2012年01月21日

天寿(てんじゅ)|天寿酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 239蔵目

天寿(てんじゅ)|天寿酒造株式会社

秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117番地
酒名:天寿(てんじゅ)、鳥海山(ちょうかいざん) ■創業:1874年(明治7年)6代 ■杜氏:山内杜氏 ■仕込み水:軟水(鳥海山の伏流水) ■訪問日:2012/1/21

代表銘柄
純米吟醸 鳥海山
天寿 精撰
天寿 大吟醸 鳥海

秋田県本荘市から鳥海山麓線で40分。終点の矢島町に2件の酒蔵が存在します。
その一つが天寿という名の酒を醸す、天寿酒造株式会社。
天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|外観
かつて讃岐からこの地方に移ってきたと言われる大井家。
文政13年(1830年)に、大井家の本家から分家した大井永吉氏を初代とし、糀(こうじ)や濁酒製造業を開始します。

戦国時代、四国は讃岐の土地を治めていた大名、生駒 高俊氏はお家騒動によって改易され天寿の酒蔵がある出羽国矢島藩1万石に転封させられます。

天寿の蔵元、大井家はかつて讃岐からこの地に移住してきたと伝えられており、生駒 高俊氏に近かった人物だったのかもしれません。

明治7年(1874年)に2代目大井永吉氏が、免許料10円を上納し酒造免許を取得。
蔵はこの年を酒造業の創業年とし、最初の製造量は30石でスタート。

昭和初年、「玉乃井」「稲の花」等の銘柄を「天寿」に統一。
蔵は今季で通算139回目の酒造りとなり、約2000石を生産。
当主は代々永吉を名乗り、現在で六代続いています。

明治の初期にはこの周辺には7件の酒蔵があったそうですが、今では2社だけが残り酒造りを続けています。

写真の方は製造部の一関陽介さん。
天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|一関陽介 今回、蔵をご案内をしてくれました。

天寿が酒造りに用いる米は山田錦を除いて全て秋田県産米。
天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|米 酒造好適米は「美山錦」、「秋田酒こまち」が中心。

秋田県で出来る最上の酒造好適米を目指し、天寿酒米研究会を発足。
生活排水さえ一切入らない山の田圃でアイガモ農法を取り入れるなど、平成2年から完全無農薬米にも挑戦されているとの事。

写真は精米機です。
天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|精米機 秋田は米どころと言われていますが、秋田の酒蔵の中でも自社で精米機を持つ蔵はそう多くないそうです。

写真は蔵人が開発した定量・定間隔 洗米システム。
天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|洗米機正確に計量した米を一定間隔で排出し、泡の力で米を洗う自動洗米機との事。 蔵人が考案し、地元の機械メーカーに依頼して作ったもの。

杜氏が醸造のアイデアを装置化させることが、とても好き方だそうで、この装置は社長賞を受賞されたとのことです。

写真は釜場です。 天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|釜場 写真では連続蒸米機のみが写っていますが、すぐとなりに和釜があります。
出荷全体として地元8割、東京が約15%、輸出3%。
地元市場は「天寿 精選」という普通酒の需要が多く、蒸す米の量によって和釜と連続蒸米機を使い分けされているとの事。

写真は仕込み部屋。
天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|仕込み部屋 ご覧のようにしっかりと足場が組まれていて、開放タンクが使用されています。
壁や天井も白で統一され、清潔感がある仕込み部屋です。

蔵元は東京農業大学出身ということで、同校が力をいれている花酵母の採用にも積極的。
特定名称の3割くらいが花酵母で造られている酒で「なでしこ酵母」が最も人気との事。

写真は槽場です。
天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|槽場 2機の圧搾機が並んで使用されていました。

最後に訪問の証の記念撮影。
天寿(てんじゅ) 天寿酒造株式会社|記念撮影 次々に米を磨く精米機を見て感心する吾郎。

この蔵は自社で精米機を備えている点や、高価な圧搾機が2台もある点など、醸造設備への投資は積極的な蔵である印象を持ちました。
この後、近くの旅館で天寿 純米吟醸 美山錦を飲ませていただいたのですが、酒質の素晴らしさには目を見張るものがありました。
居酒屋等で見かけた際には是非ともお薦めです。




商品の購入・質問は天寿(てんじゅ)|天寿酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0184-55-3165天寿、鳥海山醸造元天寿酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1677

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。