2011年10月01日

白笹つづみ|有限会社金井酒造店

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 211蔵目

白笹つづみ|有限会社金井酒造店

神奈川県秦野市堀山下182-1
酒名:白笹つづみ、笹の露、モーツァルト ■創業:1868年(明治元年)5代 ■杜氏:越後杜氏 ■仕込み水:中硬水 ■訪問日:2011/10/1

代表銘柄
モーツアルト 吟醸
白笹鼓 自然酒
白笹鼓 上撰 純米

かつて煙草で栄えた街、神奈川県秦野市。

その昔、駅の近くに専売公社があり、近隣の農家で採れる葉たばこの収集場所となっていたそうです。
10日に1回のペースで収集する日があり、農家は煙草の葉を持って行くと現金が得られます。

かつては駅周辺には飲み屋や旅館が数多く存在し、現金を得た人々は派手にお酒を飲まれていたとか。
その酒を造っていた酒蔵が、白笹つづみという酒を醸す有限会社金井酒造店です。

白笹つづみ 有限会社金井酒造店|外観
神奈川県秦野市の酒蔵、有限会社金井酒造店は明治元年に佐野リキさんという女性が創業した酒蔵です。

庄屋の家、金井家に生まれたリキさんは、結婚して一旦は家を出ていきますが離婚をして家に戻ってきます。
家でする事が無かったリキさんは、両親から「何か商売でもしなさい」と言われます。

庄屋の家で米が豊富にあり、近くに跡継ぎがなく売りに出されていた酒蔵があったので、酒蔵をしようという話になったのですが、酒蔵を買い取る際の条件として、跡継ぎがいないので「佐野」の苗字を継いで欲しと言われます。
そこで苗字を佐野に改め、蔵の屋号には自分の実家である金井酒造店と名づけます。

創業当時、酒蔵は現在の場所ではなく秦野の駅前付近にあったそうです。

白笹鼓 有限会社金井酒造店|看板
創業当時は「君鳳泉(きみほうせん)」という酒名の酒を造っていたそうですが、庄屋の家のお嬢様が世間体を気にして建てたような酒蔵。造っていた酒は「金魚酒」と呼ばれる品質の酒だったそうです。

しかしそれを改善したのが先代の4代目蔵元。
国税の醸造試験所にいた杉山 晋朔(しんさく)先生との出会いによって品質主義に転換します。

杉山先生は、そう簡単に指導を引き受けてくれる方では無かったそうですが、蔵元の意思を受けた杜氏がリュックサックを背負い何度も東京の王子にある醸造試験所に通い酒造りを勉強します。
その熱意を受け杉山 晋朔先生から指導を受けるようになり、強く濃醇な酒が造れるようになり現在のメインブランド「白笹つづみ」が誕生します。

それによって商売は繁盛。
敷地が足りなくなり周囲の土地を買い上げるなどをし、秦野の駅前に3000坪の蔵を構えるようになります。

先代の蔵元は「蔵の煙突が見える範囲は、全部ウチの酒で埋めよ」と号令をかけ、秦野の日本酒の7割のシェアを金井酒造店の酒が埋めることになります。

写真は5代目蔵元、佐野 英之さん
白笹つづみ 有限会社金井酒造店|佐野 英之蔵元
そして昭和47年頃に、現蔵元の佐野 英之さんが社長に就任します。

その頃から秦野にも都市化の波が押し寄せ、蔵が位置する秦野駅周辺に多くの人が住むようになります。
地下水で酒造りを行うことが困難となり、蔵元は思い切って昭和61年に蔵の移転を決意。
水質が良い場所を探した結果、駅から離れた現在の場所に蔵を移転します。

写真は麹室、スピーカーが見えますね。
白笹つづみ 有限会社金井酒造店|麹室
金井酒造店ではモーツアルトの音楽が流れる室で麹が造られています。

酒蔵移転によって、蔵を解体する際に蔵の中でさよならコンサートを開催されます。
その時に酒蔵の中でモーツアルトを演奏。500人が集まる大盛況でした。

新しい蔵は密封度が高く音が漏れないことと、館内放送の設備があった事から、5代目は蔵の中でモーツアルトの音楽をかけることを思いつきます。
その後「モーツアルトの音波は麹の繊毛の発育に刺激を与えるのでは?」の仮説を立て、麹室にモーツアルトの曲をかけて、麹造りを行うようになります。

写真は釜場、間もなく酒造期が始まるため準備中です。 白笹つづみ 有限会社金井酒造店|釜場
昔ながらの和釜と甑を用いて米を蒸しているとの事。

写真は酒母室です。
白笹つづみ 有限会社金井酒造店|酒母室
神奈川は暖かく、酒造期がはじまる10月現順はまだ温かいため、空調が備わった酒母室を設けている蔵が多いです。

写真は仕込み部屋
白笹つづみ 有限会社金井酒造店|仕込み部屋
昭和61年に新築された酒蔵だけあって、空調が整えられ密閉度も高く四季醸造が行えそうな蔵です。

写真は槽場。
白笹つづみ 有限会社金井酒造店|槽場
槽場も個室が設けられています。
昔ながらの槽(ふね)、薮田産業製の全自動濾過圧搾機が備えられています。

訪問の証の記念撮影。 白笹つづみ 有限会社金井酒造店|記念撮影
「モーツアルト 吟醸」の不思議な味わいに驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は白笹つづみ |有限会社金井酒造店へお問い合せ下さい。
TEL:0463-88-7521白笹つづみ 醸造元有限会社金井酒造店
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1637

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。