2011年10月01日

菊勇(きくゆう) |吉川醸造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 210蔵目

菊勇(きくゆう) |吉川醸造株式会社

神奈川県伊勢原市神戸681
酒名:菊勇(きくゆう) 、相模大山 ■創業:1912年(大正元年)6代 ■杜氏:越後杜氏
■仕込み水:中硬水 ■訪問日:2011/10/1

代表銘柄
菊勇 純米大吟醸
相模大山 純米酒

神奈川県伊勢原市。
この地は江戸城を築城した武将、太田道灌が非業の死を遂げた場所であり、市内の大慈寺(だいじじ)には首塚、洞昌院(とうしょういん)に胴塚が祀られ、丁度筆者が訪問した10月1日は道灌祭りが行われていました。

かつては葉たばこなどを生産する農村地帯で、今でも郊外に出ると田畑が多く見られます。

その伊勢原市に残る唯一の酒蔵、菊勇(きくゆう) という酒を造る吉川(きっかわ)醸造株式会社です。 菊勇(きくゆう)  吉川醸造株式会社|外観
吉川醸造株式会社は大正元年(1912年)、吉川兼吉氏が創業した現在6代続く酒蔵です。

かつて伊勢原や隣の秦野市は、葉たばこの産地であり吉川 兼吉氏の家は、煙草の製造販売を行なっていました。
しかし兼吉氏の代になり、煙草は国の専売になり商売替えを迫られます。

かつてこの周囲には小さな酒蔵が何件もあり、新たな事業をするための投資先の1つとして酒蔵を買い取り酒造業へ参入します。

まだ何をするか定まっておらず、様々な事業への投資をされたそうで、その一つの投資先が酒造業であり、味噌、醤油の醸造も行ったそうです。

現在は日本酒のみ造られていますが、社名が「酒造」ではなく「醸造」である事から、かつてはお酒以外にも味噌や醤油を醸造されていた事が伺えます。

蔵の主力商品は菊勇(きくゆう)
菊勇(きくゆう)  吉川醸造株式会社|商品
創業した当時は「初冠(はつかんむり)」という酒名の酒を造られていたそうですが、3代目の代になり現在の主力商品の菊勇(きくゆう) が誕生します。

写真は6代目蔵元、吉川 勝之さん。
菊勇(きくゆう)  吉川醸造株式会社|蔵元
ある時期、吉川醸造では機械化による酒造りを行って来ました。

しかし国税の醸造試験所にいた杉山 晋朔先生の指導より方向を大きく方向転換。
前蔵元と6代目蔵元の吉川 勝之さんの代になり、伝統的な手造りによる酒造りに回帰する事を決意されます。

写真は麹室。
菊勇(きくゆう)  吉川醸造株式会社|麹室
吉川醸造では製造する酒の全てを麹蓋(こうじぶた)を用いて造った、手作りの麹が用いられます。

写真は造りを待つ釜場。 菊勇(きくゆう)  吉川醸造株式会社|釜場
蒸米には昔ながらの和釜を使用。

酒質のしっかりした酒→お客様が栓を開けた時に最も良い状態である酒を目指し、少量高品質生産が行われています。

訪問の証の記念撮影は麹室で撮影。
菊勇(きくゆう)  吉川醸造株式会社|記念撮影
沢山の麹蓋を前に、全量が麹蓋による製麹と聞いて驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は菊勇(きくゆう) |吉川醸造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:0463-95-3071菊勇(きくゆう) 醸造元吉川醸造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1636

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。