2012年04月24日

若波、蜻蛉(とんぼ)|若波酒造合名会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 246蔵目

若波、蜻蛉(とんぼ)|若波酒造合名会社

福岡県大川市鐘ヶ江752
酒名:蜻蛉(とんぼ)、若波 ■創業:1983年(明治26年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏(三潴杜氏) ■仕込み水:中硬水 ■訪問日:2012/4/24

代表銘柄
純米酒 蜻蛉(とんぼ)
本醸造 蒲公英(たんぽぽ)
麦焼酎 酔太郎(よたろう)

九州地方最大の河川、筑後川。
その下流に位置する大川市には、かつては船のメンテナンスを行う船大工が大勢いました。

その船大工の技術を生かして家具作りが行われるようになり、現在では大川市の一番の産業が家具だそうです。

またこの周辺は「九州の灘」と言われたくらい昔から酒造りが盛んに行われてきた地域で、現在でも多くの酒蔵の姿を見ることが出来ます。その1社が若波という酒を造る若波酒造です。

若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|外観
若波酒造合名会社は大正11年(1922年)に、今村 春三郎氏が本家より分家し、おこした現在4代続く酒蔵です。

春三郎氏は今村本家酒造という酒蔵の家に生まれましたが長男で無かったので蔵を継ぐ事が出来ません。
そこで兄弟3名が大正11年に分家しそれぞれ独立。3件誕生した酒蔵の1社が若波酒造です。

創業したばかりのまだ若い酒蔵という事で、歴史にとらわれずに若い波を生み出そうという意味と、筑後川に輝く波が美しかったことから「若波」を命名。
3つに分家した酒蔵は、それぞれ「若波」「万代鏡」「金の井」という酒を造りますが、現在では若波酒造を残し全て消滅。

今村本家酒造も無くなってしまった事から、若波酒造が本家の跡を継ぐ形となり、蔵の創業は創業は明治26年(1893年)としています。


写真の方は若波酒造の杜氏、今村友香さん。
若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|今村友香杜氏
若波酒造では3代目蔵元の次女、今村友香さんが杜氏を勤め酒造りをされています。
流派は三潴(みずま)杜氏。

酒造りを行うきっかけですが、友香さんは京都の大学を卒業した後、舞台の仕事を目指されていましたが、蔵元のお父様が体調を崩されます。
その為、蔵に戻ってきて製造の仕事に携わったのですが、その時に酒造りの面白さを発見。
それがきっかけとなり、酒造りの道を決められたそうです。

弟さんが専務として経営方面の仕事をされ、友香さんは製造の仕事と、兄弟力を合わせて酒造りをされています。

写真は、限定流通商品の「若波」。
若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|商品
後ろの方は蔵人の庄司さん。宮城県出身の庄司さんは秋田県の酒蔵で蔵人を経て、若波酒造に来られたそうです。

写真の「若」と書かれた商品が、弟の専務さんが蔵に戻ってきて立ち上げたブランド。「わかなみ」と読みます。

地酒を専門の扱うお店のみに出荷している限定流通品で、現在若波酒造の顔として育てられている商品。

福岡の酒は、芳醇で味の乗った少し甘口に例えられる酒が多いと言われています。それに対し若波の酒は、福岡酒の中では綺麗で切れがよくスイスイ飲める酒。

写真は釜場。マックスで1.5トンの米が蒸せる甑(こしき)。 若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|釜場

蔵では味のイメージを「味の押し波、余韻の引き波」という言葉を用いて表現。波のように味がさっと押し寄せてくるけども、すっと引いてくれる。酒を全てにおいて、そういう味を目指して酒造りされているそうです。

また仕込み水が軟水のため、柔らかい酒に仕上がる特徴があるので、杜氏が女性という事もあるので女性的な柔らかさも表現していきたい、との事。

写真は仕込み部屋です。 若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|仕込み部屋
12月に酒母を立てて1月から仕込み開始。
原料米は糸島の山田錦、三潴の夢一献をメインで使用。
この地域は暖かいので、東北の蔵のようにタンクとタンクの間は密集させず、広めに間隔を開けているとの事。

写真は友香さん専用の移動式階段。
若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|杜氏専用階段
酒造りは男の仕事なので道具や設備が男性目線で作られています。

その為、小柄な女性杜氏だと10キロ以上の重さがある麹米を担いではしご登って投入したり、モロミへ櫂入れなど作業は、男性が行う以上に大変な作業との事。
そこで大工さんにお願いし作ってもらった移動式階段が上記の写真です。

友香さんの誕生日にプレゼントされたそうです。
サイズが友香さん用に出来ているので、蔵人は高さが合わず使えないとの事です。

写真は「あまおう」で造るリキュールの作業風景。
若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|いちご
若波酒造の人気商品のひとつが、福岡のブランドいちご「あまおう」で造る、イチゴリキュール。

私が訪問した時は、既に今期の日本酒の製造は終了しており、代わりにイチゴリキュールの製造が行われていました。

写真はイチゴリキュールを絞っている様子です。 若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|いちご酒の搾りの様子
イチゴリキュールは粗濾過をして1年間熟成させたあと本ろ過で絞って透明にさせるとの事。

最後に訪問の証の記念撮影。
若波、蜻蛉(とんぼ) 若波酒造合名会社|記念撮影
まだ誕生したばかりの限定流通「若波」は、首都圏で2件、地元に3件、東北で1件、計6件で展開中。

福岡のお酒は甘いと言われますが、甘いという印象は無く、少し香りがあったせいか都会的で洗練された酒、という印象を持ちました。

現時点では、この酒の存在に気が付き取り扱いをしている専門店は少い状況ですが、福岡県で注目すべき新進気鋭の蔵元の一つと言えます。
有明の魚介類とよく合いそうな芳醇醇口の酒。
純米酒の蜻蛉(とんぼ)を試飲し、感心している吾郎でした。




商品の購入・質問は若波、蜻蛉(とんぼ)|若波酒造合名会社へお問い合せ下さい。
TEL:0944-88-1225蜻蛉、若波醸造元若波酒造合名会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1686

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。