2011年11月29日

天穏(てんおん)|板倉酒造有限会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 232蔵目

天穏(てんおん)|板倉酒造有限会社

島根県出雲市塩冶町468
酒名:天穏(てんおん) ■創業:1871年(明治4年)5代(板倉家全体では13代) ■杜氏:出雲杜氏 ■仕込み水:中間 ■訪問日:2011/11/29

代表銘柄
天穏 生もと 無濾過原酒
天穏 純米酒
天穏 上撰

島根県では松江市に次ぎ2番目に人口が多い出雲市。
人口17万人の中に4件の酒蔵が酒造りをしています。
隣の松江市にも3社の酒蔵が稼働しており、東北や新潟と比べるとどうしても酒造りのイメージが薄い県ですが、人口に対する酒蔵の数も多く、出雲杜氏という自県に杜氏集団まで存在する日本酒の産地です。

出雲市駅から車で約7分の場所。明治4年に創業した酒蔵が板倉酒造有限会社です。 天穏(てんおん) 板倉酒造有限会社|外観
日本酒、天穏(てんおん)を造る板倉酒造有限会社は明治4年、板倉家の9代目、板倉 佐次郎氏によって創業した酒蔵です。
板倉家の歴史は長く、家全体としては13代続いており、創業者の佐次郎氏は金融業をされていたそうです。
明治の酒造免許の自由化を機会に酒造業に参入。酒造業では5代となります。

創業当初の屋号は「角屋(かどや)」といい、「塩治正宗」、白連(はくれん)、保万齢(ほまれ)という名前の酒を造っていました。
大正5年、蔵元がお世話になっている近所の寺の住職によって、日蓮宗の経文より「天穏(てんおん)」という酒名が誕生。大正12年以降から天穏ブランドで一本化され現在に至ります。
蔵の主力銘柄として地元をはじめ首都圏など全国に流通しています。

蔵の位置する場所は弓原(ゆんばら)といい、かつて小さなお城があったそうでその後、群役所が置かれた事から明治時代には開けていた場所。
その為、馬の練習が出来るようにと道幅が広く作られたとの事。

となり町の古志町は奈良時代から開けていた町で、蔵の近くには神戸川(かんどがわ)という日本海の大社港へ続く物流に適した川があり、陸には石州街道によって人が流れ、物と人が交わる事で栄えたそうです。
現在は出雲駅前が街の中心的な存在ですが、かつては街の中心のような場所で酒造りを続けてきました。

島根県の新進気鋭杜氏、岡田唯寛さん。
天穏(てんおん) 板倉酒造有限会社|岡田唯寛杜氏
34歳という若さで板倉酒造の杜氏を勤めておられる方が写真の岡田唯寛さん。
杜氏歴は今年で2年目。出雲杜氏組合に所属されているという、次期の出雲杜氏を担う新進気鋭。

杜氏さんが目指している酒は「心が安らぐ酒」。
杜氏さんから見た島根の酒とは、食を意識した酒であり、県外の試飲会に出店した際に島根の蔵は他県より燗酒を出す蔵元が多いそうです。
香りを出している酒というより、燗酒にしても楽しめる食中酒を意識している蔵が比較的多いと思う、との事。

天穏も同様に食中酒であり、肩を張らずに落ち着いて飲める酒。
なるべく新酒ですぐに売る事は避けて、最低でも半年間寝かせてから出荷。
「けど欲を言うと1年くらい寝かせたいですね。」
「心が安らぐ酒」「ホッとするね」と言ってもらえる酒を造りたいとの事です。

写真は麹室と麹の枯らし場。
天穏(てんおん) 板倉酒造有限会社|麹室
天穏(てんおん) 板倉酒造有限会社|麹の枯らし場
天穏では島根県産の佐香錦(さかにしき)、五百万石、改良雄町、山田錦、そして一部の商品のみ兵庫産の山田錦を原料米に使用。

特に島根県には仁多米と呼ばれる全国的にも名高いブランド米があり、寒暖差があって良いコメが出来る地域との事。蔵は仁多米、出雲市の山間部で栽培されている好適米を主に使用されています。

写真は酒母室。
天穏(てんおん) 板倉酒造有限会社|酒母室
天穏(てんおん) 板倉酒造有限会社|酒母
杜氏は今後もっと純米酒や「生もと造り」の酒に力を入れていきたいとの事。
生もと造りにチャレンジしていて今年で2年目。
去年は五百万石と改良雄町の2品種で生もとの酒を造りましたが、今年は佐香錦であるとか、山田錦の50%精米に純米吟醸などでも、生もと造りを試したい。
生もと造りの可能性をもっと探っていきたい。と語られました。

写真は仕込み部屋。
天穏(てんおん) 板倉酒造有限会社|仕込み部屋

最後に訪問の証の記念撮影。
天穏(てんおん) 板倉酒造有限会社|記念撮影
杜氏こだわりの酒、生もとの黒ラベル。
どのような味なのか日本酒ファンには興味があります。
出雲そばや、松葉ガニと一緒に、この酒を飲んでみたいと強くひかれる吾郎でした。




商品の購入・質問は天穏(てんおん)|板倉酒造有限会社へお問い合せ下さい。
TEL:0853-21-0434天穏醸造元板倉酒造有限会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1665

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。