒造株式会社|外観
勝次氏は酒造業を行う以前はこの地で醤油製造業を営んでいたそうです。

この時代は西南戦争から始まり、日清・日露戦争と続く戦争景気で、城島の酒蔵は大いに繁盛したそうです。それを近くで見ていたら誰だって酒造業への参入を考えたのではないでしょうか?

勝次氏は醤油製造業から酒造業へ参入。
創業当初の酒名は現在と同じ「旭菊」という酒を造り始めます。

勝次氏がおこした酒造業は順調に成長したようで、この蔵から2件の分家が現れます。
しかし第2次世界大戦に入ると状況が変わります。
戦争で米不足となり、主食である米で酒造りを行う酒造業は企業整備例の対象となります。

蔵元の話によると、この地域だと3〜4件に1件くらいの割合で酒造業を止めさせられたとの事。
企業整備例によって、旭菊から分家した2蔵は酒造業を継続できたもの、本家の旭菊は一時期酒造業を中止させられます。これが後々、旭菊の運命を変える事になります。

写真の方は4代目蔵元、原田 憲明さん。
旭菊(あさひきく) 旭菊酒造株式会社|原田 憲明蔵元
真新しい蔵は2011年に新築されたされたもの。

戦後、九州には大牟田、筑豊といった炭鉱地域があり、とても景気が良かったそうです。
そういった産業背景から日本酒の消費が多くその結果、福岡には多くの酒蔵が残ったのはないでしょうか?
戦後は黙っていても売れていた時代がしばらく続いたそうです。

戦後しばらく経って旭菊は酒造業に復活しますが、戦後復活組はその景気に乗れずに苦労されたそうです。 先代蔵元の話によると「売るところが無い」との事。

というのは当時は税務署の指導のもと流通が整備され、問屋流通に入り込むことが簡単では無かったそうです。
問屋さんには戦中から止めずに酒造業を行なっていた蔵の酒が既に幅をきかせています。
消費者も今のように様々なお酒を飲み比べるような飲み方ではなく、1級、2級いった級別でお酒を選んでいた時代。
その為、問屋も多くの銘柄を揃える必要はなく、戦後に復活した蔵は問屋に扱ってもらう事は簡単では無かったそうです。

その結果、蔵は独自に販路を開拓する必要に迫られました。
しかし今考えると、卸屋さんとの関係が薄かった事によって独自の販売ルートを持つ事が出来ました。その結果、現在の独自流通となった時代に早々に対応する事が出来ました。

逆に卸業に依存し、独自販売の事業転換が行えなかった蔵は姿を消して行きます。
戦時中酒造りを続けていたという2件の分家は両方とも蔵を閉じてしまわれたとの事。 塞翁が馬ではありませんが、かつて負であった要素が現在ではプラスに結びつきました。

写真は蔵の主力商品、旭菊(あさひきく)
旭菊(あさひぎく) 旭菊酒造株式会社|商品
旭菊酒造では現在、旭菊(あさひきく)と、綾花(あやか)という2つの銘柄の酒を製造。

旭菊は創業以来続く酒名。「綾花」は福岡県筑後地区大木町にて契約栽培している山田錦だけで醸した酒。
いずれも福岡県の山田錦を主に使用し、仕込み水は軟水の地下水を使用。 酵母は昔からある協会6号,7号,9号を使用し、香りを立たせたタイプではなく穏やかな食中酒を造られています。

写真は釜場です。 旭菊(あさひぎく) 旭菊酒造株式会社|釜場 まだ真新しい蔵は、2010年に火災に遭われ翌年の2011年に新築されたもの。

現在の仕込みに合わせて設計された蔵という事もあって仕事の導線はとても効率的。
古い建物の酒蔵だと、蒸し米から麹室までフロアが異なったり距離が遠かったりと米の運搬が大変なのですが、釜場、室、仕込み、槽が一箇所にコンパクトにまとまっています。

写真は麹室、日東精工の物が使われています。
旭菊(あさひぎく) 旭菊酒造株式会社|麹室
高価なことで知られている日東精工の麹室ですが、火災からに復活という事もあって、協力してもらったそうです。
釜場の直ぐとなりに設置されています。蒸し米を運ぶ距離は数メートルという近さ。

写真は仕込み部屋です。
旭菊(あさひぎく) 旭菊酒造株式会社|仕込み部屋
写真では判りにくいのですが、壁ぎわには足場が組まれています。

タンクに書かれている日付を御覧ください。
旭菊(あさひぎく) 旭菊酒造株式会社|タンク
平成23年2月28日と書かれています。

写真は槽場です。
旭菊(あさひぎく) 旭菊酒造株式会社|槽場
建物から新しく作りなおした蔵なので、槽場も写真のようなプレハブで覆うことも可能。 福岡の冬は暖かいそうなので、これなら安心です。
仕込みタンクもプレハブで覆って空調を効かせれば四季醸造も可能になりますね。

訪問の証の記念撮影。試飲した旭菊に感心する吾郎。
旭菊(あさひぎく) 旭菊酒造株式会社|記念撮影
2010年に蔵が火災に遭われた際に、地元福岡をはじめ全国の旭菊のファンの皆様から続々と励ましのお便りが届いたそうです。

多くの励ましが蔵を再建させる力となり、翌年には写真のような見事な酒蔵を再建されます。
かつて第2時大戦中に、企業整備例で休業を余儀なくされ、戦後の復活の際には大変な苦労されたとの事ですが、その時に構築した独自の流通が蔵の将来を助けました。

火災からの再建には、並ならぬ努力をされた事が想像できますが、出来上がった新しい蔵はまさに現在の酒を造るのには最適の蔵です。
新しい蔵は、きっと旭菊の将来に大きなプラスとなり、次の世代に語り継がれる事でしょう。




商品の購入・質問は旭菊(あさひぎく)|旭菊酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0942-64-2003旭菊醸造元旭菊酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1690

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。