2011年09月28日

長良川|小町酒造株式会社

新進気鋭 酒蔵訪問の旅 203蔵目

長良川|小町酒造株式会社

岐阜県各務原市蘇原伊吹町2丁目15
酒名:長良川、小町 ■創業:1894年(明治27年)4代 ■杜氏:蔵元杜氏
■仕込み水:中軟水 ■訪問日:2011/9/28

代表銘柄
長良川 純米吟醸
大吟醸 天河
長良川 純米生酒

鵜飼で有名な清流・長良川。
かつてこの地域では鵜飼を行う漁師が、冬場の仕事として酒蔵に行き酒造りの仕事をするようになり、岐阜県日野市に日野杜氏と呼ばれる杜氏の流派が生まれます。

杜氏というと、農村の方が冬場の労働として酒造業に従事するうちに、やがて杜氏集団となるケースが大半だと思います。
鵜飼を行う漁師さんが冬場の仕事で酒蔵に入り杜氏化した、というのはこの地ならではの話ではないでしょうか。

しかし日野杜氏と呼ばれる杜氏の流派は、昭和30年代には姿を消します。

そんな日野杜氏と縁が深い酒蔵が、長良川を酒名に持つ小町酒造株式会社です。

長良川 小町酒造株式会社|外観
日本酒、長良川を醸す小町酒造株式会社は、明治27年に創業した現在で4代続く酒蔵です。

この地は大和朝廷時代に支配が及んだ最も東の地として歴史が長く、弘法大師によって創建された延算寺(えんざんじ)というお寺があります。
小野小町が疱瘡(ほうそう)を患った際に、この延算寺の水で顔を洗ったら疱瘡が治ったという伝説が残っています。

明治27年、この地で百姓をしていた金武 吉兵衛氏は、米に余裕があった事とお酒が大好きであった事から酒造免許が下りやすかった明治時代に酒造業に参入。
寝ている際、枕元に小野小町が現れたことから小町という酒名を命名します。

現在の主力銘柄は「長良川」。
長良川 小町酒造株式会社|商品

当時、この地は農村地帯で比較的豊かだったようです。
その時代の酒造業は造石税(ぞうごくぜい)といってお酒を製造した時点で税金を支払わなくてはいけませんでした。
酒が売れてお金に変わってからではなく造った時点で税金を払わなくては行けませんので、借金をして税金を払う蔵が多かったのです。
しかしこの蔵は借入せずに造石税を支払っていた伝えられている事から、吉兵衛氏は裕福な農家の出身だったのでは、と思われます。

良い水に恵まれ戦前から中部6県で毎年2位〜3位になる良い酒を造られていました。
第2時大戦中の企業整備例の際に、県の技師の方が「廃業させるにはもったいない蔵だ」という事から廃業もされず現在に至っています。

写真の方は次期蔵元で杜氏でもある金武直文さんです。南部杜氏の県外会員に所属されています。 長良川 小町酒造株式会社|金武 直文

岐阜は赤味噌文化圏。
その為、長良川のコンセプトは赤味噌を使う食生活に合う酒。

米の旨味を堪能し「美味しい」と感じていただける酒。
モロミの面を見ながら発酵力を最大限に引き出すことを重きを置き、自然終息による完全発酵を目指して酒造りをされているとの事です。

写真は貯蔵庫です。 長良川 小町酒造株式会社|貯蔵庫

また小町酒造は「音楽を聞かせた蔵」として、蔵の中で環境音楽、ヒーリング音楽というジャンルの音楽をかれこれ20年ほど流しています。
これは昭和62年の秋、宮下 富実夫さんが酒蔵に訪れる事から始まります。

宮下富実夫さんはライブのステージで怪我をされ、アメリカで治療をしていた際、インドに音楽療法というのがある事を知ります。
音楽療法に興味を持った富実夫氏はインドに渡り音楽の勉強をされます。
そして同じようなリズムを繰り返すリラックスした気分にさせるヒーリング音楽を作曲されるようになります。

変わった方が来られるということで、蔵元は奈良の天河神社にて開催された宮下 富実夫さんのライブに行ったところ、その爽やか音色に心が洗われるような感動を受けます。

蔵元は「理屈よりも楽しもう」という考えから、この音楽を蔵にかけようと考え、宮下 富実夫さんに蔵に来てもらい「神酒」「神秘」という曲を作曲してもらいます。 その曲をかれこれ20年流し続けているとのこと。

私が滞在中、事務所の中にもヒーリング音楽がかかっていました。
私はこの蔵に訪問して感じたことは、皆様とても穏やかな方である事。
ひょっとしたらこのヒーリング音楽をずって聴かれているからかもしれませんね。

訪問の証の記念撮影は仕込み部屋にて撮影。 長良川 小町酒造株式会社|記念撮影

これこれ20年間、続けているというヒーリング音楽が流れるスピーカーに驚く吾郎でした。




商品の購入・質問は長良川|小町酒造株式会社へお問い合せ下さい。
TEL:058-382-0077長良川醸造元小町酒造株式会社
ここで書かれているデーターは筆者が訪問した時点の情報となります。

この記事へのトラックバックURL

http://sanoya.jizake.com/t1629

蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ 佐野屋 地酒.com
◆佐野屋 地酒.com
蔵元の熱き思いをお届けします。年間発送1万件以上 地酒のセレクトショップ。