2012年01月19日

あさ開(あさびらき)|株式会社あさ開

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 238蔵目

あさ開(あさびらき)|株式会社あさ開

岩手県盛岡市大慈寺町10番34号
酒名:あさ開(あさびらき) ■創業:1871年(明治4年)5代 ■杜氏:南部杜氏 ■仕込み水:弱軟水 ■訪問日:2012/1/19

代表銘柄
あさ開 極上純米大吟醸 旭扇(きょくせん)
あさ開 純米大辛口 水神
あさ開 純米吟醸 夢灯り

江戸時代、盛岡藩の城下町として栄えた岩手県盛岡市。
盛岡藩の藩主である南部氏は、関ヶ原の戦いにおいて東軍に属したため徳川家康より所領を安堵。
上方から商人達が集まり江戸時代には東北有数の城下町として発展します。

しかし明治維新では新政府軍と対決したため「朝敵藩」とされ盛岡城は明治元年に新政府が接収。
明治3年には盛岡藩は廃藩となり、明治政府によって盛岡県が設置。
明治5年に岩手県と改称され現在に至ります。

盛岡藩が廃藩となった1年後の明治4年(1871年)。
盛岡藩士の一人、村井家七代目・村井 源三氏が士族を捨て創業した酒蔵が「村井本家 あさ開」です。
|外観 写真はあさ開のシンボルといえる昭和旭蔵の外観。

蔵の創業者である村井家七代目源三氏は士族という立場でしたが、盛岡藩は新政府と戦った朝敵藩という扱いを受けます。
その結果、廃藩後に旧盛岡藩士は県の要職に就くことが難しく、多くの士族は方向転換を迫られます。

新政府の下で要職に就くことが困難と考えた旧盛岡藩の士族の間では「ならば実力で評価されよう」と学問が奨励され、逆に明治以降に多くの軍人・政治家を輩出するようになります。(原敬 第19代内閣総理大臣、東條英教 陸軍中将、東條英機の実父 等)

あさ開を創業した村井家のルーツは、滋賀県から来た高島商人で、4代目が盛岡藩の士族となります。
盛岡における高島商人のルーツは、村井 新七氏がおこした「近江屋」で、高島郡より商人となることを志す若者の拠点となり、多くの高島商人が集まったそうです。
苗字が同じところをみると、村井 新七氏と縁が深かった人だったのかもしれません。

時代が大きく動いた明治維新。
士族を捨て、祖先と同じ商人として再出発。
明治という新しい時代の幕開けにかけて「あさ開」の酒名で酒造りを始められたそうです。

写真はあさ開のフラッグシップ「旭扇(きょくせん)」。
あさ開(あさびらき) 株式会社あさ開|旭扇 2011年9月 国連総会のレセプションで野田総理が各国首脳に振る舞った酒が「旭扇(きょくせん) 極上純米大吟醸」。

明治4年に士族から商人としてスタートしたあさ開は、現在では岩手県で一番規模が大きな酒蔵に成長。
蔵は上記の写真の昭和旭蔵に加え、精米所、ビン詰め工場、お酒の直売やレストランを備えた地酒物産館を備えます。岩手の酒蔵のなかで自社で精米機を持つ蔵はあさ開のみとの事です。

写真の方はあさ開で杜氏を勤める藤尾正彦さん。(流派は南部杜氏)
あさ開(あさびらき) 株式会社あさ開|杜氏 昭和59年からあさ開の杜氏に就任。
平成以降、全国新酒鑑評会では20回連続で入賞し、その内16回が金賞受賞。

平成17年に厚生労働大臣賞「現代の名工」に選ばれ、平成20年には黄綬褒を受賞。 南部流の酒造りを極める名杜氏です。 「酒造りは農業。手間暇を惜しんではいけない。常に基本に忠実である事。」がモットー。

写真は釜場です。 あさ開(あさびらき) 株式会社あさ開|釜場 蔵のシンボルとも言える昭和旭蔵は、最新設備と手造り工程の両方を備え持つ蔵です。 写真の釜場はフラッグシップである旭扇(きょくせん)をはじめ、少量手造り工程を行う為の釜。

写真はKOS製麹機
あさ開(あさびらき) 株式会社あさ開|製麹機 こちらは最新設備、麹を作る「KOS製麹機」という製麹機です。

写真は仕込み部屋です。
あさ開(あさびらき) 株式会社あさ開|仕込み部屋 タンク部分は見えませんが、OS清酒仕込装置と呼ばれるコンピューター制御が可能なタンクが用いられています。
高床式になっていて、底が半円状。周囲は2層構造ととなり、外の層は冷水が流れます。

装置を開発した山形県の酒蔵「大山」のOと、製造会社の佐々木貞治商店のSから、OS清酒仕込装置と名付けられています。

写真がOS清酒仕込装置を制御する制御盤です。
あさ開(あさびらき) 株式会社あさ開|KOS制御盤 醪の状況を判断し、制御するのは人の仕事。
実際に櫂入れをしたり、冷水で温度調整をしたりする作業は機械が行います。
造り手の指示通りに正確に仕事を行う。そういう方針での機械化だそうです。

写真は手づくり工程の仕込み部屋。
あさ開(あさびらき) 株式会社あさ開|仕込み部屋 写真に写っている木桶は「桶仕込み保存会」の活動に共感し、復活させた木桶。
少し隙間が見えますが、水を十分に吸わせて気を膨張させると隙間は埋まるとの事。

最後に訪問の証の記念撮影。
あさ開(あさびらき) 株式会社あさ開|記念撮影
昭和63年に作られたという昭和旭蔵は、近代蔵にありがちな工場風の外観ではなく、ご覧のような和風の建物。
当初は土蔵で蔵を作ろうと考えていたそうですが、規模が大きく建築法の関係で断念されたそうです。
美しい建物に驚く吾郎でした。




商品の購入・質問はあさ開(あさびらき)|株式会社あさ開へお問い合せ下さい。
TEL:03-3643-3151あさ開醸造元株式会社あさ開
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1675

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。