2011年10月03日

光東(こうとう)、利根川育ち|山川酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 215蔵目

光東(こうとう)、利根川育ち|山川酒造株式会社

群馬県邑楽郡千代田町大字赤岩185-3
酒名:光東(こうとう)、利根川育ち ■創業:1850年(嘉永3年)6代 ■杜氏:蔵元杜氏(諸派) ■仕込み水:軟水 ■訪問日:2011/10/3

代表銘柄
光東 山廃本醸造
利根川育ち 純米吟醸
辛口 光東

ペリーが日本に来る3年前の嘉永3年(1850年)。
群馬県の千代田町赤岩に創業した酒蔵、山川酒造
光東 利根川育ち 山川酒造株式会社|外観
山川酒造株式会社は1850年、山川 祢五兵衛(やごべい)氏が創業した現代6代続く酒蔵です。

新潟の柿崎町で網元(漁船を所有する漁業経営者)の家に生まれた一族が、冬季は海が荒れて漁に出られない事から、兄弟揃って北関東に出稼ぎに来ます。

利根川を渡った対岸の熊谷に、当時「口入れ屋」と呼ばれた人材斡旋業が存在。
新潟や滋賀県から出て来た人達がそこを頼って働き口を探していたそうです。
かなり規模が大きく北関東全体から求人情報が集まっていそうで、人々はそこで働き口を見つけ関東周辺に散って行くそうです。

兄弟たちは熊谷の口入れ屋で職場探し、群馬県千代田町赤岩にある酒蔵にて蔵人として働くようになります。
その蔵で何年か働いた時のこと。蔵主から酒造りを止める事を告げられ「あなた達が酒造りをしたいなら蔵を貸してあげますよ」という話になったそうです。

土地・家屋は賃貸ですが兄弟たちは酒蔵経営に参入。屋号は出身地から「柿崎屋」と名乗って酒造りを行います。
やがて長男と次男はお金を蓄え国に帰り、残った3女の美登(みと)さんとその夫が酒造業を引き継ぐことになります。
美登さんの夫が山川 祢五兵衛(やごべい)といい、山川酒造の創業者となります。

光東 利根川育ち 山川酒造株式会社|外観
1代目は順調に酒蔵経営が行われていたようですが、2代目の与兵衛は相撲道楽にはまってしまいます。
米蔵に自分の贔屓の江戸相撲の力士を呼んで余興を行うなどをし、たちまち身上(しんしょう)を潰したそうです。
ちなみにその時の商標は、贔屓力士の名前「今出川」という酒を造っていたそうです。

その蔵を建てなおしたのが3代目。
蔵が大変な状況で継ぐことになった3代目は、金がたまるようと酒名に「カネ太正宗(かねたまさむね)」と命名します。
3代目は商才があったようで、蔵を建てなおしただけではなく賃貸物件であった蔵を買い取るまでに至ります。
更に町内の田畑も買い取り、蔵の敷地を広げる事になります。

そして現在の代表銘柄「光東(こうとう)」が誕生したのは4代目になってから。
現在は「光東」と「利根川育ち」の2銘柄を販売しています。

写真は5代目蔵元山川博さん。
光東 利根川育ち 山川酒造株式会社|山川博蔵元
山川博さんは東京農業大学の醸造科の一期生だそうです。
その為、早い時期から「蔵元自ら酒を造らないと」という意識があり、早くから蔵元杜氏による酒造りを開始されたそうです。
蔵元は山廃仕込を独自にアレンジ「近代山廃」という製造方法を考えたとの事。

現在は息子さんの明彦さんに社長の座をゆずり、会長職に就かれています。

明彦さんは5代目同様に東京農業大学の醸造科を出たあと、お酒関係の会社で修行を経て酒造りに参加。
次世代に受け継がれる酒造りにチャレンジされています。
今後の活躍が楽しみです。

写真は仕込み部屋。
光東 利根川育ち 山川酒造株式会社|仕込み部屋
蔵のこだわりは、独自にアレンジし誕生したという「近代山廃」という手法。
本流の山廃だと、醸造後1年間くらい寝かせないと味の本領が発揮しません。

もっと早く出荷できる山廃が造れないものかと蔵元が考案されたのが近代山廃。
山廃酒母の育成の際、温度を低めにした上で育成期間を少し短くして造るそうです。

この手法だと夏を越した頃から飲み頃を迎える山廃酒が出来上がるとの事。
味わいは通常の山廃と比べておとなしく、山廃と速醸の中間的な存在。
お飲みする機会が御座いましたら是非お試し下さい。

貯水タンクの前で訪問の証の記念撮影。 光東 利根川育ち 山川酒造株式会社|記念撮影
真新しく輝く貯水タンクに感心する吾郎でした。




商品の購入・質問は光東(こうとう)、利根川育ち|山川酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0276-86-2182光東(こうとう)、利根川育ち醸造元山川酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1646

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。